2012年04月28日

ロジャー・ダルトリー 大阪公演

ロジャー・ダルトリーが来日し,名盤"TOMMY"の完全再現するというので近場で休日に開催される大阪(ホントは,兵庫県尼崎市)公演に行ってきました。

折角だから,途中で長田駅に寄って鉄人も観てきました。

rog 何だかむちゃくちゃにでかいです。


会場のアルカイック・ホールは,2000人足らずで満員になるところでしたが,おかげでロジャーやバンドのメンバーの顔がよく見られました。

rog 会場の周りには,メタセコイアがたくさん。

The Whoのオリジナルメンバー4人のうち,2人,ドラムのキース・ムーンとベースのジョン・エントウィッスルは,既に他界していて,ギターのピート・タウンゼントは,難聴に苦しんでいるという状況での来日です。ピートの代わりには,彼の実弟サイモン・タウンゼント(声も外見もおにーさんにそっくり)が入っていました。

コンサートは,1曲目からラストまで2時間あまりみんな総立ち,みなさん,よく曲を知っていらっしゃる。そして,ロジャーの真摯さにも感動しました。

音楽をする人ってだんだん我が儘になってヤなヤツになったりする(ヘタなヤツとはやりたくないとか,上手いヤツに嫉妬するとか,ショぼい会場ではやりたくないとか)ものですが,ロジャーには,そんなものを乗り越えた本当に尊敬できる音楽家の姿というものが見て取れました。

何だか,このコンサートで心が洗われたようです。毒気が抜けて自分が自分でないみたいです。

詳しくは,探してくださいね。
posted by 五六式 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55615020
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック