2018年04月09日

花便り TNG-007


SHINAI TREK TamaNo challenGe

玉野,そこは最後のフロンティア。これは,定年に達したあるおっさんが,年寄りの冷や水にもかかわらず,21世紀において任務を続行し,未知の 世界を探索して,人類未踏の玉野を勇敢に逍遥した物語で ある。

お花見の時期は過ぎましたが,春の花はまだあちこちで咲き誇っています。

flowers
ベニカナメモチ(バラ科)

花ではありませんが,真っ赤な芽生えが美しい庭木です。

flowers
レンギョウ(モクセイ科)

黄色くて小さい花がたくさん枝に付いています。、半つる性の枝が地面に接触すると,そこからも根を出し新しい株ができるという・・・。

flowers
ジンチョウゲ(ジンチョウゲ科)

近寄るとよい香りが漂ってきます。花弁のように見える部分は萼(がく)が花弁状に変化したもので、本来の花弁ではないそうです。

flowers
ツルニチニチソウ(キョウチクトウ科)

繁殖力が旺盛であちこちで野生化しています。永いこと名前が分からなかったけれど,先日,亀島山に行ったとき,公園の掲示物に乗っていました。

flowers
ノバラ(バラ科)

野薔薇です。八重でなくても美しいものです。

flowers
フサアカシア(マメ科)

ミモザは,通称。マメ科の中でもネムノキに近い植物です。20数年前(1996年。そのときには,王子が岳から玉野市中の山に火が燃え広がりました。)に玉野市で山火事があって,そのときの焼け跡を中心に急速に分布を広げています。花粉症の人にとっては怨敵とも言われていますが,本人はそんなことになっているとは知らないだろうなぁ・・・。

flowers
ツツジ(ツツジ科)

ツツジも玉野市にはたくさん生えていて,市の花は,ツツジとなっています。これも,過去の山火事の後に広がっていったものらしいです。
posted by 五六式 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2018年04月03日

常山でお花見 TNG-006


SHINAI TREK TamaNo challenGe

玉野,そこは最後のフロンティア。これは,定年に達したあるおっさんが,年寄りの冷や水にもかかわらず,21世紀において任務を続行し,未知の 世界を探索して,人類未踏の玉野を勇敢に逍遥した物語で ある。

お花見の名所として地元では有名な常山まで歩いて行きました。起点は,三井生協庄内店,往復約10kmほどです。

ty
鴨川沿いに国道30号線や秀天橋がある東に進みます。

ty
自転車道を歩くと,ほん・・・・・っ・・・・・とうに何もありません。(いいえ,途中に鯛焼き屋さんがあります。)

ty
普段,車で走っているときに目に付いていたお寺に寄ってみます。

臨済宗の富岳山久昌寺です。本尊は,釈迦如来で戦国時代以前の創建とされ,約五百年の歴史があるそうです。

ty
十二支になぞらえた12体の達磨大師の石像があります。多くの人の頭の中にある張り子の達磨さんに似た像は,そのうちの1体しかありません。

ty
旧道(倉敷に続く)を歩くと常山の登り口に着きました。ここから直登して友林堂から公園まで行くもよし,自動車用の登山口から登るもよし。

ty
自動車用の登山口にもサクラの木があります。

ty
数百mで桜並木が見えます。現在は,桜並木が途切れたところから先は,自動車での通行ができなくなっています。

何年か前,母親と車で登ったとき,この先でデイケアセンターの車が脱輪していてみんなで持ち上げたことがありましたっけ。

ty
斜面にサクラが植えられているので広場から間近にサクラの枝振りを鑑賞することができます。

ty
帰りに,地元にいると,案外利用することがないので敢えて,JR宇野線常山駅に寄りました。

ty
岡山に向かって,ここからしばらく線路がまっすぐ北に向かいます。児島湖の干拓以前は海岸線沿いだったところに宇野線が敷かれていて,写真の右側は、海だったと言うことです。

ty
国道30号線まで戻って秀天橋まで帰ってきました。

もともとは,土橋だったとのことで,石橋になったのは,江戸時代中期。当時,岡山藩の領内で一番長い石橋だったとのことです。

ここから,30分ほど歩くと,起点の三井生協庄内店まで帰れます。特売の紅茶ソーダ(¥76)を買って今日の探索は終了です。
posted by 五六式 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2018年03月11日

玉仙岩(ぎょくせんいわ)にアタック!! TNG-005


SHINAI TREK TamaNo challenGe

玉野,そこは最後のフロンティア。これは,定年に達したあるおっさんが,年寄りの冷や水にもかかわらず,21世紀において任務を続行し,未知の 世界を探索して,人類未踏の玉野を勇敢に逍遥した物語で ある。

(今回は,1月に取材した内容です。)

玉野市玉の商店街からふらふらと旧道(旧国道430号線)を宇野方面に向かって歩いていたら,玉野市シーバスの【藤井バス停】のそばでこんな立て札を見つけました。これは,宇野の藤井地区の住民でつくる有志団体『里山★玉仙岩』が設置したもので,同団体は,地元宇野の里山を守ろうと、竹林や古木の伐採をしたり,登山道の整備をしたりしているようです。

gyokusen
玉仙岩ってなんじゃろと思ったのですが・・・,

gyokusen
ちょっと離れたジョギングコース(TNG-004を参照)から見ると,よく分かります。中腹の岩に何やら彫り込んでいるのですが,この岩に彫り込まれた文字が「玉仙」なのですね。昔の仕事ですから,縦書きと同じく右から読むので,実際には「仙玉」となっていますが・・・。

gyokusen
立て札に従ってぽてぽて歩いて行くと・・・。

入り口は,イノシシよけのために閉じられています。扉は簡単に開きますが,通った後は,閉めておきましょう。玉野市では,至る処にこういったゲートが設けられており,その先は,奴らの領域となっています。真昼に行動するとか,食べ物を持ち込まないとか,鈴を持って行くとか,イノシシ対策を十分に行ってください。春から夏にかけて,子どもを連れた母親イノシシは,特に危険です。この時期の登山を控えることをおすすめします。

gyokusen
登山道は,ロープを張っているので比較的分かり易いです。

登り口から八本石柱→ツツジ広場→玉仙岩→山頂というコースです。ツツジ広場までは,中級,それ以降は,上級と説明されていますが,そこまではきつくないです。おそらく,まるっきり山歩きをしたことがない人基準なのでしょう。そういう人が舐めてかかると,怪我をしたり遭難したりしますから。慣れた人なら,初級かな。

gyokusen
八本石柱に着きました。大正時代には,建物があったようです。

gyokusen
玉仙岩です。この岩の前は,ちょっとした広場になっています。ここからすぐに岩に触れるところまでいけます。

gyokusen
山頂からの眺めです。玉仙岩から道が急になったり,滑りやすくなったりしていますが,三点支持をこころがければ何のこともありません。逆に舐めてかかって跳んだり,荷物のために片手が塞がっていたりすると思わぬ怪我をします。

gyokusen
雪が降ってきました。この先も探査したかったのですが,早々に立ち去ることにしました。

gyokusen
さらば,玉仙岩。屋根越しにその姿を見ることができます。
posted by 五六式 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2018年02月19日

三井生協本部店から玉野高校までジョギングコースを行く TNG-004


SHINAI TREK TamaNo challenGe

玉野,そこは最後のフロンティア。これは,定年に達したあるおっさんが,年寄りの冷や水にもかかわらず,21世紀において任務を続行し,未知の 世界を探索して,人類未踏の玉野を勇敢に逍遥した物語で ある。

今回は,旧玉野市電の廃線跡の一部,現在,ジョギングコースとなっているところを歩いてきました。起点は,三井生協本部店(旧玉駅)。約1900m歩いて玉野市民病院に至り,更に約1100m歩いて宇野中学校の近く,終点玉野市広潟交差点(旧広潟駅)に至ります。この道は,うちの奥さんが,高校生の時に自転車通学した道でもあるんだよなぁ・・・遠い目・・・。

jog
ジョギングコースの起点近く,三井造船玉野の正門付近です。

jog
三井生協本部店の向こうに前回登った大仙山が見えます。廃線跡より道がいいのでこれに並行した本部店からレクレセンターに向かう歩道を歩きます。

jog
廃線跡に合流してトンネルをくぐります。終点までトンネルは,計3本あります。

jog
もともと線路の後だけに平坦でまっすぐな道です。カラー舗装しているので自転車で走るとタイヤが茶色になっちゃうんだよなぁ・・・。

jog
市民病院の近くの銀杏並木。娘が小さい頃,ここで遊びました。三井生協付近からスタートするコースは,約1900m,玉野市民病院の横で一旦,終了です。そこから,国道30号線を渡って,後,約1100m続きます。

jog
三つ目のトンネルです。入る前と後,どちらも住宅地なのですが,妙に雰囲気が違っているので不思議な気持ちがします。

jog
不思議な階段。昔は何かの役に立っていたはずなのですが・・・。

jog
気になるお菓子屋さん。イチゴ大福おいしいのかな?

jog
終点につきました。コースのあちこちにある標識を見ると,歩いた距離が分かります。この標識の場合だと,1100mとは,市民病院の近くの国道30号線との交差点を起点としたときの距離。2200mとは,ここを起点として折り返して帰ってきたときの距離を意味しています。

jog
広潟の交差点です。ず〜っと昔は,交通の要所だったようです。

jog
終点まで着きましたが,せっかくなのでうちの奥さんが通った玉野高校まで足を伸ばしました。すると,何やら曰くありそうな祠が岩山の中腹に・・・。部活中の女子高生(たまたま男の子がおらんかっただけぢゃ)にあそこまで登れるかどうか聞いてみたら,丁寧に道順まで教えてくれました。さすが,うちの奥さんの後輩,どこの馬の骨とも分からんじーさんに親切にしてくれてありがとう。

jog
登り口は,観音寺の境内にあります。

jog
女の子たちは,登りがきついと言っていましたが,たいしたことはありません。

jog
お稲荷さんが奉ってありました。

jog
巨石越しに直島の方までよく見えます。

jog
手前から,宇野港,直島,高松市と見渡せます。

お稲荷さんからは,ふらふらと宇野港まで行って,適当に5kmほど歩いて自宅に帰りました。

逆コースで宇野駅から市電廃線後の道を全て自転車で走った人の記事を見つけました。そのコースを自転車で走ると数十分ですが,だらだら歩くと1時間半〜2時間かかると思います。
posted by 五六式 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2018年01月23日

大仙山 新四国八十八ヶ所 TNG-003


SHINAI TREK TamaNo challenGe

玉野,そこは最後のフロンティア。これは,定年に達したあるおっさんが,年寄りの冷や水にもかかわらず,21世紀において任務を続行し,未知の 世界を探索して,人類未踏の玉野を勇敢に逍遥した物語で ある。

dis
今回の探査目標は,ここ。山頂近くに巨石が座っているのが見えます。標高は120mくらいですが,舐めてはいけません。最悪,遭難しますから,下記の注意をよく読んで,できれば,チャレンジしないで当blogの記事を読むだけで満足してください。

1 玉野市は,イノシシが出没しますから,対策を怠らないようにしてください。
  イノシシが出没しにくい真昼に登山してください。
  クマよけの鈴などを携行して,出会い頭に遭遇するリスクを減らしてください。
  クマよけの鈴は,ハンターに誤射されるリスクを減らします。
  もし,イノシシの気配を察知したら,そっと後ずさりしてゆっくり引き返してください。
  イノシシが幼体であっても,油断しないでください。近くに親がいる可能性があります。
  餌をやるなど,もってのほかです。絶対にやめてください。
2 携帯電話を携行する,家族に行き先を伝えるなど,緊急時に備えてください。 
3 茂みに不用意に入らないでください。
  マムシや毒虫を避け,崖や穴に落ちるのを防ぐためです。
  ここに限って言えば,
  防寒を万全にしておいて,暖かい日で,積雪がなければ,冬季が一番安全です。
  マムシや毒虫が出ないし,草丈も短いからです。
4 無理をして急斜面を強引に下るなどして,ルートを外れないでください。
5 雨天や雨上がりの後など,足下が悪いときには,登山しないでください。
6 この後の文章でも,安全上のアドバイスを書いてありますので従ってください。
7 相手が自然ですから,どれほど用心しても事故は起こります。
  単独行は避けて,山歩きの経験を積んだ人(自称はNG)と一緒に行動してください。
  子ども同士(たとえ,高校生でも)など,もってのほかです。
 
ここまでしつこく書いたのは,若いときに大仙山に登ったときよりも道が荒れていた上に,イノシシの出没という危険要素が加わったためです。

dis
登り口の目印は,これ。玉野市玉の商店街の北のはずれから宇野駅に向かう途中の道の左側にあります。登りはじめは,遅くとも,正午あたりまでにしましょう。五六式は,この後,なぜ早めに出発しないといけないかを,その身をもって思い知ることになります。

dis
写真の右端の家のすぐ脇に登山道があります。曲がり角の目印は,一切ないので,そのまま進むと,すぐ,下に降りてきてしまいます。降りたところにも,二つ目の写真と同様の登り口を示す石柱があります。

dis
登山道に入る曲がり角から下を見下ろすと,瀬戸内の風景を楽しむことができます。ここまでなら,白昼に限って言えば,何の危険もない(でも,一番怖いのは,人間。気をつけましょう。)と思います。

登山道に入ると,道は,急に悪くなります。はじめの方は,笹藪を突っ切りますが,道を見失うことはありませんでした。しかし,春から夏になると,更に状態が悪くなると予想されます。笹藪を抜ける頃になると,道沿いに仏様の像があちらこちらに見えます。四国八十八ヶ所の一番札所霊山寺のご本尊釈迦如来から八十八番札所大窪寺のご本尊薬師如来までが道沿いに並んでいるのです。

一番札所霊山寺のご本尊釈迦如来は,なぜか,二体あります。最近,仏様のお世話をする人が入山したのか,どの仏様にも真新しい赤い前掛けがかけてあり,造花が供えられていました。そこから,ほぼ順番通りに仏様が並んでいますが,脇道に逸れたところにあったり,欠番があったり,場所を移されて(崩落などで落ちそうになったのかもしれません。)いるものがあったりします。順番にお参りすることにこだわりすぎると,道を見失って遭難しますから気をつけてください。

dis
しばらく登ると,開けたところに出て,四十七番のご本尊,阿弥陀如来の像があります。やっとここで約半分。

dis
眼下には,直島(右端,分かりにくいけれど,船が泊まっている)や井島(明るく写っていて細長い島),豊島(井島の奥),小豆島(豊島の奥)などが見渡せます。

dis
山頂近くにお不動さんが立っています。この近くに石鎚神社もあります。ここで,今まで登ってきた道を再確認してください。

dis
三井金属の精錬所の煙突の向こう,遠くに四国の山々が望めます。真ん中の三角の山が讃岐富士こと,飯山(いいのやま)です。この先,八十番台の仏様が並びますが,順番がかなり乱れています。

dis
八十八番札所大窪寺のご本尊薬師如来を拝んで,さぁ,帰ろう。夕日がきれいだ・・・。帰り道の目印に仏様たちが並んでいるし,楽勝♪

・・・と思ったら,下山道を見失って,同じところを3回もぐるぐる回っていました。やばい!!ルング・ワンダルング(リング・ワンダルング)かいな!!下の小学校の放送が5時を告げてるし・・・。

やばいときこそ焦らずに!!件のお不動さんのところでもう一度丁寧に道を探すと,下りの道がありました。後は,仏様たちが案内してくれるので何の苦労もなく帰れましたョ。登山する人は,お不動さんのところで下りの道を再確認すること!!下りの道の入り口であらかじめ,目印のひもか何かをを枝にくくりつけるとかしておくことをおすすめします。←名付けて秘技"ヘンゼルとグレーテル"。

帰れなくなり損なったのは,怪奇現象でも何でもなく,お不動さんの先の道が本当の下り道のそばまでループしていたかららしいです。このループしてきたところが,一見,下りの道に見えて,知らず知らずのうちにお不動さんのそばに連れてこられると・・・。でも,お不動さんがおらんかったら死んどりました。ありがとうございました。山を舐めちゃおえん。死ぬョ。

大仙山に登った人の記事がいろいろあります。参考にしてください。強引に藪漕ぎして降りた人もいるけれど,よい子はまねしちゃだめだョ。

岡山の山と三角点より大仙山

たまには山ガール「大仙山」

山のパレットII 「玉野市 大仙山」

デジカメ×サイクル 「大仙山」
posted by 五六式 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2018年01月16日

玉野市立玉野海洋博物館 TNG-002


SHINAI TREK TamaNo challenGe

玉野,そこは最後のフロンティア。これは,定年に達したあるおっさんが,年寄りの冷や水にもかかわらず,21世紀において任務を続行し,未知の 世界を探索して,人類未踏の玉野を勇敢に逍遥した物語で ある。

というわけで,市内をうろうろして行ってみたところを新シリーズで紹介していきます(第1回は,12月30日。その時には,シリーズにしようとは思わなんだのです。あれは,いわゆる,パイロット版じゃね。)。

今回は,玉野市立玉野海洋博物館(岡山県玉野市渋川)。愛称は渋川マリン水族館です。2017年4月に荒俣宏先生が来館し,「いらないなら,僕がもらいたい!」と絶賛されたとか・・・。

設立は,1953年。鳥羽水族館(1955年設立)や神戸市立須磨海浜水族園(1957年設立)よりも古く,当時は,海遊館もアクアスも葛西臨海水族園も影も形もありませんでした。現存最古の水族館は,富山県の魚津水族館(1913年設立)とのことですが,あそこは,建て替えをしているので,玉野海洋博物館が最古級と言っても良いでしょう。えっへん。

hmm
国道430号線を玉野市から倉敷市児島へ向かうと,渋川海岸に出ます。ダイヤモンド瀬戸内マリンホテルに入る信号のところで左折するとすぐです。昭和28年(1953年),昭和天皇・皇后両陛下の御行幸を記念して建てられた実物そのままの灯台模型が目印となっています。

車で行く場合は,海開きから8月中は,駐車料金(¥1000。水族館の¥250割引券付き。渋川海岸には,海水浴客がたくさん来ます。最上稲荷の駐車場がお正月の間は有料になるのと同じですね。)がかかりますが,それ以外のシーズンは,そこらへんに適当に置いて構わないそうで,無料です。

hmm
館内全景。入館料は,大人¥500,小人(中学生含む)¥250です。ちっさいけど,入館料が大手の1/5ほどの料金じゃけーなー。屋外には,ウミガメや海獣の展示やふれあいタイドプール,碇や捕鯨用の装備などの船舶関連の展示があります。

hmm
ウミガメがいます。五六式が幼稚園児だった頃,高松市から連絡船に乗って遠足でここに来ました。さすがにその頃のカメさんは生きとるまいが・・・。噛む力が強いので決して手で触れないようにと注意されたことを覚えています。

hmm
三井造船玉野製の水中ロボット。館内には地元の三井造船玉野の協力で連絡船やタンカーなどの様々な船舶の模型も展示されています。ここは,純粋の水族館ではなく,海洋博物館ですから,魚介類や海獣以外の展示もあるのです。

最近まで,ペンギンもいましたが,ひとりぼっちになったので岡山市の池田動物園の仲間の元に旅立っていきました。

hmm
館内の魚介類の展示。うちの娘が小さかった頃に一度リニューアルしています。

hmm
しっかり流行りのダイオウグソクムシが展示されています。クリオネがいるときもありますが,長生きしないので常設展示にはなっていません。

hmm
ハタタテハゼ。数ある展示の中でこの子たちが一番可愛かったです。

hmm
圧巻の貝殻の標本の展示。この写真の視点の背中側にも標本が展示されています。この展示に関しては,そこいらの大手水族館に決して負けていません。

hmm
ツチクジラの骨格標本。幼稚園の遠足で来た時にもあったような気が・・・。

hmm
水族館を出ると,遠くに瀬戸大橋の絶景が・・・。これも,玉野市立玉野海洋博物館の魅力かな。
posted by 五六式 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2017年12月30日

玉4丁目から環境防災林へ TNG-001


SHINAI TREK TamaNo challenGe

玉野,そこは最後のフロンティア。これは,定年に達したあるおっさんが,年寄りの冷や水にもかかわらず,21世紀において任務を続行し,未知の 世界を探索して,人類未踏の玉野を勇敢に逍遥した物語で ある。

玉野市に住んで30年以上になりますが,高松市で働いていたので地元のことはさっぱり分かりませんでした。というわけで体重を減らすのにも良いのであちこち歩いて回っています。今回は,玉4丁目から環境防災林に入って電波塔へ至る道を歩いてきました。三井生協本部店から片道数kmの道のりです。登り口は,生協から玉姫神社に向かう道を右手に黄色い外壁のお店が見えるところで左折,そのまま進んで,国道430号線を横断して,更に直進すると山道に入ります。山道とは言ってもかなり高いところまで人家がありますし,道も舗装されています。

玉野市では,イノシシが増えている(人口よりも多いという話も)のであまり山道に入るのはお勧めできませんが,真昼間の自動車が通れる道ならそうそう出くわすこともないだろうし,山から降りてくる人もいたので登ってみることにしました。

「イノシシを目撃した場合は、事故防止のため玉野警察署(32-0110)か農林水産課(32-5535)まで通報してください。」ですと。ホントに気をつけてくださいね。

bsr

道の途中に,金刀比羅宮金刀比羅宮の分社があります。更に進むと,上の写真のような案内板があって近くに広場もありますが,かなり荒れ果てている印象です。そのちょっと先に鎖が渡してあって一般車が入れないようにしてありますが,徒歩だとなんの障害もありません。

bsr

王子が岳と同じような巨石がたくさん見られます。というか,地質的には,王子が岳と同じなのでしょう。

bsr

しばらく進むと,電波塔があります。舗装がきちんとしているのは,ここまでです。

bsr

その先は,舗装が荒れていて普通の車で走ると底をこすってしまいます。100mも行かないうちに2本目,3本目の電波塔のあるところに着きます。この先にも進めるのですが,更に道が荒れていてちょっと嫌な感じです。ずっと前に来た時は,ここまで荒れていなかったのに・・・。ここで,お昼ご飯前だったので引き返しました。

bsr

最初の電波塔のそばにある脇道を行くとすぐに巨石のあるところに出られます。そこから玉野市の中心部を眺めることができます。イノシシがおらんかったらここでお弁当を食べるのも良いかもしれません。

玉野市の眺望を楽しんだ後,帰路につきます。脇道はいくらかありますが,閉鎖されています。その一つに,大きな,イノシシを獲る罠が設置されていました。良い子の皆さんは,中に入って遊んじゃだめですョ。とにかく,冒険はせずに素直に帰ることをお勧めします。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2017年09月16日

さざなみが来ました

所用でフェリーに乗って高松に行った時に,ふと宇野港の方を振り返ると・・・

sazanami
軍艦が入港していました。この艦船は,海上自衛隊の護衛艦さざなみです。

さざなみは,海上自衛隊のたかなみ型護衛艦の4番艦(2003年進水)です。
基準排水量4650t。対潜ヘリコプターSH-60JまたはSH-60Kを1〜2機を搭載。
兵装は,54口径127mm単装速射砲 × 1門 CIWS× 2基 VLS× 32セルなど・・・この人とは喧嘩したくないですな・・・。

sazanami
昼間,一般の人に乗船公開していましたが,五六式が宇野港に帰ったのは18時過ぎになっていたので乗船はかないませんでした・・・残念・・・。また,17日も台風接近のため,公開が中止になってしまいました。重ね重ね残念でした。
posted by 五六式 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2017年07月24日

内尾和正 心描画展 奇譚しるべ

合唱団の練習のために玉野市立図書館・中央公民館に行ったら,イラスト展をやっていました。

uto

内尾和正氏は,地元玉野市出身でエアブラシでファンタジー系の細密イラストを描く人で"ファイナルファンタジー"や"神撃のバハムート"などの背景やモンスターのイラストでよく知られている人だそうです。五六式は,最近,ゲームから遠ざかっているのでよく知らなかったのですが,その名は,海外にも知れ渡っているそうです。

今回の展示会では,玉野市や直島町の小学生や幼稚園児たちの描いた夢の生き物をリアルイラストにしたものが多数展示されています。また,動物単独のイラスト以外にも異世界を題材にした作品もあり,それらには,水墨画や盆栽,東洋の龍のテイストが感じられます。

入場料は,無料で月替わりで展示内容を変えながら9月30日まで開催しているので近在の方で興味を持たれた方は,観に行ってみてはどうでしょうか?

イラストレーターといえば,寺田克也氏も玉野市出身とか・・・結構,玉野市ってすごい・・・。
posted by 五六式 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2017年05月19日

日本丸来たよ1!

明日より,明後日まで岡山県玉野市にて"第21回 たまの・港フェスティバル 2017"が開催されます。

今回は,練習船日本丸が来航,5/20日(土)13時よりセイルドリル,5/21日(日)には乗船体験ができます。

nip

日本丸自体は,数日前にやって来ていて,人出が少ないうちにその優雅な姿を撮影することができました。

明日からは,フリーマーケットや物産展など楽しい催し物もありますので近隣の方はぜひ玉野市までお越しください。
posted by 五六式 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2017年05月01日

玉野市立図書館・中央公民館 開館

本来は,4月中に(日本語入力ソフトウェア "ことえり"の"ちゅうに"の変換の第一選択肢は,"厨二"でした。こんなことをして日本人が喜ぶと思ったのか・・・APPLEの人,はっきり言ってアホです・・・怒!!・・・。)紹介するべきでしたが,この4月から,玉野市の市立図書館と中央公民館がショッピングセンター"メルカ"の2階に移転しました。

kmh
メルカが新装開店!!

kmh
フードコートだったところに携帯のお店が移転。

kmh
入り口

家賃が高くて地元のお店に逃げられた天満屋と,図書館・中央公民館の引っ越し先を探していた玉野市の利害が一致したという・・・涙・・・。

kmh
本,少な!!

綺麗だけれどね。

移転前の図書館で古い本を大量にお持ち帰りできるようにして処分していました。が,微妙な本が多くて,五六式が欲しい本はありませんでした。

kmh
雑誌少な!!

すっきりしていて本が探しやすいって言うんだよ。

あまりたくさん雑誌を置いておくと,毎号買わなくてはいけないので予算を食うし,管理も大変なので当然と言えば当然でしょう。何が求められているかという目利きがある人に管理して欲しいですね。

kmh
お隣には,おしゃれなカフェ(本や雑貨も置いています。)もあって楽しいです。

瀬戸内国際芸術祭の効果がじわじわ出てきて,港の周りに新店の開店が相次いでいると言います。今回の"メルカ"の新装開店,玉野市立図書館・中央公民館の開館と併せて,玉野市民の「買い物に行くなら岡山市か倉敷市へ」という流れが少しでも変わって,玉野市振興のきっかけとなるといいですね。

後、田舎ですから駐車料金は無料です。近隣の方も足を運んでくれるといいなぁと思っています。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2017年01月15日

八十八家の新作

タマオちゃんを注射のために連れて行ったとき,帰り道で玉野市荘内(長尾)の八十八家さんに寄りました。

ケージの中でしょんぼりしているタマオちゃんを残してお土産にと手作り豚まんを買いに行ったHDSED
たち・・・鬼か?・・・。

tm

で,目に入ったのが新作の鶏の具が入った新作のおまんじゅうです。何でも大山の麓で育った鶏とか・・・。ほかのおまんじゅうよりちょっとだけ高かった(¥250→¥300)のですが,試しに買ってみました。

わずかにオレンジ色がかかったおまんじゅうの味は・・・

皮の部分は、ほんのり甘く,鶏肉を使ったあんは,胡椒が僅かに利いていて,お肉の部分がとろけるように柔らかかったです・・・うまうま・・・。個人的には,も少し噛み応えがあるのもよいのではないかと思いますが。

これで,八十八家さんのおまんじゅうは,白,赤,黒,茶,緑,黄,カレー,オレンジと8種類になりました。日替わりで1週間食べ続けてもまだ余るとは・・・!!
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2014年11月01日

玉野4コママンガ祭り TY-007

第4回玉野4コママンガ祭りが明日,11月2日(日)10:00〜16:00まで玉野市文化会館バウハウス(玉野市築港旧中国銀行宇野支店)で開催されています。(入場無料)

tmnn

日本各地の新聞で掲載されている4コマまんがのパネル展示と市民が投稿した4コママンガの展示がメインです。地元玉野市出身のいしいひさいち氏の"ののちゃん"や東海林さだお氏の"アサッテ君"のようなメジャーなものから地方紙のローカルな作品まで多数パネルが展示されています。

こうして見比べてみると,いしい氏の描く女性って,結構美女なんですねぇ。それと、"ののちゃん"には、藤原先生というちょっと残念な先生が登場しますが,玉野市には,藤原という名前の先生がたくさんいるそうです。(藤原姓が多い地域らしいです)

tmnn

お向かいには,常設のいしいひさいち氏の"ののちゃん"のパネルなどを展示し、ののちゃんグッズの販売もしている"ののちゃんち"があるので併せて覗いてみてはいかがでしょうか?

tmnn

おみやげにカレンダーも貰っちゃいました(先着順)。

tmnn 全高67m

"ののちゃん"の舞台である"たまのの市"は,実在の玉野市をモチーフにしていて造船所やフェリー乗り場,海水浴場や学校などの設定は,ほぼ,玉野市のまま(電車は,廃止されています。)です。周辺のものについても同様で桶山市→岡山市,往生ヶ岳→王子が岳となっています。

tmnn 基部を見ると巨大さが分かる。

お化け煙突(旧宇野発電所)も実在します。残念ながら,周辺の施設は,廃棄され,更地になっています。よってこの煙突の命も風前の灯かも・・・。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2014年08月15日

広松のデミカツ丼 TY-006

うちの奥さんが女子会で栃木まで旅行に行っています。残された家族は,寂しくてめそめそ・・・なんてことはなくて,何かお楽しみが必要,と言うことでお昼は外食にしました。

今回,おじゃましたのは,中華そば専門店 広松岡南店です。

玉野市から国道30号線で岡山までいく時,玉野市の外れ近くの道路の反対側にあるのでいつも目についていたのですが,お出かけの時は,お昼前だし,帰って来る頃には夕食をとった後ということが多く,いつもスルーしていました。それに加えて,玉野に引っ越しをしていたときにはなかった中央分離帯が邪魔をして反対車線側のお店に入るのはおっくうな感じ。中央分離帯があると,確かに事故は減るでしょうが,沿線にあるお店は大変,30号線沿いのお店はよく潰れています。

hiro
岡南店・・・でも,玉野市。他に東古松店,南輝店があります。

そんな中で潰れずに長い間続いているのがこのラーメン屋さんです。娘曰く,「長い間潰れていないのだからおいしいに違いない・・・。」・・・そりゃ,そーじゃ。

hiro 中華そば+卵

中華そばは,醤油味ですが,スープは濃厚。隠し味に蜂蜜が入っているという話も聞きますが,もろみっぽい味も感じられました。おもしろいのは,そばが半玉ふえるごとに¥100ずつ追加になるところ

大(+半玉)¥100 大大(+1玉)¥200 大大大(+1玉半)¥300・・・  (・・・ですと。限界はないの?)

カツ丼定食のカツ丼は,下の写真の通り,卵とじでもなく,カレーでもなく,ましてミソカツでもなく,デミカツ丼。"秘密のケンミンSHOW"で紹介されたりしたくらいだから,他県ではデミカツ丼なんか作らんのじゃろーなー。HDSEDは,ずいぶん昔,香川から亡命する前に玉野市の宇野港にあったグリル岡田というお店で知らずに注文して初めて食べて以来,幸運にもおいしいデミカツ丼によく当たるので抵抗がありませんが,岡山県人以外には,何これ?って思われるかもしれません。

デミカツ丼は,ソースの味加減が難しくて,下手をすると,甘みに嫌気がさして途中で食べられなくなってしまいますが,ここのデミカツ丼は,そういうことがありません。キャベツの千切りがご飯の上に乗っていないのもHDSED的には正解です。"秘密のケンミンSHOW"で他店を差し置いてここが紹介されている・・・ということは,岡山一?ということは,日本一?ということは,世界一?

hiro カツ丼定食

なお,今年の4月からの消費税引き上げに伴ってか,ネット上の他のサイトで紹介されている料金よりも若干値上げされています。・・・消費税が更に上がるとこの記事の情報も・・・

<2014年8月の時点でのお品書き>

中華そば¥690 +卵¥100

カツ丼定食¥850/ 中華そば+ミニカツ丼¥1000
posted by 五六式 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2013年05月18日

たまの・港フェスティバル 2013 ご案内 TY-005

本日から明日まで玉野市の宇野港で"たまの・港フェスティバル"が開催されます。

で,今回の目玉の1つが,世界でも有数の高速帆船日本丸(日本丸II世。1984年就航の2代目になっています。)です。昨日,通勤のときに宇野港に浮かんでいたので,そのときと帰りとで写真を撮ってきました。

tam001.jpg

姉妹船の海王丸との識別ポイントはフィギュアヘッドです。こちらは,手を合わせていますが,海王丸の方は横笛を吹いています。

19日には,一般公開もあります。

5月18日(土)
入港歓迎式:12:00〜
セイルドリル:13:00〜16:00

5月19日(日)
一般公開
09:00〜11:30(11:00受付締切)
13:00〜16:00(15:30受付締切)

tam002.jpg

他にも,朝日新聞で連載中のいしいひさいち氏の4コママンガ"ののちゃん"のイベントなどもあります。

詳しくは,たまの・港フェスティバルのサイトを参照してください。

後,瀬戸内国際芸術祭2013は,7月20日の夏の部までお休み状態ですが,玉野市では,何点かの展示が続いています。

st001.jpg

写真は,アラーキーこと,荒木 経惟(あらき のぶよし )氏の作になる巨大写真パネルです。地元商店のビルに複数設置されていて,夜間は,ライトアップされています。夜間に見る方が不気味で味わいがありますよ〜。

なお,JR四国は,これらの作品を車体にラッピングした「アラーキー列車」を11月4日まで香川県内の予讃線や土讃線の快速列車などで運行しています。
posted by 五六式 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2013年03月16日

玉野市長尾 八十八家 TY-004

お彼岸も近いので母親と一緒にお墓参りに行った帰りに玉野市長尾のラーメン屋,八十八家(はちじゅうはちや)に寄りました。

88

チャーハン付きとか,豚まん付きとか,お得なセットメニュー(¥800)もあるのですが,今回は,敢えて担々麺(赤)(¥850)にチャレンジしてみました。ここの担々麺には,赤と白があります。麺は,細めで赤は,ピリ辛,白は,そこそこです。正直,ピリ辛は少しきつかったですが,食べ終わる頃には慣れました。ちんげん菜の大きなのがどかっと入っていて,黒胡麻がふってあるのが嬉しい一品です。

88

八十八家と言えば,地元では色とりどりの肉まん(各¥220)が有名です。普通の豚まんカレーまんに加え,黒(豚角煮),緑(ハムとチーズ)などバリエーションの多さが自慢です。HDSED的には敢えて1つと言えば,黒かなぁ・・・。

88 今回,おみやげにしたのは,茶(みそ味のお肉とキャベツ)

八十八家の両隣は,お菓子屋さんのなかやとパン屋さんのジャムです。

88

ジャムでパンも買ってきたのですが,写真を撮る前に食べてしまいました・・・残念・・・。
posted by 五六式 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2012年09月22日

海カフェ SETO NO KAZE TY-003

残念!! 2013年3月をもって閉店してしまいました。

お彼岸のお墓参りの帰りに家族で外食をすることになりました。

目指すは,最近,一部で評判になっている玉野市のカフェ。

JR備前田井駅から東にずっと走って行くと,出崎海水浴場の手前,玉野市後閑地区に入ります。その道沿いに数軒のカフェが点在していて,今回,お昼をいただいたのは,その中の一軒,"海カフェ SETO NO KAZE"です。もともとは,カレーのお店だったようですが,現在は,普通のランチもパスタも食べられるので客層が広がったかな・・・。偶然,奥さんと共通の知り合いに出くわしたのにはびっくり・・・。

車は,海岸沿いの通りでなく,そこから1本奥の住宅街の中の道に入ったところに停めます。お店の入り口もそちら側にあります。(写真を参照)

seto 入り口は,地中海風?

お昼(11:0015:00)は,ランチメニューが3種類。ウィーク・ランチとパスタ・ランチ,カレー・ランチです。

基本は,ランチ+サラダで¥760,それに,ドリンクをつけて,スープをつけて,デザートをつけてと少しずつ追加して行けます。それにしても,目一杯オプションをつけても¥1200代とはリーズナブルではありませんか。

seto テラスでも食べられます。

インテリアは,このとおり。ゆったりとテーブルが配置されており,壁には小さい額がかかっています。そして,窓から瀬戸内海の景色が楽しめる・・・と。

ラックにおいてある本は,安易に女性週刊誌等ではなく,岡山近辺のドライブガイドとか工場の写真集とか洒落ています。

seto ご飯は多めにしてもらいました。

HDSEDは,何の躊躇もなく,カレー・ランチをたのみました,(減量のため家ではカレーを作ってくれないのです。・・・涙・・・)ご飯は,少なめ,普通,多めの3段階で選択します。

SETO NO KAZEは,もともとシーフードカレーが主力だったところだからか,今回のカレーは,ジャガイモと貝柱(小柱)入りのものでした。カレーは,口がひりひりするようなスパイシーなものではありません。ご飯なしでも食べられるぐらいの辛さです。また,ルーは,既成の何かではなく,小麦をバターで炒めるところからを作っているようです。ご飯も粒が立っていてカレーによく合っていました。・・・おいしゅうございました。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2012年07月08日

うどん館 TY-002

うちの奥さんと娘が倉敷のアウトレット・モールにでかけてしまったので,お昼は母親と一緒に外食ということになりました。

あまり遠くに行くと,時間ばかり消費してしまうので,今回は,市内でどこかよいところへ・・・地域振興にもなるしね・・・お昼からラーメンはHEAVYかもしれないということで,宇野線の田井駅から近い"うどん館"に行きました。

tmn003.jpg 喫茶店みたい・・・店名が分かる看板はありません。

ちょっと前に,玉野市にもうどんのチェーン店◯亀製麺(う〜ん・・・伏せ字になっとらん・・・讃岐の国から亡命して来たHDSEDが言うのも何だけれど,丸◯製麺のうどんは,あくまで讃岐うどんに近いうどんだからね。)が来て,地元のうどん屋さんも苦しい状態になりましたが,ここは,駐車場もかなり埋まっているし,お客さんが戻って来ているみたいです。やはり,分かる人には分かるのか・・・

メニューは,スタンダードなかけうどんにざるうどん,山かけうどんなど。うどんは,注文を受けてからゆがきます。

tmn003.jpg うどん定食¥680

うどんは,細く,どちらかと言えば,讃岐うどん的なこしよりもつるつる感の方を重視しているみたいです。讃岐うどんブームでチェーン店がいろいろできている中でおのれの道を行く志やよし。

写真のうどん定食は,かけうどんかぶっかけうどんを選択し,おかずは,日替わりとなっています。(別の日に来たときにはコロッケがついてました)量も結構あり,男の人でも物足りないと感じることはないでしょう。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2012年04月26日

玉野ナンバー TY-001

最近,玉野市では原動機付自転車と小型自動二輪のナンバーのデザインを変更しました。

tmnふるさとたまの!ののちゃんの街 いしいひさいち

朝日新聞で連載中の"ののちゃん"をあしらったもので玉野市限定ナンバーです。

写真では分かりにくいですが,下の方にお魚も泳いでいます。

さぁ,みんな!!玉野市に移住して原付に乗ろう!!・・・てなわけにはいかんか・・・

うちのセローも250ccだからののチャンナンバーにできんし・・・残念・・・

モトラの程度のいいのがどっかに出とらんかな〜・・・

※作者のいしいひさいちさんは,岡山県玉野市出身だということで"ののちゃん"の住んでいる"たまのの市"もどことなく市電が走っていたころの玉野市に似ています。

後,ののちゃんの担任の先生は,藤原先生と言いますが,実は,本当に玉野市には藤原先生がたくさんいるんですよ。
posted by 五六式 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興