2012年11月25日

未完成チーム展示会

今年も恒例の岡山未完成チーム模型展示会に行ってきました。3連休の最終日,ちょっと休みぼけしていて危うく行き損ねるところでした。それにしても,前回から,はや,1年あまりたってしまいました。家ではめぼしいものが完成していないというのにはや,1年・・・涙・・・。そして,蓄積して行くプラモの箱・・・涙・・・。

mik 
艦橋の代わりにお城が乗っかっています。

毎年,こういうお茶目な作品が展示されるのを見るのも岡山未完成チームさんの模型展示会の楽しみの1つです。それにしても,よく寸法が合ったものですね。

mik mik

今年は,マクロス30周年ですと。アリイとWAVE,新旧1/100スケールのデストロイド・トマホークです。本放送当時,両腕が大砲という思い切ったデザインに清々しさを感じたものです。新キットの方が部品は多いけれど,塗装はし易いようです。もちろん,プロポーションも新しい方が現代的ですね。

mik 
ハセガワ1/72 VF-1ヴァルキリー

マクロス30周年ということでVF-1ヴァルキリーがたくさん展示されていました。ひときわ目を引くこの作品は,実機の無塗装状態を表現しています。ちょっと赤っぽい金属色を入れて上品な感じになっています。

mik 
1/144 R-X121GUNDAM HAZEL改。

これも,塗装がきれいですね。ヘイズルは,仕様がいろいろあるので「わけわからん」けれど,かっこいいので許す・・・。

mik 
1/144 RX-78GP03デンドロビウム

家の倉庫にもキットが眠っています。問屋さんの在庫整理のときに半額で入手しました。でかいのでスプレーで塗装するとキット代くらい塗装にお金がかかりそうです。完成品は,初めて見ました。後,ミーティアも展示していました。

mik 
1/76 M11

今年度のテーマは,"RESCUE"ということでした。赤十字マークが入っています。小さいキットが好きなので,個人的にこれは,すごく魅力的でした。

mik 
Heller 1/72 CANADAIR CL-215

同じく,"RESCUE"ということでカナダ製の消防用飛行艇です。レシプロエンジンが二基搭載されていますが,後に,エンジンをターボプロップエンジンに換装したCL-215Tが開発されました。キットがあるのは知っていましたが,実物は初めて見ました。それにしても,日本の模型メーカーは,博物館的な発想で飛行機キットを出してくれませんね〜。ホビーショップUのX-1(現タミヤ)とかF-5U(現ハセガワ)とか,ハセガワのミュージアムモデルとか,少しはあるのですが・・・。

mik 
タミヤ1/100 CH-54 スカイクレーン

昔,再販がかかったのですが,買い損ねました。ときどきホビーショーで出ているらしいですが・・・。なのに,ここには,完成品が2個も・・・涙・・・。民間用の塗装バリエーションも楽しめるので,もし,再販がかかって別売りデカールが出たりしたら5個は買っちゃうかも・・・。

mik 
タミヤ1/48改造 キャバリア ターボ・ムスタング

名機P-51ムスタング(マスタング)のエンジンをレシプロからターポ・プロップに換装したCOIN機です。エンジン部の形状を変更し,胴体下のインテークを除去して成型し,ベトナム戦用の三色迷彩を施してあります。

mik mik 

J-35 ドラケン祭りです。"エリア88"の主人公機の1つだし,日本では,人気の高い機体です。キットは,ハセガワ1/72と1/48,タミヤ1/100です。・・・さすがに、今更,AIRFIXはないですよね。退役記念の塗装が再現できるデカールの入ったキットがたくさんリリースされたので1人で何機も作った豪傑もたくさんいるのでしょう。自分としても,一般機とカザマ・シン機とオーストリア空軍機は押さえておきたいところです。それにしても,ハセガワさんのデカールは何とかならんのかしら。白が透けるし,すぐ黄ばむし,全くかないません。ハセガワさん,別売りデカールを買わなくてもすむのなら200〜300円くらい高くてもユーザーは文句を言いませんよ。

という具合に,今回も勉強になったり,創作意欲をわかせてくれたり,うらやましがらせてくれたり,と楽しい展示会でした。未完成チームのみなさん,どうも,ありがとうございました。来年の展示会も楽しみにしております。
posted by 五六式 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60302718
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック