2014年08月15日

広松のデミカツ丼 TY-006

うちの奥さんが女子会で栃木まで旅行に行っています。残された家族は,寂しくてめそめそ・・・なんてことはなくて,何かお楽しみが必要,と言うことでお昼は外食にしました。

今回,おじゃましたのは,中華そば専門店 広松岡南店です。

玉野市から国道30号線で岡山までいく時,玉野市の外れ近くの道路の反対側にあるのでいつも目についていたのですが,お出かけの時は,お昼前だし,帰って来る頃には夕食をとった後ということが多く,いつもスルーしていました。それに加えて,玉野に引っ越しをしていたときにはなかった中央分離帯が邪魔をして反対車線側のお店に入るのはおっくうな感じ。中央分離帯があると,確かに事故は減るでしょうが,沿線にあるお店は大変,30号線沿いのお店はよく潰れています。

hiro
岡南店・・・でも,玉野市。他に東古松店,南輝店があります。

そんな中で潰れずに長い間続いているのがこのラーメン屋さんです。娘曰く,「長い間潰れていないのだからおいしいに違いない・・・。」・・・そりゃ,そーじゃ。

hiro 中華そば+卵

中華そばは,醤油味ですが,スープは濃厚。隠し味に蜂蜜が入っているという話も聞きますが,もろみっぽい味も感じられました。おもしろいのは,そばが半玉ふえるごとに¥100ずつ追加になるところ

大(+半玉)¥100 大大(+1玉)¥200 大大大(+1玉半)¥300・・・  (・・・ですと。限界はないの?)

カツ丼定食のカツ丼は,下の写真の通り,卵とじでもなく,カレーでもなく,ましてミソカツでもなく,デミカツ丼。"秘密のケンミンSHOW"で紹介されたりしたくらいだから,他県ではデミカツ丼なんか作らんのじゃろーなー。五六式は,ずいぶん昔,香川から亡命する前に玉野市の宇野港にあったグリル岡田というお店で知らずに注文して初めて食べて以来,幸運にもおいしいデミカツ丼によく当たるので抵抗がありませんが,岡山県人以外には,何これ?って思われるかもしれません。

デミカツ丼は,ソースの味加減が難しくて,下手をすると,甘みに嫌気がさして途中で食べられなくなってしまいますが,ここのデミカツ丼は,そういうことがありません。キャベツの千切りがご飯の上に乗っていないのも五六式的には正解です。"秘密のケンミンSHOW"で他店を差し置いてここが紹介されている・・・ということは,岡山一?ということは,日本一?ということは,世界一?

hiro カツ丼定食

なお,今年の4月からの消費税引き上げに伴ってか,ネット上の他のサイトで紹介されている料金よりも若干値上げされています。・・・消費税が更に上がるとこの記事の情報も・・・

<2014年8月の時点でのお品書き>

中華そば¥690 +卵¥100

カツ丼定食¥850/ 中華そば+ミニカツ丼¥1000
posted by 五六式 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2013年05月18日

たまの・港フェスティバル 2013 ご案内 TY-005

本日から明日まで玉野市の宇野港で"たまの・港フェスティバル"が開催されます。

で,今回の目玉の1つが,世界でも有数の高速帆船日本丸(日本丸II世。1984年就航の2代目になっています。)です。昨日,通勤のときに宇野港に浮かんでいたので,そのときと帰りとで写真を撮ってきました。

tam001.jpg

姉妹船の海王丸との識別ポイントはフィギュアヘッドです。こちらは,手を合わせていますが,海王丸の方は横笛を吹いています。

19日には,一般公開もあります。

5月18日(土)
入港歓迎式:12:00〜
セイルドリル:13:00〜16:00

5月19日(日)
一般公開
09:00〜11:30(11:00受付締切)
13:00〜16:00(15:30受付締切)

tam002.jpg

他にも,朝日新聞で連載中のいしいひさいち氏の4コママンガ"ののちゃん"のイベントなどもあります。

詳しくは,たまの・港フェスティバルのサイトを参照してください。

後,瀬戸内国際芸術祭2013は,7月20日の夏の部までお休み状態ですが,玉野市では,何点かの展示が続いています。

st001.jpg

写真は,アラーキーこと,荒木 経惟(あらき のぶよし )氏の作になる巨大写真パネルです。地元商店のビルに複数設置されていて,夜間は,ライトアップされています。夜間に見る方が不気味で味わいがありますよ〜。

なお,JR四国は,これらの作品を車体にラッピングした「アラーキー列車」を11月4日まで香川県内の予讃線や土讃線の快速列車などで運行しています。
posted by 五六式 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2013年03月16日

玉野市長尾 八十八家 TY-004

お彼岸も近いので母親と一緒にお墓参りに行った帰りに玉野市長尾のラーメン屋,八十八家(はちじゅうはちや)に寄りました。

88

チャーハン付きとか,豚まん付きとか,お得なセットメニュー(¥800)もあるのですが,今回は,敢えて担々麺(赤)(¥850)にチャレンジしてみました。ここの担々麺には,赤と白があります。麺は,細めで赤は,ピリ辛,白は,そこそこです。正直,ピリ辛は少しきつかったですが,食べ終わる頃には慣れました。ちんげん菜の大きなのがどかっと入っていて,黒胡麻がふってあるのが嬉しい一品です。

88

八十八家と言えば,地元では色とりどりの肉まん(各¥220)が有名です。普通の豚まんカレーまんに加え,黒(豚角煮),緑(ハムとチーズ)などバリエーションの多さが自慢です。五六式的には敢えて1つと言えば,黒かなぁ・・・。

