2012年09月02日

ご当地サイダー FD-13・び

金沢に旅行に行って買って来た5種類のご当地サイダーを味わってみました。

5種類いずれも¥210でした。ちょっと高めでしたが,瓶を持って帰るからね・・・。

kanazawa 

以下,左から順にレポートしてみます。データは,メーカー名とメーカーのコメントです。

<富山ブラックサイダー・富山・石川県尼御前SAで購入>
◯株式会社 トンボ飲料 ※クリスマスのシャンメリーの販売シェアは日本一(世界一)
・・・黒くて,からいサイダー。でも,"やみつき"になる味。(たぶん)
 富山県のご当地ラーメン「富山ブラック」をイメージして作ったサイダーです。
 ラーメンがサイダーに!?いったいどんな味…?

・黒いのは,カラメルを入れているから。
・こしょうと唐辛子が入っていますが,びっくりするほど辛くはありません。
・飲み始めにこしょうの味を感じ,後味に唐辛子が残る感じです。
・これは,ネタのために飲むものなのでしょうか?
・メーカーは,自社のサイトで"おいしい飲み方を提案しています。"


<抹茶イダー・大阪・石川県尼御前SAで購入>
◯寿屋清涼食品株式会社
・・・抹茶の粉末とてん茶エキスを加えたカロリーゼロの和風タイプの新しい味のサイダー。

・飲んでもにおいを嗅いでもはっきりと抹茶の存在を感じることができます。
・コーヒー・お茶系と炭酸は相性が悪いのでしょう。一気に一本飲み切るのは難しいと思います。
・このメーカーは,下記の柚子サイダー以外に塩サイダーとかキウイサイダーとかを商品化しています。


<柚子サイダー・大阪・石川県尼御前SAで購入>
◯寿屋清涼食品株式会社
・・・柚子のほのかな香りがするさっぱりした味のサイダーです。
 100ml当り19Kcalのカロリーオフ商品ですのでカロリーを気にされる方にもどうぞ。

・柚子の香りは,本当に"ほのか"でした。
・栓を開けると周りに芳香が・・・というわけではありません。
・それゆえ,柚子のありがたみもほどほど。


<スワンサイダー・佐賀・福井県五湖の駅(だったと思います)で購入>
◯株式会社 友桝飲料 ※"こどもびいる"を製造している会社の製品です。
・・・創業以来一貫してこだわってきた上質砂糖のみを使用し、弊社オリジナルの香料、
 そしてなにより今ではほとんどなくなってしまった瓶入り王冠で強めの炭酸を実現し
 “昭和の味”を徹底して再現しました。

・三ツ矢サイダーより炭酸が強めだと感じました。
・下の温泉レモネードよりドライな感じなので,現代人にはこちらの方が受けるかもしれません。


<温泉(うんぜん)レモネード・長崎・福井県五湖の駅(だったと思います)で購入>
◯雲仙旅館ホテル協同組合
・・・豊富に湧き出る雲仙・島原の天然水を使って、レモン果汁と砂糖を入れ、
 さっぱりとした甘さの明治・大正時代に飲まれていた『昔風味のレモネード』に仕上げました。
 こだわりは中身だけではありません。
 ラベルや瓶にもこだわり、商品名は昔通りの右側から読ませる文字でプリント。
 明治・大正時代を彷彿とさせるデザインにしました。
 また、今ではすっかり見かけなくなった『王冠』を使った栓を採用。

・"レモネード"と名付けられていますが,レモンの酸味はあまり感じられません。
・甘みは,綿菓子のようなお砂糖そのものの甘みです。

石川県と福井県で買ったのに地元のサイダーは皆無でした・・・無念!!・・・。
posted by 五六式 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | FOODS&DRINKS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57957067
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック