2017年09月25日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-014

口内の塗装が終わりました。"異世界食堂"も,終わってしまいましたけれど・・・アレッタさん可愛い・・・。

ベムラーの舌とテレスドンの口内の塗装には新技法を使っています。とは言っても,外から見ても効果はあまり分かりません。作った自分しか分からないのもなんだかな・・・。まぁ,製作者の特権ということで。

sv
全員アルビノってことで完成!!

というのは・・・よく・・・ないわな・・・。

これより以降,ベムスター優先で仕上げていきます。同じ色を塗るとか,手が空いた時とかに他のを進めることはありますが。

sv ベムスター
歯は,もう少し白くした方がいいかな・・・。三体の中で一番塗り分けが多いので厄介です。

爪や角などを黄色く塗ることになっているのですが,真っ黄色にするとちょっとちゃちい感じになるかもしれないのでどうしようかな・・・。

sv テレスドン

欠けていた歯の再生で手間取っていましたが,塗り分けは,これが一番楽勝。顎の開閉は,組立図の指定と違う方式で実現しています。

sv ベムラー
頭部を接着すると,継ぎ目消しが大変。完成に一番遠い感じがします。仮組みの段階では問題がなかったのですが,安定が悪く,置き場によっては,前方へ倒れてしまいます。

子供の時に本放送を見たとき(当時のTVは,14型の白黒。カラーになったのは"ウルトラセブン"以降。)は,全身ダークグリーンだと思っていたのですが,資料を漁ってみると,ダークグレーでした。ちょっとアレンジを加えて見所を作ろうと思っています。
posted by 五六式 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2017年09月15日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-013

冷却期間を置いたのでぼちぼち作業が進みました。

sv
前の状態から表面の気泡を20箇所ほど埋めてサーフェイサーがけの後,ラッカー系の白で下塗りをしました。

ベムラーは,口内の塗装が済むまで待機です。

テレスドンの歯の部分にできていた気泡があまりにひどかったので,歯を2本新造して移植しました。

テレスドン:先生,歯が痛むんですが・・・。

歯医者:あっちゃ〜,虫歯,多いですねぇ・・・。奥の方の歯は,詰めもの(サーフェイサー)で何とかなるんですが,2本は,どうにもならないですね。抜きましょう!!
テレスドン:え?
歯医者:放っておくと,下顎の骨も溶けてしまいますよ。
テレスドン:え?そりゃ困る。何とかしてくださいよ。
歯医者:チクっとしますよ・・・。(嘘です。患者の承諾なしにいきなり抜いたりしません。)
テレスドン:え?
歯医者:麻酔が効いて来ましたか?これ,感じますか?では行きますよ〜
テレスドン:え?
グキッ!!
テレスドン:あがが・・・!!

テレスドン:歯が2本抜けると,なんだか間の抜けた顔に見えるな・・・。何とかなりませんか?
歯医者:インプラント行きましょう!!
テレスドン:え?

・・・というわけでどうにもならなかった歯を2本カッターで切り落としました。そして,歯を移植するべく下顎の歯茎の部分に穴を開けようとしたのですが,ソフビ製なのでしっかりした穴になりません。

そこで

1 思い切って穴を口内から顎まで貫通させる。
2 顎の方から瞬間接着剤を塗った歯(爪楊枝を加工したもの)を口内に向かって押し込む。
3 瞬間接着剤が固まったら,余分な部分を切り取る。
4 歯を押し込んだ後を整形する。

sv 
ドリルで穴を開け,貫通させる。

sv 
他の歯と同じくらいの高さになるまで顎の方から楊枝を差し込む。

という手順で歯を移植することにしました。荒技ですが,歯に大穴が開いたまま放置するよりましです。

sv sv
加工の跡は,分からないと思います。

ここでひとまず,部品の加工は一段落して次に口内の塗装に進みます。
posted by 五六式 at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2017年09月01日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-012

だいたい部品の加工が終わったので,3体とも形にしてサーフェイサーを吹きました。

sv

ベムスターは,延々と気泡を処理しています。

ベムラーは,口の中の塗装をしないと上顎を接着できません。その後,部品のつなぎ目を処理して下塗りに移ります。

テレスドンは,下顎の方に虫歯を発見。治療後,口の中を塗装します。

・・・と,ここまで来てつまらないミスが多発しました。根を詰めるとろくなことがありません。リフレッシュのため,1週間ほど放置することにしました。←はたして,1週間で済むのかな?
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2017年08月25日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-011

お湯通しをしたら,格段に組みやすくなったのでパカパカ瞬間接着剤で組んでみました。

sv
胴体の接合部は,曲者。自然に見えるようになるまで地道に処理を繰り返します。

sv
口が開いていないので,口内を塗装するとか,後から顎を取り付けて接合部を処理するとかいった面倒な作業が要りません♡

sv
尻尾は接合部の処理などで力がかかりやすいので両面テープで仮付けしただけです。もう少し作業が進んでから取り付けて接合部を処理します。

sv
テレスドンは,ここまで進んでいます。胴体の接合部をきちんと処理しておかないと手足の取り付けまで進めません。先に手足をつけると手が届かないところができそうなので日数がかかっても手足は後回しにします。上顎の内側の整形も面倒でくじけそう・・・。背中のトゲがなくなりかけて泣きそうになりました。(エポキシパテでちょろっとひねるだけで作れるんですけれどね。)

sv
ベムラーは,ここまで進んでいます。左右の手は,寸足らずで腕との接合部に段差ができます。右手で問題に気づいたので左手では裏技(バリを切り離さず腕に合わせて整形)を使って修正してあります。右手も,その応用(バリを挟んで同様に整形)で修正しました。頭部に付く二つのトサカは,芋付けで,しかも,接合部の形がちっとも合っていません。どないしよ・・・。

sv
一応,サーフェイサーを吹き付けました。一見,ましなようで全然よろしくありません。出来のいい完成品が溢れる中で敢えてキットを作る以上,大量生産品を凌ぐ丁寧な作りができるかどうかが作品の存在意義を左右します。というわけで,これから延々,接合部の処理と表面の気泡跡の処理をしていきます。
posted by 五六式 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2017年08月24日

ただいま進行中 海洋堂 1/350 ベムスターとか・・・ MD-010

倉庫に眠っていた海洋堂のソフビキットを掘り出してきて,表面の油分を抜くために数ヶ月ほど中性洗剤液に漬けて放置していたのですが,いい加減にしないといつまでも水に漬かったままになると思って作業を進めることにしました。

キットは,海洋堂がレジンキットをソフトビニールキットに置き換えて廉価(¥3500だったのが¥1940に!!)で発売していたころのもので(テレスドンのキットの箱に1992年の表記がありました。)レジンキットより安い,軽い,組み立てやすい,気泡が少ない(あくまでも少ないだけで皆無ではない)とモデラーにとってはありがたいものでした。

sv
歯ブラシでゴシゴシこすった後,水洗いをしました。その後,バリを切り取って整形しました。

sv
1/350 ベムスター(帰ってきたウルトラマン) 原型 外川 祐 部品点数 9

スペシウム光線さえ吸収し,帰ってきたウルトラマンをタコ殴りした強力な宇宙大怪獣です。

部品点数が一番少なく,楽勝,と思いきや,大変な難関が・・・。

部品の左右を取り違えないように,組んだ後見えなくなるところに「L」「R」と名前ペンで印をつけています。

他のキットは,組み立て説明書に原型師の名前が書いてあったのにこのキットには「外川 祐」のクレジットがありませんでした。外川 祐さんは,初期の海洋堂を支えた作家の一人だったのに何があったのでしょうか?現在は,京都で活躍中とのことです。

sv
1/350 テレスドン(ウルトラマン) 原型 原 詠人 部品点数 14
尻尾は,仮に差し込んでいます。背中のトゲが写っていない・・・。

地底人の地上侵略の尖兵として送り込まれた地底怪獣。凶暴な面構えだけれどお目目は,フランス人形のような碧眼。

可動部が二ヶ所設定されていますが,オミットしてしまう予定です。

前に記事にした1/250ガメラと同じ原型師さんの作です。

sv
1/350 ベムラー(ウルトラマン) 原型 原 詠人 部品点数 14

ウルトラマン第一話に登場。凶悪そうな外見だけれども,ウルトラマンに追われていたということは,もしかすると,知的レベルは同等なのかも・・・(その割に戦い方が野蛮)。

分割が多い分,接合部の処理が大変。造形そのものは,現在の目で見ても秀逸。傑作ではないかと思います。

sv
ベムスターは,本体が二分割されていますが,部品の変形のため,さっぱり合いません。散々調整してみたのですが,やっぱりあきまへん。「スペーサー入れようかなぁ。」「でも,調整が微妙だしぃ。」「後でスペーサーが外れて,模型の中でカラカラいっても治せんし・・・。」などと悩んでいましたが,ダメ元でお湯で温めることにしました。

すると、あっけないほど部品の合いが改善しました。お湯でゆがくのは,ソフビキットの製作の基本中の基本。基本は、大事ですね・・・遠い目・・・。なべに放り込んでお湯を沸騰させてぐらぐら煮込む・・・みたいなことを書いてある本もありましたが,そこまで温めなくてもOKです。江戸っ子爺さんが意地を張ってかろうじて浸かっている程度の温度でも効果があります。ただ,お湯は,冷めていくので80℃くらいのを用意するとか,多めにお湯を用意するとかマージンを稼いでおく必要はあると思います。また,言わずもがなではありますが,くれぐれも火傷をすることがないよう,ご注意ください。

sv
念のため,他のキットも湯通ししておきました。
posted by 五六式 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2016年06月26日

ただ今,進行中 海洋堂 1/250 ガメラ MD-008

gmr

爪と歯の塗装をするために下地の塗装をしました。

見た目は,前回と変わっていません。

本体塗装中に汚れた所をアクリル用シンナーで洗い流し,その上からラッカー系の白を塗ります。

ラッカー系は,乾燥が速いので思ったより作業が進みます。

でも,手足の爪が20本,上下の歯が22本あるので手間仕事です。

多少,むらができても放置してしっかり乾いてからリタッチします。

今日は,気温が高いので塗料の濃度に気を配らねばなりません。

溶剤がどんどん揮発して行きます。(戸外で塗ったので健康面では安心)

このままでも見られる感じですが,ひとひねりしたいのでもうひと手間かけます。

後,バルゴンを倉庫から発掘せにゃ・・・。
posted by 五六式 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2016年05月31日

ただ今,進行中 海洋堂 1/250 ガメラ MD-007

基本色の仕上げにかかります。

gmr
明灰緑色でドライブラシをかけていきます。これも,零戦の色なのでこころなしか馴染んでいるような・・・。

gmr
溶剤でごく薄く溶いた暗緑色でウォッシングをします。ドライブラシをしたときに必要以上に白くなったところもこの段階で補正が効きます。

gmr
ハイライトを入れるためにつや消しのバフ+白で気持ち,軽くドライブラシ。

gmr
落ち着いたら,つや消しのトップコートで艶を揃えます。このとき,口内は,つや消しになってはいけないのでティッシュを噛ませて艶を保ちます。

こうして写真を並べるとあまり変わらないような・・・。夕方に作業をしたので色味とか明るさとかが刻々と変化して,写真に撮るとちょっと実物とは違う色になっています。いやに鮮やかな青緑に見えるところは,本当は,ブラックグリーンです。手許にある実物は,もっといいんですよ。

※2〜4枚目は,写真を撮り直して6月2日に再投稿しました。

来週末に爪と牙を仕上げ,下顎を接着して継ぎ目を処理し,目の塗装,最終仕上げと進んで完成です。

完成するのかな・・・完成するかも・・・ちょっとは完成に近づくはず・・・ちっとも進まなかったらごめんなさい。
posted by 五六式 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2016年05月15日

ただ今,進行中 海洋堂 1/250 ガメラ MD-006

下塗りをして1週間,塗り残しがないかチェックして彩色に取りかかります。

このキット,海洋堂から再販されるそうです。五六式は,再販価格の半分以下で入手しましたが,これも時代の流れというべきでしょうか・・・あの頃は,お給料も今の半分以下だったような・・・涙・・・。

最近出版されたホビージャパンの怪獣モデルのムックに地獄塗りなる技法が紹介されていましたが,そんなものは無視してAFVモデルの塗装に近い方法で仕上げて行きます。

gamera
まずは,ドライブラシの要領でタミヤアクリルのスカイを乗せて行きます。でもこれは,ドライブラシであるというよりは,基本色の発色をよくするための下塗りとして施すものです。写真のガメラの甲羅の下半分がまだ下塗りのままになっています。

gamera
この作業が終わった時点でこうなります。

gamera
次に2〜3倍に薄めたタミヤアクリルの暗緑色(零戦の色ね)を重ねます。

しわの奥などにはあまり乗せないで前回塗った下地の影色を残し,立体感が出るようにします。写真の頭部の左半分(上の方ね)が未処理になっています。

gamera gamera
ビフォア・アフターです。

ビフォアの方がいいじゃん,と思われる方もいるかもしれませんが,それは,写真でだけの話です。コントラストがきつ過ぎて実物ではちょっと痛い感じになります。

gamera
今日は,これでお終い。彩色は,サーフェィサー,白,影色,スカイ,暗緑色とすでに5層となっています。

太陽光下で撮った写真と部屋で撮った写真とで色調が変わってしまいました。人間の目には両者の中間の感じで見えます。

今回は,3時間ほどかけて塗装し,スカイも暗緑色も1/2瓶使いました。結構消耗するものです。色調は落ち着きましたが,ちょっと模型としての華が減じたので墨入れやドライブラシを施して爪や歯,目の塗装と進み,仕上げをします。

・・・めんどくさいけれど,かなりの達成感が得られました。
posted by 五六式 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2016年05月09日

ただ今,進行中 海洋堂 1/250 ガメラ MD-005

またまた半年放置の後,下塗りをしました。

こうなると,再び制作に必要なものをかき集めるのが辛い・・・。

gamera

風邪を患ってしまい,ゴールデンウィーク中に完成させるチャンスを棒に振ってしまったHDSED。

気を取り直して下塗りです。いつものタミヤアクリルに頼らず,ラッカー系を多用しようと思ったのですが,思っただけで終わってしまいました。

gamera

まず,口内,白+クリアレッドです。このままにするのではなく,塗り重ねるので肌色っぽい色になったらぐだぐだ調色せずに塗ってしまいます。歯の色は,下塗りの白のラッカー系なのではみ出しても後でぬぐい去れるはず。

影色は,つや消し黒+零戦の色。緑系で暗ければOKです。とにかく色が入っていないところがないようにすればそれでよしです。爪の色は,下塗りの白のラッカー系なので・・・以下同文。

gamera

下塗り完了です。

この時点で,子どもの落書きレベルの完成度ですが,照明を入れたら何となく見られる写真になりました。このまま瞳を入れて爪を仕上げたら完成・・・なんてことあるはずない・・・よね。

もちろんです。
posted by 五六式 at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2015年11月03日

ただ今,進行中 海洋堂 1/250 ガメラ MD-004

前回から半年以上放置していました・・・汗・・・。

gamera

原因の一つはこれ。下顎から突き出るガメラのアイコンの一つともいえる一対の牙です。

・ソフビの板から突き出ている牙を切りだすのが面倒くさい。

・下顎の部品とどう見てもすっきりつながらない。

・下顎の部品と接着するとき,ぽろりととれそうなので金属線で軸打ちをしなければならない。

・下顎の部品は中空なのでエポキシパテを詰め込んでやらないと軸打ちをしても無駄。

・金属線は,どうしよう?←交換した後のギターの弦で代用。

・エポキシパテって臭いし,体に悪い・・・。

gamera

とにかく,一切を克服して何とかしました。後はきちんと成形して下地作りに踏み込むのみです。

gamera

あちこちのつなぎ目をタミヤのパテで補修した後の処理も面倒でしたが,今回,自分的には画期的な手法で処理し,工作時間を大幅に短縮することに成功しました!!(半年も放置しておいて)

普通の塗料用のラッカーシンナーを筆につけて余分なパテを溶かして取って行くというものです。

また,足裏の刻印も消したはずでしたが,パテのヒケで復活したのでこれも処理しました。半年放置した甲斐がありましたよ・・・。

あちこちを接着して部品は2個となりました。下顎については,まだまだ下地処理に辿り着くまで修正が必要です。

gamera

下顎は,口内の塗装の都合で接着しません。最後に瞬間接着剤をつけてぎゅっと密着させ,それでもできる隙間を処理した後,お化粧をし直します。
posted by 五六式 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2015年03月15日

ただ今,進行中 海洋堂 1/250 ガメラ MD-003

塗装の手順を考慮しつつ,組めるだけ部品を組んでみました。この時点で部品点数は6個です。

gam

歯や牙を塗り分けるのが面倒なので,口内は先に塗装してマスキング,ほぼ全体の塗装を終えておきます。下顎は,ほぼパテがいらないくらいに合わせ目を調整して接着,それでも気になる部分を修正して最終仕上げという手順で行こうと思っています。

gam

部品の合わせ目が目立たないように部品の分割が工夫されていますが,どうしてもキットのままでは合わせ目を完全に消せません。タミヤのプラモ用のパテやゼリー状瞬間接着剤で隙間を埋めて,耐水サンドペーパーでならす,サーフェイサーを塗って仕上げを確認するという作業を2〜3回繰り返します。

gam

旧ガメラはこの角度から見るのがしっくりきますね。下顎はまだついていませんが・・・。塗装に入るまでは,まだまだ試練が続く・・・。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2015年02月21日

ただ今,進行中 海洋堂 1/250 ガメラ MD-002

1月30日の続きです。1ヶ月近く放置されています。

正体は,海洋堂の1/250ガメラ。ソフビキットです。

gam

口をがばっと開けているので,顎の部品の取り付けと継ぎ目消し,塗装が面倒です。とは言うものの,同じようなややこしさを持ったキットを完成させているし,バンダイのインジェクションキット1/350ガメラも完成させてるので,完成のためのスキルは身につけているのですがね。

gam

仕事の方がここのところ,修羅場続きで通勤も辛いので心がついて行きません。がんばれ,自分!!
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ

2015年01月30日

ただ今,進行中 海洋堂 1/250 ガメラ MD-001

ガレージで眠っていた海洋堂のソフビキットを発掘しました。これが本当のガレージキット?

gm002.jpg このギザギザは?

組み立て中にヤになる工程があったので放っていたものです。

gm001.jpg 部品の合わせ目が2mmも開いていました。

ソフビキットだから,温めたり力を加えたりして部品の隙間をなくして接着しようとしていたのです。で,上手く行かず,途方に暮れてしまって放っておいたら,いつの間にか箱ごとガレージに・・・涙・・・。

今,手に取ってみたら,何のこともなくあっという間に問題が解決しました。隙間なんか開いていたっていいんです。隙間を強引にゼリー状瞬間接着剤とスーパー液で埋めて固めてしまいました。パテさえ必要ありませんでした。しわがあろうが,凸凹だろうが平気です。だって,生ものでしょ?・・・わははは・・・。

さんざん悩んだ自分って・・・?・・・虚しく過ぎていった年月って・・・?

今度の土日は,お仕事がらみで作業が進みませんが,来週からぼちぼち完成に向けて進行させていく予定です。
posted by 五六式 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | もでりんぐ