2011年06月08日

トヨタ パブリカ(初代) 1961〜1969 QC-012

母親をお寺さんに送って行ったときに目撃しました。後日,30号線で赤色の個体にも遭遇。

qc
初代のパブリカは,一番若い子でも40歳以上になります。岡山のみなさんは,もの持ちがいいと言うか・・・。

<実車について>

qc
1950年代の国民車構想の影響を受けて開発されたトヨタ初の大衆車(←ヤな言い方)で車名はPUBLIC CARから。同社の生産、販売する最小の車種でスターレット、ヴィッツのご先祖様にあたる。お世辞にもスマートとは言えないスタイリングだが,時代はひと回りして今の目で見るとなかなかのもの。

写真の個体はマイナーチェンジ後のもの。生産コストの見直しで装備を充実しながらも値下げを実現。最も廉価なタイプの定価を1000ドル(当時は1ドル360円くらい)以下に押さえていた。

五六式にとっては TVのCMでしつこく,しつこく,♪せんどるかー♪パッブッリッカ!と聞かされ続けたヤな車であった。

<ブラモ>

1/32スケールのキットがマイクロエース(金型は,LS)からリリースされています。
posted by 五六式 at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45793819
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック