2022年05月01日

チューリップ50周年記念ツアー 倉敷

一昨年,財津さんと姫野さんのジョイントコンサートが岡山シンフォニーホールで行われるということで,チケットを購入したのですが,コロナのおかげで再度の延期の末に中止になってしまいました。

それ以来,ぴあからチューリップのコンサートのお知らせが来るのですが,富山とか福岡とか仙台とか・・・年金暮らしのおっさんがそんなもんいけるかいっ!

そんな中,山陽放送のTV番組を見ていると,チューリップのコンサートのお知らせが流れてくるではないですか!

おいっ,富山とか福岡とか仙台とかは,何なんだい?しかも,当日まで1週間切ってるし・・・汗・・・。

TULIP TOUR
何とか席が取れました。会場は,倉敷市民会館です。335の人,安部さんが亡くなってもうすぐ8年。メンバー4人とサポート3人(EG KB DS←後半ツインドラムになりました。)での演奏でした。

TULIP TOUR
16:30開場で17:30公演開始でした。指定席なので焦ることもなかったのですが,パンフぐらいは買っておこうと思ったので物販で売り切れになる前にという考えで開場を待つ列に加わりました。

TULIP TOUR
コンサートの撮影は,不可なので写真はここまで。アンペッグのベースアンプやプレシジョンベース,フェンダーのツイード系のギターアンプや2セットのドラムが確認できました。

演奏されたのは,26曲。前半12曲(そのうち終わりの3曲は,アコースティックコーナー)後半9曲。アンコール3曲更にアンコール2曲。当日,コンサート終了時にセットリストは掲示されませんでしたが,メモを取って4月23日のコンサートのセットリストを参照すると,選曲・曲順ともほぼ一致しました(1曲少なかったみたいだけれど,メモの取りのがしかもしれないし・・・。"明日の風"が飛んだかも。)。

はじめの数曲は,財津さんは苦しかったみたいです。PBの音に押されてか,歌詞が聴き取りにくかったし,MCの声も別人のよう。次第に調子が上がったのとPAの調整があったらしいのとで中盤以降は,違和感は消えました。

あらためて聞くと,ヒット曲が多いですね。歌詞カード無しで歌える曲がいっぱいでした。

アンコール曲は,2222年ピクニック(1982年の曲です。)→銀の指輪→私のアイドル→心の旅→魔法の黄色い靴と,怒濤の展開でした。

<ベースギターは・・・>

宮城さんは,チューリップ再結成を特集したTV番組では,ムスタングベースを使っていましたが・・・。

前半と後半で使用したのは,プレシジョンベース。コンサート全体を通してワイルドな味付けを加えています。"ここはどこ"で暴れるサウンドが炸裂。男は,黙ってPBだな・・・。

アコースティックコーナーでヘフナー。

アンコールでは,おそらく,MOONのGROOVE MASTER(ヘッドがOPBでピックアップがPJ)。メインで使われたPBより野蛮なサウンドは抑えられてモダンな印象。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BASS GUITARS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189515117
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック