2013年09月07日

第9回 高松ニッパーズ展示会

夏休みのシーズンに,西讃プラ模型クラブの方から展示会の案内があったのですが,そちらには行けませんでした・・・涙・・・。次回は,がんばってみます。

で,本題に入ります。

9月7日(土)と8日(日)に高松市のサンポート市民ギャラリーで第9回 高松ニッパーズ展示会が開催されています。職場の宿題を2つ抱えていましたが,おじゃましました。・・・まだ,日曜日がある・・・涙・・・。



今年のテーマは「翔べ!ニッパーズ」だそうです。

nip
1/60 アダムスキー型円盤 って・・・実寸が分かっているものなのか?

nip
フジミ 1/72改 九試単座戦闘機 九六艦戦を逆ガル翼にするなどの改造を施して先祖返りさせたもの。

nip
ピツトロード 1/72 90式戦車 現在,店頭在庫のみと言うことだそうです。
フジミ製とどう違うのか興味がありますね。

nip
ドイツレベル 1/24 トラバント どうも,定価は¥5000ぐらいするそうです。mmmmm・・・・。
車体に描かれたグラフィックが美しい一品。

nip
旧LS 1/32 スカイライン エンジン作ってます・・・!!・・・。展示会では,1/24との表示でしたが・・・?

nip
グンゼ 1/24 アルファロメオ 1300 GTA 現在カタログ落ち中。
うちに在庫あります・・・きっと・・・。
丁寧に塗装されており,ぴっかぴかです。

nip
フジミ 1/72 F-86F セイバー ハッチを開けたり,動翼を動かしたりして密度感を上げています。

nip
ハセガワ 1/72 TBM-3S2 アベンジャー レギュラーのキットにレジンパーツなどを追加して対潜型にしたものです。
もとのキットをあちこち切り取ってレジンパーツをはさんで行くんだけれど,そのような跡は見つからないほどの工作精度です。

nip
シールズモデル 1/700 砕氷艦 しらせ 搭載ヘリは,この写真でほぼ原寸です。
大人げないくらい丁寧な作りでした。

nip
3Dプリンターの実演をしていました。リールにまかれているのが,通常のプリンターのインクに当たるものでABS樹脂のひもです。これをとかして3Dのデータを元に下から積層していくと言うものです。だいぶ機械のコストも下がっているし,ランニングコストもさほどではないようですが,機械の耐久性は,どれぐらいのものでしょうか?

ちなみに,どんなに便利な機械でも,肝心なのは,入力するデータの方だと言うこと・・・納得ですね。

posted by 五六式 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74317078
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック