2011年09月29日

ホンダ シティ カブリオレ 1984〜1986 QC-017


QC
祝 タミヤ1/24キット再販!!

というわけでもないですが,現役のホンダ シティ カブリオレがいました。

<実車ついて>

QC
ホンダ シティは,1981年11月11日に発売開始。当時のカーデザインの常識としては,ロングノーズで全高の低いファストバックのクーペがかっこいいとされていたが,シティは,その逆をつく「トールボーイ」と呼ばれる背の高いデザインを採用,ムカデダンスのCMも受けて人気車種となった。この「トールボーイ」スタイルは,小型車でも居住空間を広くすることができるので,その後の軽自動車やコンパクトカーのデザインの1つの流れを形作ることとなった。ワゴンRもムープもキュープもbBも(おっと,こいつは,不夜城のパ◯リ)シティのヒット無くしてはあり得なかったのである。

さらに,ホンダは,ハイルーフ仕様,低燃費仕様,商用バン,ターボ搭載モデル,インタークーラー付きターボ搭載モデル(ブルドッグ)と豊富なバリエーションを展開していった。写真のモデルは,ピニンファリーナがスタイリングを手がけたオープン仕様のカブリオレ。実用的なオープントップモデルで車体色も12種類用意されていたため,このジャンルの車としては,トップクラスの販売台数を記録している。

五六式は,当時,試乗会でシティ・ターボに試乗させてもらったことがあります。1200ccエンジン搭載車でありながらターボのおかげでタイムラグはあるのだけれどすごい加速!!でも,FF車だし,今みたいにABSもついていないので曲がらん!!止まらん!!ま,腕も大したことがないということもありますがね。それは,ターボエンジン搭載車がぽつぽつ出始めたころのことで,坂をぐんぐん上るパワーが印象的でした。

<プラモ>

タミヤから1/24スケールでカブリオレとブルドッグが再販されています。
posted by 五六式 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48244966
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック