2012年10月21日

とりの助で"究極の鶏白湯ラーメン"を食べる

奥さんとお義母さんの買い物につきあって倉敷に行った際,道中で見かけた"究極の鶏白湯ラーメン"という看板に魅かれて"とりの助"というお店で昼食をとることにしました。念のため,駐車場を見ると,9割がた埋まっていたのでひどいはずれはなかろうと安心して入店しました。後から調べると,"とりの助"は,広島県を中心に展開し,近県では,香川県の丸亀市と兵庫県の姫路市にも出店しているチェーン店のようです。

tori001.jpg

全員がメニューに"一番人気"と書いている"黒そば"(焦がしニンニク油入り)を注文しようとしましたが,店員さんが「"黒そば"は,こってりしすぎているのでお年寄りは普通の醤油ラーメンがいいですよ」とすすめてくれました。これは、これで良心的なのでしょうね。結局,五六式と奥さんは,"黒そば"を,お義母さんは,醤油ラーメンを食べることになりました。

tori001.jpg

各自のオプションは,次の通り,

五六式→代え玉(普通の固さ/麺の固さは,固い・普通・柔らかいから選択します)

奥さん → 味付きゆで卵

お義母さん → 味付きゆで卵

お値段は,合計で¥2200あまりでした。

看板にある通り濃厚スープのラーメンですが,お味は,辛さは控えめで,割と素直です。このスープの濃厚さは,油から来るものでなく,出汁をとったときのコラーゲンから来るものだというので"割と素直"に感じたのは,そのせいかも知れません。もちろん,おいしくいただきましたが,"究極"とまで看板に書くのは大げさかなと思います。(まぁ,鉄鍋のジャンが作る料理の,器まで嘗めても物足りないみたいなすごい味を連想するのはいかんじゃろーなー)

店内のカウンターに4種類の漬け物が置いてあり,自由にとれるようになっています。ラーメンを食べながら,適当に御漬け物をつまむと,口の中がリフレッシュされて食が進みます。

また,ご飯ものを注文した人は,1杯分無料でお代わりができるそうです。男の人が1人でがっつり食べるにはよいお店かもしれません。

次回は,(餃子の券を貰ったよ)お母さんと娘も連れて行ってつけ麺に挑戦してみましょう。
posted by 五六式 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59405047
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック