2011年08月16日

長崎県に家族旅行

14日から3日間の予定でハウステンボスと長崎市内観光をメインに家族旅行に行ってきました。

今回は,あまり予備知識がなかったので出たとこ勝負という感じであまり予定を立てずに出かけましたが,お世話になったJTBのI橋さんのアドバイスで15日に行われる精霊流しも見ることにしました。

まずは,JR宇野線で岡山まで出て,そこから一気に新幹線で博多まで行きます。

次にハウステンボス行きの特急に乗り換え,5時間かけて目的地に到着しました。

nag
駅を降りると,巨大な洋風建築がお出迎え

駅からハウステンボスの入り口までは結構距離があります。入り口手前の受付で手荷物をホテルまで運んでもらって,いざ!!と思っていたら激しい雨・・・。晴れの国の住人であるHDSED(だけ)は,傘を持ってきていなかったので大変な目に遭うことに・・・。

nag
"ワンピース"に出て来る海賊船。実物大だと痛い・・・

お泊まりは,園内のホテル・アムステルダム。時間に余裕があるので,一日目は,なるべくたくさんあちこち見て,二日目に"エッシャー展"と大人気(と言われている・・・単行本多いんだもん。ついていけん・・・)"ワンピース"のショーやイベントを見てから長崎市に向かうことにしました。

二日目も,一日目程でないにしろ,雨が降っていました。♪ああああ〜なっがっさっきぃはぁ〜,きょおもぉっ,あっめへぇっ   だぁったぁ〜♪ですね。

"エッシャー展"は充実した内容。ただの不思議な絵を描く人ではありませんでした。しかも,彼のお父さんは,明治時代に来日して技術指導をした人でエッシャー自身も日本文化の影響も受けているのではないのかと・・・ということで,思わず図録も買ってしまいました。

お昼ご飯は,娘のリクエストで"ワンピース"にちなんだメニューが楽しいレストランへ。たしかに楽しい・・・のかもしれない・・・

五六式は,ルフィーのカレー

奥さんは,サンジのシーフードパスタ

娘は,チョッパーのホワイトカレー

をいただきました。たしかに楽しい・・・のかもしれない・・・

nag 坂の街に洋館が並ぶ・・・

二日目のお昼過ぎに,快速列車で長崎に向かい,みんなばてていたので市内観光は,明日にまわし,ぐだぐだおみやげ屋さんで買い物をしたり精霊流しを見学したりしました。

路面電車の通る道を花火や爆竹の音とともに荷台に乗ってやって来る船(?)、大きさも形も様々です。舳先には三角錐のそこを斜めに切り落としたようなものがついていて,その切り口には色紙が貼ってあり,何やら書き込んであります。

実は,宿泊しているホテルの窓からも精霊流しの様子が眺められます。爆竹や花火が大量に使われるので11Fの部屋にも火薬の匂いが漂って来るほどでした。

船の向かう先は,卸売り市場の跡で,そこにはコンテナー車とクレーン車が待機しています。うちの奥さんは,「クレーンやドーザーでぐしゃっとね!!」とか言っていました(うちの奥さんはブラック天然と言われています)が,そういえば,船を運んできた人は手ぶらで帰っていきます。

船は,昔のように海に流したりせず「ぐしゃっとね!!」されて,コンテナーに放り込まれていきます。そして,一夜明けると,そこには何も残っていませんでした。・・・何か,すごいよ。長崎市民・・・

nag
昔の賢人と張り合って並んでみました。

三日目は,オランダ坂から出発です。点在する西洋館を見学した後,孔子廟へ。娘たちは,「こんなところ,知ら〜ん」「何でこんなところに行くの〜」とか言っていましたが,中に入ると建物や展示物の見事さ(古代に使われた金印などの展示がすごい)に不満はかき消えてしまい,熱心に見学したりおみやげを選んだりしていました。

孔子廟からは,エレベーターを乗り継いでグラバー園に辿り着きます。洋館と長崎の街の景観を楽しみつつ,やっぱり連れの二人はおみやげ屋さんに突入。特急列車の時間があるので余裕はないのだよ・・・?

nag
何かいろいろ書いていますが,おトイレです。

博多に着くと,実質的にもう帰ったも同然。新幹線が始発なのでよほどのことがない限り自由席に座ることができます。

しかし,博多でも駅ビルで奥さんと娘は,駅ビルでシュタイフのぬいぐるみを発見,チェックするのでありました・・・涙・・・。

nag
そこにはなんと・・・

岡山に帰って,朗報がありました。なんと!!ジュレ◯ックスが復活!!・・・←これは,オチか?・・・
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47503190
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック