2013年11月20日

BANDAI HGUC 1/144 MSN-03 JAGD DOGA STK-005

アムロとシャアの戦いの完全決着のお話として制作されたアニメ映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の上映当時にリリースされたキットも当時,購入して仮組みまで行きましたが,それから20年以上後にHGUC版が出るとは思わなんだ・・・。

jagd

<実機について>

第二次ネオ・ジオン抗争時にAMS-120X GEARA DOGAをサイコミュ兵器の運用が可能になるよう改設計した機体。汎用機をベースにニュータイプ専用機として無理矢理完成させたため,重量が増加し,それを補うために大型のジェネレーターやスラスターの追加などを行っている。このことから,装備が過剰となっており,高性能ながら,機体の完成度は決して高いとは言えない。

JAGDは独語で「狩猟」の意で旧ドイツ軍のTIGER戦車を駆逐戦車に改設計したものをJAGD TIGERと言うように,JAGD DOGAもGEARA DOGAを改設計した駆逐MSだと言えるだろう。

jagd ギュネイ専用機

jagd クェス専用機

<キットについて>

金型の一部差し替えと成型色の変更でギュネイ用とクェス用とを作り分けています。さすがに旧キットよりも設計が進歩しており,ディテールが詳細になっており,組み易く,塗装もし易いキットとなっています。

ただ,旧キットよりは"どっしり感"で劣るように思えます。・・・天は二物を与えず・・・。どうも,大腿が長く,腰高になっているようです。かといって太腿を短くすると全高が低くなってしまうし・・・う〜ん・・・。

・ 大腿部を上手くマスキングできたら,後はめ加工なしで塗装から完成までこぎつけることができます。

・ サイコミュ兵器が発射された時の様子を再現できるエフェクト・パーツがついています。
posted by 五六式 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | STOCK
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81026380
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック