2010年01月01日

明けましておめでとうございます

ny01 王子が岳より瀬戸大橋を望む

明けましておめでとうございます。

昨年はいろいろ頓挫したプロジェクト(模型をたくさん完成させる・DTMを始めるなど)がありましたが,今年は少しでも前進するようがんばって行きたいと思っています。

タイトルの写真も新しくなり,我が家の営業部長タマオの最新画像となりました。今年もどうぞよろしくお願いします。

ny02 今年のごちそう。母上,ありがとうございます。
posted by 五六式 at 19:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月20日

瀬戸内混声合唱団 創立25周年記念演奏会 本日本番

本日,瀬戸内混声合唱団創立25周年記念演奏会に出ました。

国道430号線をひたすら西に進み,児島までバイクでひとっ走り・・・シャレにならない寒さです。

ところが,当日の舞台稽古で突然,のどが逝ってしまってさぁ大変。のどの奥がからからになって上手いこと歌えん!!・・・ぅぅぅ・・・昨日,ちょっとがんばりすぎたか・・・

3時の出番までの休憩時間中に回復をはかってひたすら体を温め,水分補給をしました。そして,本番に備えてドーピング(鼻炎の薬とのど飴を投与)。後は,歌い方に気をつけて(休憩すると,はじめの30分はイける状態になるので,イイ気になって飛ばさない)なんとか45分の第3ステージを乗りきることができました。

・・・ふぅ・・・

U先輩,誘ってくれてありがとうございます。次の機会があったら,もっとうまく演るのでまた連絡くださいね。
posted by 五六式 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月17日

浪人生活からの脱出

先日,娘の再就職が決まり,本日が出社初日でした。

岡山市内の会社なので通勤に1時間ほどかかりますが,本社勤務の事務職で正式採用だそうです。公務員であるHDSEDが言うのもなんですが,どんな職場か話を聞くと,まさに王道と言うか,普通の会社です。本当に"会社"しています。

これなら安心。やったね!!

「明けない夜はない」とはこのこと。現在,厳しい情勢の中,就職活動をしている若い人達も明日を信じてがんばってくださいね。
posted by 五六式 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月03日

新型機導入 RICHO CX1

我が家初のデジタルカメラとして長い間勤めてくれたRICHO R2がこのほど引退,後継機種として同社のCX1が導入されました。画素数とズーム倍率がいずれも1.5倍となり,露出が異なる2枚の静止画を高速で連続撮影して,それぞれの適正露出部分を合成した画像を記録,ダイナミックレンジを最大12EV相当まで拡大することによって,人の目で見た印象と近い画像の記録が可能というダイナミックレンジダブルショットモード搭載と言う優れものです。

CX-1-001

もっと安価なR10のブラウンもデザインと色がシャレていてよかったのですが,こちらでは店頭から無くなっていたので・・・。また,新型のCX2を導入するという選択肢もあったのですが,ズームレンズが28mm〜300mm(35mmカメラ相当)というのはいくらなんでも無理があると思ったのでこれもパス。

ここのところ忙しくて写真を撮る機械がないので肝心の画質云々のコメントができないのですが,画質向上のための様々な機能やコンパクトカメラからちょっと踏み出したいわゆる(フィルム時代の)カメラらしいデザインなどが気に入っています。

CX1は,よく使う撮影設定を2つプリセットできるので風景を撮影するものとBLOG用のものをセットしました。前者は,比較的高解像度で晴天時に空が白く飛ぶのを防ぐために露出補正をしたもの,後者は,低解像度でメモリーに負担をかけないものとなっています。

CX1のデザインはかっこいいのですが,カメラの正面側にとっかかりがあまりないのでややグリップが頼りなくなっています。しかし,この問題の解決のために,裏側の右手の親指が当たるところにゴムの小さなグリップがあります。何か苦しげな対応策ですが,意外に有効です。また,新型のCX2では,大きなゴムのグリップがついています。きっと,RICHOさんもCX1の経験もふまえて改良したのではないかと思います。

古〜いR2から後退したところも若干あります。

<電池は専用のものになった>
 もし,乾電池が使えたら,不意に電池が切れてもなんとか撮影を続けられます。
 カメラを小型化し続けたため,そのつけがこんなところに・・・。

<カーソルボタンが小さくなった>
 撮影条件が変わって設定変更をしたくても対応し難くなってしまっています。
 これも小型化したための弊害だと言えるでしょう。

 色々あるけれど,新型のこれからの活躍に期待!!
posted by 五六式 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月27日

AMAZONのマーケットプレイスに出品してみました。

五六式と娘が二重に購入してしまっていた書籍が新品のまま浮いていたのでAMAZONのマーケットプレイスに出品してみました。

まず,出品者としての登録・・・口座の登録をする時,各銀行に割り当てられた4けたの番号を入力する必要があります。手許にある情報ですぐ入力できないのはこの番号だけです。これがなくても出品者としての登録はできますが,入力するまで自分の口座に商品代金が振り込まれません。・・・明日,銀行さんに問い合わせてみようっと・・・

口座の登録が済んでも,口座の安全性を確認するため登録後,2週間は商品代金が振り込まれないそうです。

そして,商品の登録。CDや書籍は,新品として登録すると定価以外の値段では売れないそうです。定価では永遠に売れないような気がしたので限りなく新品に近い中古として現在登録されているものより¥100安く値段を設定しました。

登録が完了すると,AMAZONさんから続々と確認のメールが・・・

そして,翌日・・・

え?もう,注文が来たの?

初出品のお客さんを待たせてはいけません。あわただしく梱包(プチプチと新聞広告と紙袋で三重に包みました。),発送してAMAZONさんには発送完了の連絡をし,注文した方へもメールを発信(AMAZONさんを介して)。

後は,無事に商品が向こうに着くのを祈るのみ・・・

どうか,注文した方が満足してくれますように・・・
posted by 五六式 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月04日

"東宝特撮映画DVDコレクション"発売・・・そりゃないよ・・・orz・・・

週刊百科をたくさん出しているデアゴスティーニから"東宝特撮映画DVDコレクション"が発売されました。"ゴジラ"のDVDが冊子とポスターつきで¥990ですと・・・

"ゴジラ"は,LDもDVDも(高いときに)買ったんだよ・・・

ラインアップは全55作・・・

半分くらいもう買っちゃったよ・・・高いときに・・・

以前,東宝のDVDが高価だという批判に対して東宝側は,特典映像やブックレットをつけるとどうしても高くなると回答していたのに,今回は,冊子とポスターつきで¥1990ですと・・・(初回の"ゴジラ"だけお試し価格)・・・

まぁ,酷い作品ということで買わなかったものや
地味な作品で買っていなかったもあるのでそういうものは買おうかなと思っています。

長生きしたら15年後くらいにブルーレイで同じような製品が出るかもしれないのでここは,それを待つもの一つの手かな・・・。「"ゴジラ"ってすごいと言う話だったけれど通しで観たことないや」って言う若い方にはおすすめです。2年ごして10万円くらい使ってしまうけれどね。

パンフとか見せたら絶対に奥さんや娘にバカにされるから隠しておこっと・・・
posted by 五六式 at 10:37 | TrackBack(0) | 日記

2009年09月28日

秋葉原とかふらふらと・・・

この土,日と所用で東京に行ったついでに秋葉原に寄ってきました。

とは言っても,メイドさんにオムライスにケチャップで何か書いてもらうとかいうことが目的ではなく,前々回書いたS.S.I.KUBALKANS the BANGの塗装に使う塗料を見に行くためです。で,例のラジオ会館へGO!

1Fは,コトブキヤのショップとなっています。店頭では,本日発売と言うことで"らきすた"のキャラが"マクロス"のコスプレをしているフィギュアが当たるというくじを売っていました。で,その景品が早くも2Fの中古ショップで¥4200売られているという・・・なかなか業の深いお話です。

各メーカー系のお店では,新作のプロトタイプが展示されているのでなかなか楽しかったです。海洋堂の"戦国バサラ"・・・あぜんとするできの良さです。後,何ヶ月か後には,真田幸村のリボルテック持って「親方様〜!!(五六式には,おやかたさばぁ〜に聞こえる)」と叫ぶファンの姿が見られるようになるのでしょうか?

・・・が,とにかくVOLKSへ・・・

ドールのコーナーは別世界です。でも,恐いもの見たさに一周しました。何と言うか,凄まじいコがいますね。お値段もそれなりにすごいのですが。純粋に造形の良さ,美しさという点だけで見て欲しいと言う人がたくさんいると思いますよ。でも,お小遣いがいくらあっても足りなくなってしまうので早々に退散。

で,肝心のファレホカラーはというと,有機溶剤を含まず,220種類という豊富な色数,しかも,発色は抜群,一部の色は,希釈せずにそのままエアブラシで塗装可能!!1瓶¥300以上のよいお値段も納得か?

と,でも,よいことばかりではありません。店頭で何やら取り扱いについて詳しく掲示していました。いろいろありますが,他のカラーとの混色はNG,溶剤系のクリアを吹いちゃ行けません,シンナーは,塗料を希釈するだけでなく幕を保護する機能もあるので用具の洗浄には使えません,ということなどです。ほとんどが塗料を使う際の基本なのですが,疲れました・・・。今度来た時,お小遣いが潤沢なら買おう。

ラジオ会館には,スケールモデルのお店もあります(イエローサブマリン)。せっかく来たので覗いてみました。最近,1/144スケールにハマっているHDSEDなのでトランぺッターのMe262やアオシマのFw190Aなどの新作キットにくらっときましたが「地元でも買えるじゃん」ということでパス。

今回は,目の保養をしただけでした。奥さんと娘のおみやげとして新宿駅のモザイク通りの「木糸土(もくしど)」というところでガラス製のハロウィンのカボチャの置物を買って帰りました。あの二人,ちゃんと仲良く分けられるかな?
posted by 五六式 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月21日

おばかの作り方

話は,3日前に遡りますが,上高地からの帰り道,名古屋から新幹線で岡山まで帰っていたときのことです。

近くで子どものうるさい声がするので(公共交通機関に乗っていてうるさい子どもは嫌いです。人に迷惑をかけるような輩はどこにも出かけないでよろしい。)見てみると・・・

母親と幼稚園児くらいの男の子が前の方の席で座っていました。母親は何やら携帯電話のメールをチェックしたり打ち込んだりするのに忙しそうで子どもには目もくれず,ノートパソコンをあてがってトランプゲームをさせています。と・こ・ろ・が・当の子どもは,ルールも分からないし,ましてやゲームに勝つこともできません。なんだかカチャカチャやっているうちにどうしようもなくなって母親に声をかけます。すると,「ルールも分からないのにやったってしょうがないでしょ。」・・・おいおい,パソコンをあてがったのはどなた?

で,どうするかと言うと,また,携帯電話に係りっきり。・・・早くパソコンをしまえよ!と思っていたら,子どもがマウスを落としてまた一悶着。携帯電話のお世話が済んだのか,母親がパソコンをしまうと,

「トイレに行きたい。」
「いつ着くの?」
「おしっこ漏れる。」
「やっぱり行きたくない。」
「トイレに行きたい。」
「いつ着くの?」
「おしっこ漏れる。」
「やっぱり行きたくない。」
「トイレに行きたい。」
「いつ着くの?」
「おしっこ漏れる。」
「やっぱり行きたくない。」

などと言いつつ,落としたポテトチップスを踏んづけて粉々にする。

そのうちに,勝手に一人で車内をうろうろしてトイレを探す。

母親が置いたままになっているパソコンを不安そうに振り返りながら子どもを追いかける。

(ンなら,初めからそんなもん,人前にさらすなヨ)

名古屋から岡山までの2時間,さんざん嫌な目にあわせてくれましたよ。この親子は。そして,列車が岡山に到着するので降りようとすると,先にドアのところにこの二人が立っているんだな,これが・・・

で,件の男の子がこちらを振り向いて「まもなく,到着で〜す。」ですと。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

自分の息子をおばかにしたのは,ノーパソ持って,ケータイ持ってお利口そうなふりをしている母親です。子どもは,自分にかまって欲しいのに当の母親は,ケータイにご執心。そんな母親の気を引こうとしてバカなことをしたりバカなことを言ったりしているのに状況はちっとも好転しません。そんなら、もっとすごいことしてやるってなもんです。おちびのくせに「到着」なんてえらそうな言葉を知っていることからそれなりに知的水準が高い家庭なのかもしれませんが,こんなことでは子どもの情緒は安定せんわな・・・。

せっかくの親子水入らずの2時間を子どもの話を聞いてやるとか,自分のことを話すとか,抱きしめてやるとか,もっと有効に使ってはどうでしょうかね。
posted by 五六式 at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月14日

DIYでリフォームしたよ

以前,増築した部屋に木目柄の壁紙を貼ってもらっていたのですが,うちのタマオ(このBLOGのTOPの写真の子)が何を思ったのか手当たり次第に引っ掻いていき,まだ新しい部屋がぼろぼろになってしまっていました。

あまりの惨状にうちの母親がタマオの悪さは私の責任と言って去年の末頃に大量の木製パネルを生協に注文して買ってきました。この幅80mm高さ400mmほどの木製のパネルを両面テープで傷ついた壁紙の上に貼っていくとあら不思議!!ウッディなお部屋の出来上がり!!というわけです。

五六式は,暇を見つけて工事を進めていたのですが,ただ壁にパネルを貼るだけでは作業は進みません。すでに部屋に運び込まれているピアノや本棚などを移動させなければならないし,パネルのつなぎ目のあそびを調整して壁の幅にぴったり合わせないといけないし,コンセントや窓を避けるためにパネルを切り出していかなければならないし,・・・涙・・・。

しかし,明けない夜はありません。夏休みの貴重な休暇をいくばくかと300枚あまりのパネルを費やして昨日,やっと完工しました。トンネル工事に従事した人たちは,トンネルが貫通したときににHDSEDと同じように感慨に浸るのでしょうか・・・

・・・タマオのバカ〜!!・・・

ネコを飼っている人は,少々お金がかかっても内装は板張りにしましょう。内装で節約したって結局HDSEDと同じように板張りにしなくてはならないのですから・・・。

タマオはあまり機嫌がよくありません。様子の変わった部屋の中を見回して不審そうな顔をしているし,不満そうに何かニャゴニャゴ話しかけてきます。どうやら,「お父さん,なんで私がせっかくつけたしるしを消してしまうの?気に入っていたのに・・・」と言っているようです。
posted by 五六式 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月05日

暑中お見舞い申し上げます。

sum001  やっと夏休みに入りました。

たまりにたまった雑誌から必要な記事だけ切り取って処分したり,ずっと部屋に積んでいた模型を整理したり,ちょっとはつくったり,本店のサイトも更新の準備をしたりと普段できないことをだらだらとやってます。

部屋が片付いたら,放ったらかしにしているEOS(YAMAHAのシンセの方)を復活させてDTMに挑戦,1〜2曲打ち込んでみる予定です。
posted by 五六式 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月20日

見城慶和さんの講演を聴く

見城慶和さんは,山田洋次監督の映画"学校"の主人公の先生のモデルの一人で東京都の夜間中学校で勤務していた方(国語の先生)です。2003年定年退職後もなお、夜間中学生を中心にした学びの場「えんぴつの会」を運営しています。また,森康行監督の映画『こんばんは』の製作のもととなった「夜間中学校の記録映画の製作を支える会」の世話人代表でもあります。

6月20日(土)に高松のサンメッセで講演があるので聴きに行って欲しいと職場の組合から言われて,まぁ,枯れ木も山のにぎわいと行った感じで出かけました。せっかくのお休みだし,サンメッセまでは9kmほど自転車で走らねばならないし,(わずかですが,往路は上り坂になっています。・・・涙・・・)あまり乗り気ではなかったのですが・・・。

で,お話を聞いてみると,1937年生まれとは思えぬ程のスピーディーで的確な話し振りで会場にやって来るまでのだるさは次第に払拭されて行ったのでした。

<お話の一部抜粋>

去年度,8つの都府県に35の夜間中学があり,約2500人が,そこで学んでいます。ある人は,中学校での生活になじめずに,ある人は,戦争で教育の機会を奪われてと何らかの事情で学ぶ機会を失った人たちが再び学ぼうとそこへやってきます。

義務教育では,教育上の配慮と終了年限の規定から実質上,留年はありません。子ども達は,十分学ぼうとそうでなかろうと6年経てば小学校を卒業し,3年経てば中学校を卒業していきます。そして,卒業生は,学問をやり直すために再び母校に通うことはできなくなるのです。現在の制度は,子ども達が"落第"の烙印こそ押されないものの,学びの保証という点ではお寒い限りです。公立中学校夜間部は,今の義務教育の制度に欠けているものを保管する機能を持っているのです。

しかし,今後,就学者の人権を保護する(夜間通学するということは中学生が就労しているということで)という名目で公立中学校夜間部は,各地で縮小,廃止されていくと言われています。人権を保護などときれいごとを行っていますが,真の目的は明らかに経費削減です。こんな馬鹿なことが・・・不況,不況と弱者が切り捨てられている今,夜学の灯を消してはなりません。

人は,どんな境遇にあろうとも学ばなければならないこと,そのための場を保証するために夜学が存続され続けなければならないことがよく分かる講演でした。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月01日

明けましておめでとうございます。

gasho09

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

兎の国のマネーゲームのあおりでちょっとはましになっていた我が国の景気も再びどん底に堕ちてしまったとか・・・。お上の方々は,外国の景気に頼ったりしないで,まず,日本の人たちを大事にするよう発想の転換をして欲しいものです。

さて,不動産投資で一番もうけた奴らは,いち早く手を引いて素知らぬ顔でぬくぬくしてると思うと腹が立ちますね。もしかしたら,そんな奴らの方が兎の国と戦争したどの国よりも兎の国に打撃を与えているのではありませんか?

まぁ,愚痴をたれてもしょうがないか・・・。

暗〜い世情が少しでも明るくなりますように。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記