2021年09月28日

できました。HOBBY BOSS 1/72 HAWKER SEAHAWK Mk.100/101

ホビーボスのシーホークを製作しました。このキット,MPMのキットを参考にして,それにディテールを追加したような感じ(パーツ構成がよく似ています。)です。パーツの合わせはよいのですが,コクピットが閉まりません。コクピットを開けるのが前提のキットです。

SEAHAWK
1947年に初飛行した直線翼のジェット艦上戦闘機です。

SEAHAWK
主翼の付け根のジェットインテークの形は,この時代のイギリス機によく見られるものです。

SEAHAWK
1つのエンジンの排気を左右に振り分けて排出しています。

コクピット周りは,手間をかけて形を整えたり閉まるように調整したりしています。う〜ん・・・。やっぱり,本家のAIRFIXから新金型のキットを出して欲しいなぁ・・・。

75/1000  D-011  S-001
posted by 五六式 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2021年08月30日

できました。BEAVER CORPORATION 1/144 XF-103 THUNDER WARRIER

ビーバーコーポレーションのXF-103を製作しました。このキットは,個人メーカーであるFOXONEの設計により,3Dプリンターで出力されたものです。

THUNDER-W
成形に使われている樹脂は脆く,ピトー管は,瞬殺。脚柱は,3つとも折れてしまいました・・・涙・・・。ガレキを組み立てられるような人や困難に直面するのが好きな人以外にはおすすめしかねるキットです。

THUNDER-W
風防が・・・無い・・・。無いんです。M.3.7を目指していたので,もし,この速度性能が実現されたなら,樹脂製の風防なんてすぐに熔けてしまうでしょう。

THUNDER-W
操縦席は,床ごと昇降します。ベントラルフィンは,地上では,折りたたまれています。まるで,THUNDERBIRDSのメカみたいです。このかっこよさは,この機が提案された1950年代らしさからくるものだと思います。

74/1000  D-011  S-001
posted by 五六式 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2021年08月22日

できました。日東 1/76 NUTROCKER P.K.H. 103 1a

倉庫から1980年代にリリースされた日東科学のS.F.3Dシリーズのキットを多数発掘しました。

NR
お題は,シュトラール軍の無人ホバー戦車です。1/76スケールは,AFVのプラモの縮尺としては,現在では,あまり採用されていませんが,当時のAIRFIXのキットでは主流でした。鉄道模型の00ゲージの縮尺が1/76(イギリスの場合。ヨーロッパ大陸では1/87。こうすることにより小型のイギリスの列車も大きいドイツやフランスの列車も同じ線路幅のレイアウトで走らせることができる。)なのでそれにあわせたものです。

NR
おまけに同スケールの敵側ユニットSAFSが付いています。全高は,3cm。実物があるとしたら,その全高は,2mを超えてしまいます。

NR
ターレットには,大口径レーザー砲と小口径レーザー砲,センサー類が装備されています。それにしても,ホバークラフトなのにエアインテークが無いように見えるのだけれども,気のせいかな・・・?

73/1000  D-011  S-001
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2021年07月27日

できました。AIRFIX 1/72 AVIA CS-92(Me262B)

AIRFIXのMe262Bを作りました。

キットのデカールには,ハーケンクロイツが付いていないのでチェコのAVIA社で作られた再生産機CS-92として仕上げました。ドイツ本国では,ハーケンクロイツの意匠は使用禁止になっているそうで,ドイツレベルのキットには,当然,ハーケンクロイツのデカールは付いていません(でも,ドイツ機のキットは多いんだヨナ・・・ぶつぶつ・・・)。イギリスが本拠のAIRFIXのキットに付いていないのは,空気を読んだというか,忖度したというか・・・。ドイツにひどい目に遭ったポーランドのキットには,ハーケンクロイツが付いているし,アメリカで生産されたレプリカ(T-38と同じエンジンを搭載した本当に飛ぶ機体)にも,ハーケンクロイツが付いているョ。

CS
ヨーロッパでの対独戦終結時にチェコ国内には,Me262のエンジンや機体の部品がいくらか残されていたそうです。チェコで作られた復座型の生産は,結局3機にとどまったそうです。チェコ製の機体は,テストで960km/hをたたき出しています。

CS
現存機の写真を見て近い色を探して塗装しています。タミヤアクリルのXF-71の筆塗りです。塗料が乾燥すると,ばっきばきのつや消しになるのでGSIの半つや消しのトップコートでつやの調節をしています。

72/1000  D-011  S-001
posted by 五六式 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2021年06月30日

できました。タミヤ 1/100 SAAB J-35F & SAAB AJ-37 試作機

タミヤのミニジェット機シリーズの在庫を減らすという方針で機会があるたびに製作を進めています。

キットの初版発売からもう50年以上経ってしまいました(製作したのは,1980年代に再版されたときのもの)。設計が古いためか,部品が合わなくて苦労しました。もう,いい加減,新金型でリニューアルしてもいいんじゃないの?

SAAB
SAAB J-35F DRAKEN

機番や舞台番号のデカールの色が薄く,しかも,書体やサイズが異なっています。書体やサイズに不満があるものの,タミヤのアクリルのつや消し黄色でなぞって発色を改善し,番号が読めるようにしました。

超音速性能とSTOL性能を両立させるため,ダブルデルタ翼を採用したスウェーデン製の戦闘機です。日本では,高性能機だと思われていますが,低空では操縦が難しく,うかつに加速するとひっくり返ってしまうそうです。

SAAB
SAAB AJ-37 VIGGEN

キットは,試作機を再現しています。スウェーデン空軍で実用化されていたAJ-37と基本的に同じ機体ですが,主翼前縁の形状などが異なっています。

ビゲンは,ドラケンを更に発展させた,カナード付きのデルタ翼を採用した機体です。性能的には優秀でしたが,デンマークなどにいくつかの国に輸出されたドラケンと違ってスウェーデン以外の空軍で採用されることはありませんでした。

SAAB
2機のそろい踏み。全長はそんなに違わないけれど,胴体の太さがかなり違っています。

両キットとも,部品の合わせが悪く,現在の水準では,ちょっとおすすめできません。へたに修正などせずにぱぱっと組むならば,何の問題もないのですが・・・。

71/1000  D-011
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2021年05月31日

できました。アオシマ(イマイ) 1/144) 三菱 Ki46 百式司令部偵察機&PLAZ 1/144三菱 T-2


三菱
1/144スケールで三菱重工製の飛行機を2機製作しました。

三菱
Ki46 百式司令部偵察機

有名な"神風号"と基本的に同じ機体である九七式司令部偵察機の後継機です。最高速は,当時としては画期的な630km/hでした。もちろん,ゼロ戦よりも速い機体です。

三菱
キットの初版は,1973年。モールドやプロポーションは素晴らしいのですが,ミニスケールなので歯敵艦や座席などが省略されています。

三菱
国産初の超音速練習機です。この機体を基礎に単座化してFCSを強化し,支援戦闘機F-1が誕生しました。アドアターボファンエンジン双発で練習機と攻撃機を同時開発というコンセプトが共通するSEPECAT ジャギュアと酷似していると言われています。ジャギュアは,低空飛行特性を重視したガチな攻撃機とそのパイロットを養成する練習機であり,T-2は,超音速戦闘機パイロットを養成する機体とそれを基礎として副次的に対地、対艦攻撃能力を付与した機体であるということで全く違う機体と言えばそうなんだな・・・。

三菱
キットの初版は,2007年。2006年発売のF-toysの食玩をキット化したものです。他社の同スケールのキットより省略は少ないですが,部品の合わせのギャップが目立ちます。

69/1000  D-011
posted by 五六式 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2021年05月05日

できました。BANDAI 1/43 2007 HOUZAN TOM’S SC430 / 2007 MOTUL AUTEC Z NISSAN GT-R R35 / NISSAN SKYLINE PGC10 2000GT-R

 
先月,何も完成しなかったのでかなりストレスが溜まっていたのですが,5月の連休で一気に4個のキットを完成させました。まぁ,塗装不要,接着不要のキットなので自慢にはなりませんが・・・。

とはいうものの,やっぱり少しは塗装してやると見栄えが良くなるので,今回は,シャーシやブレーキディスクなどを塗装しています。このことにより,手に取ってホィール周りを覗いたり,ひっくり返して車体の裏側を見たりしたときに違いが分かると思います。

2007 HOUZAN TOM’S SC430

CARS CARS
メインスポンサーは,酒造会社だそうです。カウルにわずかな事後変形があって強引に瞬間接着剤で形をまとめました。

2007 MOTUL AUTEC Z

CARS CARS
不幸な事故でドアミラーのステーが折れてしまいました。泣く泣くステーを金属線に置き換えて補修することになりました。

NISSAN GT-R R35

CARS

CARS
何事もなく完成。いいキットです。

NISSAN SKYLINE PGC10 2000GT-R

CARS

CARS
前期型と後期型を作り分けることができます。今回は,前期型で製作しました。コンソールの部品のゲート跡の処理を忘れていて(モールドの一部と思い込んでいました。)これが大変なことに・・・。その部分が干渉してボディが車体にはまらなくなってしまったのです。ボディがはまらない理由が暫く分からず,焦りました。

67/1000  D-009
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2021年04月02日

できました。TAMIYA 1/100 FIAT G.91 R1/R4

タミヤのミニジェットシリーズ(現行ではコンバットプレーン)のフィアットG.91が完成しました。

GINA
キットは,G.91/G.91 R1/G.91 R4のコンバーチブルになっています。50年以上前のキットですから,部品の精度が低く,あちこちで工作に手間がかかります。主翼上面の赤いラインは,デカールにも塗装図にも無いのでマスキングテープの力を借りて自分で描きました。

GINA
F-86K(D型のダウングレード版)を参考に設計しているのでシルエットがよく似ています。

GINA
ギリシア空軍は,G.91 を評価試験しましたが,採用はしませんでした。でも水色の蛇の目がなかなか似合っていると思いませんか?

63/1000  D-009
posted by 五六式 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2021年03月25日

できました。BAMDAI HGUC 1/144 RGM-89 DEW EWAC JEGAN

プレミアムバンダイ専売のHGUC版ジェガンのバリエーションキットです。

ジェガン
"逆襲のシャア"で初登場したRGM-89ジェガン(A型)の改良型であるD型に大型センサーユニット,カメラ,レーザー通信ユニットを追加した機体です。

ジェガン
キットは,ジェガンD型ガンダムUCver.に偵察機用部品を追加したものです。某密林で転売屋が法外な値段で出品していますが,待っていれば,再販があったり,地元のリサイクルショップで見かけたりすると思うので焦って転売屋を喜ばせないようにしましょう。何よりみなさん(年配のモデラー限定。若い人には,さらにチャンスがあるよ。),もう一生分キットを持っているでしょう?

ジェガン
組み立ては,簡単で塗装も,ライトグリーンの外装を成形色のままにして残りを部分塗装しただけです。苦労したのは,現用ジェット戦闘機並みのコーションデータのステッカーを貼る作業。往生しました。

61/1000  D-009
posted by 五六式 at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2021年02月28日

できました。AOSHIMA 1/72 紫電改(初期型)  

菅野直大尉の紫電改を製作しました。

N1K2
アオシマの真・大戦機シリーズは,組みやすく精密感もあるので評判がよいそうです。実は,日の丸を汚してしまい,応急処置をしています。デカールを部品請求で手に入れなくては・・・。

N1K2
菅野大尉を乗せました・・・というか,フレディ・マーキュリーみたい・・・モニター上で実寸の2倍以上に拡大しているので許されよ・・・。

菅野直大尉は,個人撃墜48機共同撃墜24機の海軍のエースパイロットで,大戦末期に屋久島上空で自機(この時には,いつもの15番に乗っていなかった)の機関砲の爆発で主翼に穴が空き,未帰還となったそうです。ということは,ひょっとしたら,運良く生き延びていたという可能性もあるのですね。現在,某コミック(某"漂流者"・・・連載によく穴が空く)では,異世界で獣人達に空の神様として畏れられ,某救世主の軍勢相手に大暴れしております。

N1K2
五六式の父親は,大戦中,学徒動員によって兵庫県の川西航空の工場で紫電改の主翼の桁を作っていたことがありました。材料のジュラルミンには毒性があり,作業中に怪我をすると,ずっと傷口が塞がらなかったそうです。それに加えて,とにかく,ずっとお腹が減っていて,それが辛かったそうです。同郷の高女(高松高等女学校)の子や沖縄の子(本土の子に比べて小柄だった)も動員されていて可哀想だったと言っていました。爆撃で川西航空の工場が壊滅し,高松に帰ってきたら,そこも空襲されたあとで,高松港から栗林公園まで何もなくなっていたそうです。父親は,当時,15〜16歳の少年だったのですが,自分だったら耐えられそうにありません。昔の男の子はしっかりしていたんだなぁ・・・。

61/1000  D-009
posted by 五六式 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2021年02月24日

できました。amt 1/25 The THREE STOOGES 1940 FORD SEDAN DELIVERY

"The THREE STOOGES"というのは,アメリカの1930年代の短編映画とそれから派生したTV番組で,1960年代に日本でもTV放送されました(邦題は,"三ばか大将")。日本で放送されたのは,五六式が小学生だった頃のことでうっすらと記憶があったのですが,ある日、某通販サイトを覗くと,"三ばか大将"の車のキットが出るというではありませんか。そこで,思わずポチってしまったら,数日後にこのキットが届いてしまいました・・・やれやれ・・・。現在,某密林では,このキットが定価の4〜5倍で売られています。転売屋め,いい加減にしろよ!!

FORD
車は,戦前のアメリカの大衆車です。それに,"三ばか大将"のイラストや劇中のギャグの台詞を使ったステンシルを追加したもので,劇中に登場したものを忠実に再現したものではなく,イメージモデルという感じです。

FORD
キットの発売は,2010年代ですが,元になったキットの初版は,1968年(メキシコオリンピックの年だ!!)とかなり古いものです。とはいうものの,当時の国産キットに比べて部品精度はかなり高いと思います。 一番苦労したのは,メッキの除去です。メッキ自体は,数日マジックリンにつけていれば簡単に取れますが,その下に樹脂系のコーティング層がありました。そこで,結局カッターでカリコリ削ってかなりの時間を費やしました。まぁ,完成したからいいんですけれどね。

60/1000  D-009
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2021年02月16日

できました。BAMDAI HGUC 1/144 NRX-055 BAUND DOC

今回、完成したのは,本編登場から30年以上プラキットのリリースがなかったバウンドドックです。不憫なので即,製作した・・・のではなく・・・成り行きです。大きな箱も片付くし。

BD
このキットは,先月の下旬の時点でほぼ完成していたのですが,スカートのちょうつがいの部品がなくなってしまい,長い間半完成のままでした。

BD
なくなっていたのは,写真の矢印のところの部品です。コロナの影響か,バンダイさんの部品請求の受付が混んでいて,部品が来るのに3週間以上かかってしまいました。塗装が済んでからは,部品を組み込んで数秒で完成。長い道のりでした・・・涙・・・。

BD
色使いといい,スタイルといい,色物ですが,完成させてみるとなかなかのものです。MA形態に変形させることもできますが,塗装したために可動部がきつくなってしまい,壊れそうになったので変形は一度きりにして今後は,封印することにしました。

※ 変形の様子は,WEB MODELERS2月号の方に写真が載っているのでそちらを参照してください。

59/1000  D-009
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2021年01月30日

できました。BANDAI 鬼滅模型 竃門炭治郎

スケールキット(タミヤのG.91)を作っていて煮詰まってしまっていたとき,手に取っていじっていたら,2日でできてしまいました。

炭治郎
基本、キットのままで各部が色分けされており,ほとんどの彩色が終わってしまいます。フィギュアモデルの製作で最もハードルの高い顔のペイントも,部品の巧みな成形で再現されており,手間いらずです。細かいところは,シールで補いますが,写真の通り,シールはほとんど使わず筆塗りで仕上げています。「滅」のところは,部品にモールドがあるので筆塗りでも大丈夫。

炭治郎
羽織の市松模様は,塗装済み。艶を抑えるためにつや消しトップコートをスプレーしています。シャツとズボンは,どうしても部品の合わせ目が残ってしまうのでスナップフィットはやめにして接着しました。合わせ目の処理をした後,タミヤのアクリルで成形色に近い色を作って筆塗りしています。

炭治郎
どんな角度から見ても破綻のない素晴らしい造形です。

58/1000  D-009
posted by 五六式 at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2020年12月28日

できました。DRAGON 1/144 BELL X-1 & DOUGLAS X-3

 説明書に細部の塗装指定が無かったので,長い間放置されていたキットです。

 ストックの中に同じ機種のキットがあったのでそれを参考に塗装が進められました。

X PLANES
 BELL X-1

 ロケットエンジンの大推力で強引に音の壁を越えようとした機体。本機より前に,急降下で音速を超えた機体は,いくらかあったが,水平飛行で音速を超えたのは,本機が初めてであった。

X PLANES
 DOUGLAS X-3

 X-1は,B-29に吊り下げられて離陸するが,本機は,自力で離陸し,ジェットエンジンで音速を超えることを目指した。結果は,エンジンの推力不足のため,惨敗。

 製作中に機体前半分の部品を踏んでしまい,挫折しかけました・・・汗・・・。

57/1000  D-009
posted by 五六式 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2020年12月18日

できました。BANDAI 1/144 NISSAAN SKYLINE GT-R SUZUKA 1970

2008年から,数点発売されていたBANDAIの塗装済み組み立てキットの1つです。そのうち,3代目のスカイラインのキットは,レース仕様や現行GT-Rとのセット,カラーバリエーションなどが発売されていました。その後,再販が全くないことから不採算だったのでしょう。

SKYLINE
全く塗装しないでもかなり完成度の高い完成品を手にすることが出来ますが,ランナーからパーツを切り取った跡やシャーシなどを塗装するとさらに完成度が上がります。

SKYLINE
後輪は可動式。ネガティブキャンバーにしたりノーマルにしたり自由にできます。力を入れすぎると壊れてしまうので注意が必要です。もう,メーカーのサポートが終わっているし,再販もないのでどうにもならなくなります。

SKYLINE
ちょこちょこっと手を入れても2日ほどで完成するので息抜きにぴったりのキットです。当時よりも人件費が上がっているので再販や新キットのリリースの可能性がほとんど無いであろうことが残念です。

一年に1つでいいからフォルクスワーゲンやトヨタ2000GTなどの王道のアイテムを追加していけば,かなり嬉しいシリーズになったでしょうに。惜しいことです。

55/1000  D-009
posted by 五六式 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2020年11月27日

できました。1/32スケールのカーモデルいろいろ


32
1/32スケールのカーモデルを5つ作りました。

32
(スズキ フロンテ 1968 MICRO ACE 1/32)

32
(スズキ ハスラー 2014 アオシマ ザ・スナップキット 1/32)

32
(スズキ ジムニー 2019 アオシマ ザ・スナップキット 1/32)2個

32
(ニッサン スカイライン GT-R アオシマ ザ・スナップキット1/32)

フロンテは,黄色に塗ったのが間違いじゃった・・・遠いものを見る目・・・。
・・・黄色い小さなRR車・・・あっ!! FI(ピー) 500じゃん。ル(ピー) が乗っている・・・。
MICRO ACEのキットは,どうもあまり実車と似ていない気がしていたのですが,そのためか,ますます(ピー) パンの(ピー)AT 500に見えるような気がします。・・・きっと,気のせいだよ・・・。

アオシマの"楽プラ"は,車種によって"楽さ"がちがいます。ジムニーとスカイラインがおすすめです。

54/1000  D-009
posted by 五六式 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2020年10月31日

できました。( YS11 HASEGAWA 1/144/MARK 1 MODEL 1/144 HS.748)

ロールスロイス・ダートターボプロップエンジン双発という共通点のある2種類の旅客機を作りました。

YS&HS
一見,同一機種に見えますが,長い方が,日本人にはおなじみのYS11,もう一つは,HS(ホーカー・シドレー).748です。

YS&HS
ハセガワ1/144YS11(日本エアシステム)です。このキットは,エンジン周りや風防周りに部品の合いが悪いところがあったり,主翼にヒケがあったりして処理に手間取りますが,概ね組み立てに困難はありません。

問題は,カルトグラフ製のデカールです。曲面に馴染まず,マークソフターも効かないので位置決めをしてからヘアドライヤーでデカールを柔らかくして貼り付けました。プラスチックの部品も溶ける恐れがありますが、デカールの方が先に柔らかくなるので無理をしない限り大丈夫です。

YS&HS
マークワンモデルの1/144 HS.748(スコティッシュ・ヨーロピアン航空)です。簡易インジェクションキットで,部品をイモ付けするところが多く,組み立てが面倒ですが,部品の精度は意外によいです。

今年発売の新キットですが,デカールのフィルムが弱くて難儀しました。特にストライプのデカールは,バラバラになってしまうのでマイクロスケールのリキッドデカールフィルムで補強することをおすすめします。これで,やっと安心してデカールが貼れたと思ったら,あらあら,ストライプの寸が足りません。そんな,アホな・・・涙・・・。もしや,側面図から補正無しでそのままストライプの長さを割り出したんじゃないだろうね?仕方がないので不細工になりますが,手描きで延長しました。

今回は,大変手間がかかりました。ハセガワさんも,マークワンさんも,自社製品をリリースする前に社員自身が一度組んでみるとよいと思います。

49/1000  D-009
posted by 五六式 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2020年09月29日

できました。(HASEGAWA/AIRFIX/ARMA HOBBY)1/72 HAWKER HURRICANE

定番のハセガワと最近の海外メーカーの1/72スケールのホーカー ハリケーンを製作しました。

HURRICANE
タークアースとミドルストーンの迷彩のモデルが,ハセガワのMk.UD,ダークアースとダークグリーンの迷彩のモデルが,エアフィックスのMk.Tの最初期モデル ,全面銀色が,アルマホビーのMk.Tの後期モデル。

HURRICANE
ハセガワのキットは,初版1996年のベテランキット。四半世紀前とはいえ,この時期のハセガワ製品においては,すでに近代的なキットの基礎が固まっていたので,できはよいし,簡単に組める。

HURRICANE
エアフィックスのキット(2013)は,赤箱にチェンジして以来の新生エアフィックスのキット。主脚収納部のディテールが素晴らしい。

HURRICANE
アルマホビーは,レジン製のディテールアップパーツを供給していたポーランドのメーカーで,最近、プラスチック製のフルキットもリリースし始めている。ハリケーンのキットは,Mk.Tの他に更に進化させたMk.Uのキットもリリースしている。このキット(2019)は,驚くほど高精度なところとどうしたんだとあきれるほどの部品の合いが悪いところとが混在する不思議なキット。

作りやすさを求めるなら,ハセガワ,完成したときの姿を求めるなら,アルマ,どっちも大事というならエアフィックスがおすすめです。どのキットも普通に鑑賞する分には十分なできばえです。

ハリケーンは,個人的にはスピットファイアより好きな機体ですが,さすがに3つも作るとお腹がいっぱいです。次に作るとしたらイタレリやハセガワの1/48スケールキットをのんびり作るかな・・・。

47/1000  D-009
posted by 五六式 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2020年08月30日

できました。BANDAI RG1/144 MSM-07S Z'GOK

在庫を減らすために,限定品の一般機(青いヤツ2機)とともに製作を始めて,例の赤いヤツが,とりあえず完成しました。青いヤツの方は・・・,一応最後まで組みましたが,塗装する色の設計がまだ出来ていないので暫くお休みです。←在庫、減らんがな・・・。

組んだ部品数は,約500に及びました。

MSM
アニメの方では,薄い赤と濃い赤のツートーンカラーになっていましたが,RG版では,薄い赤も濃い赤も更に色分けされて成形されています。何だか悪趣味だなと思っていましたが,つや消しのトップコートをかけてみると案外いい感じになりました。というわけで,予定していたウォッシングも墨入れも中止してキットの良さを活かす仕上げにしました。腕や足のダークブルーのところは,「実際は,金属色だろ。」と思ったのでガンメタルに変更。ちらっとメタリックブラックにしようとも思ったのですが,ジョニー・ライデン機みたいになってしまうので却下しました。

MSM
いっぱい赤を使っているけれど,遠目で見ると違和感がありませんね。

・・・でも,ホントは,赤一色じゃないの?

44/1000  D-009
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED

2020年08月27日

できました。SWORD 1/72 DOUGLAS F-3D-2 SKYKNIGHT

完成しないと言われているチェコのSWORDのキットを組んでみました。お題は,1950年代から1970年代初頭までアメリカ海軍および,同海兵隊で使用された全天候艦上戦闘機ダグラスF-3D-2(後にF-10と改称)スカイナイトです。

SKYKNIGHT
塗装図のデカールの指定が間違っていたり,組み立てのためにドリルで小さい穴をたくさん開けなくてはいけないのに説明書には何も書かれていなかったり,部品が付くところの説明が曖昧だったり間違っていたりと,確かに組みにくいキットですが,部品の精度自体は高いので何とか完成しました。・・・ふぅ・・・。

ところで,SWORDの社員は,自分のところのキットを組んだことがあるのでしょうか?それとも,東欧のモデラー達は,みんな,超絶技巧の持ち主であるとか・・・?

ぐだぐだこのキットの組みにくさを語っていますが,スカイナイトの近代的なキットは,現時点では,SWORDのキットだけです。これよりきちんとしたキットも,組みやすいキットも,仕上がりのよいキットも存在しません。

SKYKNIGHT
朝鮮戦争当時、韓国に駐留していたアメリカ軍海兵隊の機体を再現しています。

並列復座の機体に捜索用と照準用の2つのレーダーを搭載している直線翼の機体は,その見た目通り,高速を狙ったものではありません(とは言え,ゼロ戦よりは断然優速です。)。夜間戦闘でMig-15を撃墜した機体もあるそうです。

43/1000  D-009
posted by 五六式 at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | FINISHED