88 
今回,おみやげにしたのは,茶(みそ味のお肉とキャベツ)

八十八家の両隣は,お菓子屋さんのなかやとパン屋さんのジャムです。

88

ジャムでパンも買ってきたのですが,写真を撮る前に食べてしまいました・・・残念・・・。
posted by 五六式 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2012年09月22日

海カフェ SETO NO KAZE TY-003   ※閉店しています。

残念!! 2013年3月をもって閉店してしまいました。

お彼岸のお墓参りの帰りに家族で外食をすることになりました。

目指すは,最近,一部で評判になっている玉野市のカフェ。

JR備前田井駅から東にずっと走って行くと,出崎海水浴場の手前,玉野市後閑地区に入ります。その道沿いに数軒のカフェが点在していて,今回,お昼をいただいたのは,その中の一軒,"海カフェ SETO NO KAZE"です。もともとは,カレーのお店だったようですが,現在は,普通のランチもパスタも食べられるので客層が広がったかな・・・。偶然,奥さんと共通の知り合いに出くわしたのにはびっくり・・・。

車は,海岸沿いの通りでなく,そこから1本奥の住宅街の中の道に入ったところに停めます。お店の入り口もそちら側にあります。(写真を参照)

seto
入り口は,地中海風?

お昼(11:0015:00)は,ランチメニューが3種類。ウィーク・ランチとパスタ・ランチ,カレー・ランチです。

基本は,ランチ+サラダで¥760,それに,ドリンクをつけて,スープをつけて,デザートをつけてと少しずつ追加して行けます。それにしても,目一杯オプションをつけても¥1200代とはリーズナブルではありませんか。

seto
テラスでも食べられます。

インテリアは,このとおり。ゆったりとテーブルが配置されており,壁には小さい額がかかっています。そして,窓から瀬戸内海の景色が楽しめる・・・と。

ラックにおいてある本は,安易に女性週刊誌等ではなく,岡山近辺のドライブガイドとか工場の写真集とか洒落ています。

seto
ご飯は多めにしてもらいました。

五六式は,何の躊躇もなく,カレー・ランチをたのみました,(減量のため家ではカレーを作ってくれないのです。・・・涙・・・)ご飯は,少なめ,普通,多めの3段階で選択します。

SETO NO KAZEは,もともとシーフードカレーが主力だったところだからか,今回のカレーは,ジャガイモと貝柱(小柱)入りのものでした。カレーは,口がひりひりするようなスパイシーなものではありません。ご飯なしでも食べられるぐらいの辛さです。また,ルーは,既成の何かではなく,小麦をバターで炒めるところからを作っているようです。ご飯も粒が立っていてカレーによく合っていました。・・・おいしゅうございました。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2012年07月08日

うどん館 TY-002

うちの奥さんと娘が倉敷のアウトレット・モールにでかけてしまったので,お昼は母親と一緒に外食ということになりました。

あまり遠くに行くと,時間ばかり消費してしまうので,今回は,市内でどこかよいところへ・・・地域振興にもなるしね・・・お昼からラーメンはHEAVYかもしれないということで,宇野線の田井駅から近い"うどん館"に行きました。

tmn003.jpg
喫茶店みたい・・・店名が分かる看板はありません。

ちょっと前に,玉野市にもうどんのチェーン店◯亀製麺(う〜ん・・・伏せ字になっとらん・・・讃岐の国から亡命して来た五六式が言うのも何だけれど,丸◯製麺のうどんは,あくまで讃岐うどんに近いうどんだからね。)が来て,地元のうどん屋さんも苦しい状態になりましたが,ここは,駐車場もかなり埋まっているし,お客さんが戻って来ているみたいです。やはり,分かる人には分かるのか・・・

メニューは,スタンダードなかけうどんにざるうどん,山かけうどんなど。うどんは,注文を受けてからゆがきます。

tmn003.jpg
うどん定食¥680

うどんは,細く,どちらかと言えば,讃岐うどん的なこしよりもつるつる感の方を重視しているみたいです。讃岐うどんブームでチェーン店がいろいろできている中でおのれの道を行く志やよし。

写真のうどん定食は,かけうどんかぶっかけうどんを選択し,おかずは,日替わりとなっています。(別の日に来たときにはコロッケがついてました)量も結構あり,男の人でも物足りないと感じることはないでしょう。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興

2012年04月26日

玉野ナンバー TY-001

最近,玉野市では原動機付自転車と小型自動二輪のナンバーのデザインを変更しました。

tmnふるさとたまの!ののちゃんの街 いしいひさいち

朝日新聞で連載中の"ののちゃん"をあしらったもので玉野市限定ナンバーです。

写真では分かりにくいですが,下の方にお魚も泳いでいます。

さぁ,みんな!!玉野市に移住して原付に乗ろう!!・・・てなわけにはいかんか・・・

うちのセローも250ccだからののチャンナンバーにできんし・・・残念・・・

モトラの程度のいいのがどっかに出とらんかな〜・・・

※作者のいしいひさいちさんは,岡山県玉野市出身だということで"ののちゃん"の住んでいる"たまのの市"もどことなく市電が走っていたころの玉野市に似ています。

後,ののちゃんの担任の先生は,藤原先生と言いますが,実は,本当に玉野市には藤原先生がたくさんいるんですよ。
posted by 五六式 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域振興