2009年12月18日

瀬戸内混声合唱団 創立25周年記念演奏会 いよいよ明後日開演

先輩のUさんのお誘いで瀬戸内混声合唱団 創立25周年記念演奏会に出演します。

演奏曲目
第1ステージ 高田三郎作曲「石川啄木短歌集」
第2ステージ アラカルト「25年の歩み」
第3ステージ ドヴォルザーク作曲「ミサ曲ニ長調」

招聘指揮者:樋本英一
指揮者:矢内淑子
オルガン:大下諭史
ピアノ:林由紀/小川喜代美     

会場 倉敷市児島文化センター
日程 2009年12月20日(日)
開場時刻 13:30
開演時刻 14:00
主催者  瀬戸内混声合唱団
入場料  800円
駐車場  近隣に市営駐車場あり

HDSEDが混ぜてもらうのは第3ステージのドヴォルザーク作曲「ミサ曲ニ長調」です。ミサ曲はたいがい歌詞が同じなので今までの経験をいかすことができるのでラッキーでした。

招聘指揮者の樋本英一先生は,東京芸大の先生で全日本合唱コンクールの全国大会の審査員もつとめているとか・・・。この世界にあまり人脈のない五六式にはあまり実感が掴めないのですが,まぁ、えらい先生なのでしょう。

練習の際には,歌詞の表現についてその意味,発音の原則的なものの両面から丁寧に詳しく教えていただきました。このごろの合唱の指導が歌詞重視になっていること(いかにもクラシック然とした発声でなく,日本語としての意味が聞き取れるような発声で歌唱する)にはうすうす気づいていましたが,なるほど,そういうことだったのね。

正直,このところ,のどのコンディションが良いとは言えないのですが,なんとか調整して本番に臨みます。近隣の方,よろしければ,是非,お立ち寄りください。
posted by 五六式 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | info
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34273158
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック