2011年10月03日

冷戦が終わってよかったよ・・・東欧の飛行機キットたち

10月1日から2日まで東京でお勉強会があったので某クスによって良さげなキットをキットを探しました。

で,見つけたのが写真のキットたちです。

E/R

ウクライナのローデンの1/48 OV-1B MOHAWK

チェコのエデュアルドの1/48 WESTLAND LYSANDERと1/72 L-39 ALBATROSです。

ローデンの方は,第一次大戦機のキットが多いのですが,ヴェトナム戦争当時の地味なアメリカ陸軍機を1/48スケールで地道にキット化してくれています。・・・って,かつての敵側の機体でしょうが!!

エデュアルドの方は,エッチングで他社のディテール・アップ・パーツを多数リリースしているだけに下の写真のように,レジンパーツ,エッチングパーツ,マスキングシート,フィルムと部品だけならこのキット1つで完結してしまうという逸品。

EDU
これは,ライサンダーのもの,アルバトロスにもディテールアップパーツが付属する

エッチングパーツの細かいこと・・・これ,きっと部品を余してしまうよ・・・

これらのキットを見るにつけ,冷戦が終結して本当によかったです。

国際関係がこじれてお互いに核兵器を搭載した戦闘機が国境を越えて,結局刺し違え・・・なんてことを想像しなくてすむようになったのですから。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NEW KITS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48389003
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック