2011年09月25日

BANDAI 1/43 CALSONIC IMPUL Z☆FCR-002

昨日のSC430と平行して組み立てていった一品です。

GTカーはSC430とZで全6種出ていたのですが,予算の問題もあったので各車種,1台ずつにしました。で,SC430が赤かったのでZの方は,青い車を選びました。塗装済みキットだし,組み立てるだけなら一晩で何台も仕上がるのですが,ちょっと丁寧に仕上げようとすると癪に障るところもいろいろあって・・・全部買わないでよかった・・・。

<実車ついて>

bz

先代フェアレディZ(Z33)のレース仕様車で2003年から2007年までSUPER GTカーレースに参戦していた。

今回完成させたのは,2007年のスーパーGTカーレースでGT500クラスに参戦したもののうち,カルソニック・インパルチームの車のキット。(2007年に参戦したZ33のうち,本キットの他にニスモ・チームとアーテック・チームの車がキット化されている。)

<キットについて>

・キットの美点と弱点は,先日のSC430と同様です。同時期に開発されたためか,キットのクセはよく似ています。よく言えば,組み立てキットとしてよく煮詰められているということ,悪く言えば,Zで進化しなかったということにもなりますが・・・

・2車種を同時に作っていて感心したのは,フロアとコンソール,ハンドルとコンソールのなどの接続のダボが同じ形状でないこと。部品が混ざっても間違って取り付けることがありませんでした。

・最後の最後にドアミラーがステーのところでぽろっと逝ってしまいました。泣きそうになりましたが,HDSEDは,負けない。ミラー本体に穴をあけて名前ペンで周辺をリタッチし,再接着しました。これで触らなければ大丈夫。次にぽろっと逝ったら,もう,部品請求も効かんだろうし,瞬間接着剤かなぁ・・・。
posted by 五六式 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48149150
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック