2014年03月20日

マツダ RX-7(SA) 1978〜1985 QC-027


高松市の国道11号線で目撃しました。

ドアミラー装備なので後期型だと思われます。今回,この車について調べてみると,8年間も生産されていた事が分かりました。このころの国産車のモデルチェンジの周期は,4年前後です。たいしたものではありませんか?

rx

<実車について>

常勝スカイラインGTRをレースで破ったサバンナRX-3の後継車。最大出力130hsを発生する12A型水冷2ローターエンジンの自然吸気仕様を搭載する。ローターエンジンは,振動が少なく,エンジン音も比較的小さいので他のレシプロエンジン搭載のスポーツカーに比べて高速ツーリング時の快適性は群を抜いていた。でも,燃費は悪い・・・。

更に性能が向上してポルシェ944あたりと肩を並べるようになったり"頭文字D"に出たりするようになるのは,2代目FCや3代目FDになってからのお話。

RX

ちなみに,

RX-2 ロータリーエンジン搭載のカペラ

RX-3 ロータリーエンジン搭載のグランドファミリア=サバンナ

RX-4 ロータリーエンジン搭載のルーチェ

RX-5 ロータリーエンジン搭載のコスモスポーツ2代目/コスモAP

RX-1とRX-6は欠番

となっている。

<思い出>

RX
父親と一緒に高松市から徳島市までドライブ中にライムグリーン・メタリックのRX-7に遭遇。それは,発売日の数日前でした。

<プラモ>

1/24でフジミからSAのRX-7が出ています。 へんちょこりんなエアロパーツがついていますが・・・
タミヤの1/24スケールモデルは,ごく初期のもの。気長に待てば,再版があるかもしれません。

2代目のFCや3代目のFDはキットに恵まれているのにね。
posted by 五六式 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90896014
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック