2016年12月23日

両備バスフレンズパック ドイツクリスマスマーケットとルネサンスイルミネーションクルーズ

奥さんが両備バスのツアーのパンフレットでこのツアーを見つけて申し込んでくれました。

ドイツクリスマスマーケットとルネサンスイルミネーションクルーズ・・・長!!

本場ドイツからやってくる「クリスマスマーケット」は、大阪に居ながらにして、ドイツを味わえる冬季大阪の最大級イベント。10万個を超えるイルミネーションが煌く世界最大級のクリスマスツリーが華やかに彩る。会場に並ぶ木製の小屋(ヒュッテ)は、クリスマスオーナメントや民芸品のプレゼントの販売、そして名物ホットワインなど、本場の雰囲気さながらのクリスマスを楽しめるマーケット。

だそうです。

うちの奥さんが本場のクリスマスマーケットに行きたがっていたのですが,ドイツは最近,物騒なので諦めていたところ,このようなイベントがあったとは・・・ラッキー(死語?)!!

集合場所まで出かけたら,後はお任せのらくちん旅行でした。集合は,午前11時過ぎで山陽道から三木のサービスエリアなどで休憩,午後2時30分ごろに梅田駅の近くの梅田スカイビル・ワンダースクエアまでやって来ました。ここで午後5時10分まで自由行動です。

christmas
クリスマスマーケットに行く前に,地下の滝見小路を見学。昭和テイストの飲食店街です。

christmas
昭和といえば,ミゼット,ミゼットといえば,昭和。定番のライトグリーンから外して,敢えて黒く塗ったセンスを評価したいです。HDSED自身(大村崑のCMをリアルタイムで観ています。),黒いのは見たことがありませんでした。ミゼットIIの黒いのは結構いますけれどね。

christmas
115年以上前に作られた,現存する中で最も古い部類に入る木製メリーゴーランドです。

christmas
オーナメントや食べ物を売るヒュッテが,30軒ほど並んでいます。

christmas
会場に灯りが灯く前に,梅田スカイビルの空中庭園にも行って来ました。三階のエレベーターで高度を稼ぎ,100mを超える高さに設置された外が見えるエスカレーターに乗り換えて上って行きます。

空中庭園を有する梅田スカイビルは、そのダイナミックかつ卓越したフォルムで世界的に知られる建築物。2008年には英紙「THE TIMES」にてタージ・マハルやサグラダ・ファミリアと並び「世界を代表する20の建造物」として紹介されました。

ですと。

christmas
空中庭園からの絶景。

christmas
またまた,地上に降りて来ました。マツダのショールームのロードスターのディスプレイが人目を魅いていました。しかし,うちのカメラは,赤色がうまく写せないですね。

christmas
再び,屋台巡りです。灯りもちらほら灯き始めました。

ココア・・・甘かったです。

ソーセージ・・・美味しかったです。

ピザ・・・ちょっと辛かったです。

シュトーレン・・・買いました。後のお楽しみ。

christmas
クリスマスツリー,点灯です。これより,集合時刻まで10分です。写真を撮って急げや,急げ。

christmas
日銀大阪支店・・・なぜか,インド。

大阪市内の渋滞の中を遊覧船の船着き場(淀屋橋駅大阪水上バス アクアライナー)まで走る両備バス・・・。やっと着いたと思ったらパトロール中の婦警さんが「混雑しているから。」とバスを停車させてくれません。どないせいっちゅうんじゃ?

なんとか遊覧船に乗って中之島の夜景を堪能した後,バスは,岡山へ・・・。本日のツアーは,これにて終了です。両備バスの運転手さん,添乗員さん,お世話になりました。

christmas
今回の戦利品。中は空洞で,お香やろうそくを入れて楽しむことが出来るようになっています。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年11月19日

第35回 未完成チーム 模型展示会

恒例の未完成チーム模型展示会を観に行って来ました。相変わらず,完成度の高い作品がいっぱい展示されており,新キットのサンプルやホビー誌に掲載された作例も観られるという楽しい催し物でした。開催は,11月20日(日)夕方(16時ころ)までです。

<80年代>

今回のテーマの一つが80年代。30年ほど前ですね。HDSEDもその頃のキットをたくさん抱えています。

未完成0909 
バンダイ NON Dr.スランプ アラレちゃん キャラメルマン1号

メタリック/キャンディ塗装が決まっています。そうか・・・アルクラッドを使えば解決するのか・・・。

ちょっと違うと思うぞ。

未完成0909
イマイ 1/72 オーガス ガウォーク

"マクロス"と同じく,"オーガス"もイマイとアリイが分担し合ってキットをリリースしていました。イマイ版の方がシャープなできで箱絵も美しい(高荷先生の作品)ものでした。

オーガスシリーズについての記事を見つけました。

未完成0909
イマイ/WAVE 1/72 レギオス・アーモソルジャー

WAVE版は,全体にごつくて太いプロポーションで筋彫りがたくさん入っています。現在の技術で作られているので組み立ても容易でよく動く・・・一方,イマイ版は,原作に近いプロポーションになっているようです。今回は,アーモファイター形態の完成品も展示されていました。

<ガンダム>

未完成0909
バンダイ RE/100 1/100 MSK-008 DIJEH

キットの状態でガンダム系のアイ・センサーの接続部分が再現されています(2つ買ってねってこと?)が,この作品は,それを更に推し進めたもの。しっかりガンダムになっています。

<高橋良輔監督>

キャラクターモデルの展示は,高橋監督の作品をテーマにしていました。高橋監督って"ママ4"("ママは小学4年生"←娘が観ていました。)も監督していたのか・・・。

未完成0909
WAVE 1/35 スコープドッグ・ターボカスタム ザ・ラストレッドショルダー 4体セット

このキット,定価で買うと2万円近くするんですね。・・・一体5千円。お〜,こわ。

ちょっと見,分かりませんが,4人の方の共作です。よ〜く見ると,カメラの部分の処理やウェザリングの程度が微妙に違っていて興味深かったです。

未完成0909 未完成0909
TAKARA/MAX FACTORY 1/72 SOLTIC H8 ROUNDFACER

これも,新キットが出ました。とは言っても,2014年のリリースだから2年も経つのか・・・。こうして並べてみると,旧キットのプロポーションの方が好みである方も少なくないかもしれません。

<スケールモデル>
未完成0909
アオシマ 1/24 "BACK to the FUTURE II"デロリアン

空が飛べるようになったデロリアンです。アオシマさんがときどき再販してくれるので,某密林でプレミア価格のキットを買わないでも済みます。各部のコード類の塗り分けがみごとでした。

未完成0909
ハセガワ 1/24 VOLKSWAGEN TYPE 3

ハセガワのVOLKSWAGEN TYPE 3は,バン,トラック,バスの3つのバリエーションがあります。今回は,4台を展示していましたが,この配色は渋い。

未完成0909
タミヤ 1/48 ミリタリーミニチュア(クロムウェル,シャーマン,ブレン・ガンキャリアなど)を使用してのジオラマ

映画"戦場に架ける橋"の1シーンを再現。ホビー誌に掲載された作品です。10台を超える車両にリアルな樹木,写真に撮って薄目で見ると,本当に映画の映像のようです。

未完成0909
タミヤ 1/35 新旧 M10

M10駆逐戦車は,旧作発売から40年以上経っての新版となりました。丁寧に作られているのでどちらがよいとも悪いとも・・・汗・・・。旧作の方が太くてごつい印象です。

未完成0909
童友社 1/144 FOCKER F27 FRIEND SHIP

うちにも同キット(全日空のモヒカン塗装のやつ)がありますが,それを組み立ててもこうはなりません。新キットが出るのを待ち望んでいます。

未完成0909
AIRFIX 1/72 TSR2

日本では,あきれるほど売れたという,アニメ"ストラス 某"版も作られたという,AIRFIX 1/72 TSR2,この作品は,もし,採用されて中東で使われていたら・・・という仕様です。これ,自分が知っている同キットじゃないです・・・。王道の試作壱号機も展示されていました。

未完成0909
ハセガワ 1/72 B-47 STRATOJET

冷戦時代のアメリカの戦略爆撃機です。後継機のB-52にすぐ交代してしまいました。ハセガワ版は,ベテランキットですが,未だにこれを超えるキットは出ていないというすごいものです。発売当初は1000円だったかなぁ・・・。

未完成0909
ハセガワ/FROG 1/72 アブロ シャクルトン

現在でもイースタン・エキスプレスから発売されています。REVELLやAIRFIXから新キットが出ましたが,あれは,前期型。こちらは,後期型です。HDSEDは,新キットが出ると言うのでこちらは手放してしまいました。シャクルトンのキットを3つも抱えているなんて・・・想像するだに恐ろしい・・・。

このキットは,パネルは,凸モールドで,リベットが鬼のように打たれており,(FROGの作風やないやろ!!)舵面も可動というもの(当時のREVELL 1/72 B-17などのように大型飛行機モデルのスタンダードな仕様です。)。延々,これにペーパーがけして筋彫りを施すという作業をした後,部品を接着すると,あちこちに隙間が・・・という展開が目に見える(AIRFIX版に転ぶわけです。)ようです。

これも,当時,1000円。今の貨幣価値(ハセガワ 1/72 F-100 やライトニングが250円でした。)だと,6000〜8000円くらいかな・・・。

<その他>

会場では,艦船モデルも展示してありましたが,気付いたら,写真を撮っていませんでした。いつもの城郭を載せたオリジナル戦艦も数点,艦船モデルならではの巨大作品,何かと話題のハセガワ 1/700 いずも(ピットロードもフルハルモデルを近日発売)など見るべきものがたくさんありました。

ほんの短時間でしたが,うちのガメラ君も展示させていただきました。

友達のA葉氏が好きな宇宙戦艦アンドロメダのミニモデル(フルスクラッチ)が展示されていました。

昔懐かしいムサシヤのラムちゃんや1/20リン・ミンメイなどフィギュアも展示されていました。

さぁ,これから,プラモを作って,1年間生き延びて,また,未完成チームさんの展示会に行こう!!
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年09月18日

混声合唱団 ア・カンターレ高松 第5回 コンサート

高松市の県民ホール(大ホール)で混声合唱団ア・カンターレ高松が第5回目のコンサートを開催しました。

すごいよ!!あの,KING CRIMSONと同格だよ!!

会場で偶然出会って一緒に聴いた知人達と大ホール使用料金は,お高いんじゃないかと話したのですが,50人を超す団員数と2年に1回開催ということを考えると,上手く団費をプールすればなんとかなるのかな?

a can016

ア・カンターレの団員には,一緒に歌ったことのある人も多く,HDSEDにもお誘いがあったのですが,現在所属しているコール・ラ・メールを最優先ということで・・・ごめんなさいね。

コンサートは,四部構成で

1 ひとつの歌にも (谷川俊太郎/石若雅弥)
2 LOBET DEN HERRN,ALLE HEIDEN 他 (J.S.BACH)
3 やぎさんゆうびん なごり雪 他
4 嫁ぐ娘に (高田敏子/三善晃)

というものでした。団員の方達は,キャリアもあるし,音楽的な教養も深いので,音程がしっかりしているし,演奏も品格の高さを感じさせるものでした。テンション・コードがしっくり決まって音場が心地よく揺らぐのがここの合唱団の特色ではないかと思います。

個人的には,1つ上の先輩のUさんの歌声が大好きなのでそれだけでも満足でした。2年後,自分が生きていたら(何が起こるか分からないのが現世というもの)また聴きに行きたいと思います。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年09月17日

第12回高松ニッパーズ展示会

第12回高松ニッパーズ展示会が今年も高松市のサンポートで開催されました。

去年は,9月に開催という思い込みのため,観に行き損ないましたが,今年は,大丈夫。台風が近づく速度が鈍ったので雨にも降られませんでした。ラッキー!! ←死語

今年のテーマは,"ドイツ"ということでしたが・・・いつもより大きめの写真を載せています。

nippers16 タミヤ1/24 VOLKAWAGEN
ドイツといえば,ナ・・・もとい,フォルクスワーゲンですわな・・・関係はあるのですけれどね。キットは,安定,安心のタミヤ製。塗装は,定番のライトブルー。王道の中の王道ですね。

nippers16 タミヤ1/35 KING TIGER
正式には,Panzerkampfwagen VI Tiger Ausführung B "Tiger II"(六号戦車 虎B型 または,弐型・・・長!!)だそうです。ドイツ語だから,"きんぐ・たいがー"じゃなくて,"けーにっひす・てぃーげる"だわな・・・。

木漏れ日迷彩です。非常に丁寧に塗装されていました。

nippers16 ? 1/72 Bf-109Ftrop
アフリカの星,ハンス・ヨアヒム・マルセイユの乗機,黄色の14番です。写真だけ見ると1/48かと思うほどの出来。最近のキットは素晴らしいですね。Bf-109の胴体の上下中央には,分割線が入っているのでプラモの部品の合わせ目を消さなくていいのだそうです♡。つい,最近まで,知らなんだ。

nippers16 AMT1/24 MERCEDES-BENZ 300SL

nippers16 ITALERI1/24 MERCEDES-BENZ 300SL

nippers16 タミヤ1/24 MERCEDES-BENZ 300SL
最新のものは,タミヤ製。出たときに即買いしてそのまま積みプラに・・・涙・・・。

外装は,メルセデスの王道であるシルバー,内装は,目にも鮮やかな赤(運転しづらくないのでしょうか?)でお揃いです。う〜ん・・・それにしても,三社三様ですね。ボンネットの2筋のバルジの太さが全然違います。どれが正解なのでしょうか?実写写真を見ると,イタレリが正解?

人気のある車なのでエレールやグンゼからもキットが出ていたようです。後,1/32でハセガワ(元はTOMY)からも・・・。

nippers16 REVELL 1/350 U-BOAT
ミニ・ジオラマで通商破壊戦を再現。

nippers16 タミヤ1/35 8t ハーフトラック
名作キットです。砂埃の表現が上品ですね。最初にリリースされたときは,お子様だったので購入できず,そのまま・・・涙・・・。

ここからは,ドイツから離れて・・・

nippers16 ITALERI/タミヤ1/35 M24 CHAFFEE
発足間もない自衛隊にも配備され,初代ゴジラとも戦った軽戦車です。

nippers16
新型の10式と比べると小さいですね。HDSEDは,でっかい戦車よりも小さめのAFVの方が好きです。

nippers16 フジミ1/700 金剛
英国からの帰化子女(VICKERS社製),金剛姉様です。誰かさんと違って,ちゃんと英国籍を抜いていますよ!!

nippers16 シールズモデル 1/700 宗谷
我々の年代の者にとっては忘れられない特別な船です。

かっぜっのなっかっのすぅ〜ばるぅ〜,すっなっのなっかのぎぃ〜んがぁ〜♪って感じですね。

nippers16 ? 1/24 フェアレディZ
メーカー名をメモし忘れてしまいました。フジミだったかな?

実車やプラモの完成品では,白とか赤とかオレンジとかが多いのですが,それに囚われないことも大事ですね。

しかし,まぁ,完成されたデザインですね。以後,フェアレディZがどんなにモデルチェンジを繰り返してもこのデザインを凌駕することはできないでしょうね。今どきの車は,居住性が何たらとか,安全基準がかんたらとか,しがらみが多いですからね。

今回,短時間ですが,うちの完成品をゲスト展示させていただきました。高松ニッパーズさん,ありがとうございました。来年も瀬戸内海を越えておじゃまさせてもらいます。
posted by 五六式 at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年08月15日

出雲大社でお願いを・・・2日目

izm
2日目は,娘の趣味であるご朱印状集めのために玉作湯神社からスタートです。

玉造温泉から出雲大社に向かう途中,ぱらぱら降っていた雨が豪雨に!!視界が利かなくなるし,雷は,落ちまくるし,大変でした。途中で,雷のために信号が点灯しなくなっていて警察の人達が交通整理をしている交差点があったぐらいの猛烈な雷雨でしたが,玉野市では,ぽつぽつだったそうです・・・涙・・・。

izm
出雲大社に着いた頃,なぜか,雨がおさまって普通に立ち歩けるほどになっていました。門前町周辺は,再開発されていて博物館ができていたり,スターバックスができていたり近代的に・・・。肝心の出雲大社は,というと,さすがの風格です。何度行っても感動させられますね。ここでは,「二礼二拍手一礼」ではなく「二礼四拍手一礼」だそうです。違和感はあるものの,ちゃんとしたいわれがあるので参拝している他の人達のまねをして「二礼四拍手一礼」しました。

izm
本殿は,正面からは,覗き見ることができるだけになっています。しかし,側面や裏からは,塀越しではありますが,間近に拝むことができます。写真は,背面から本殿を参拝しているウサギさんの像です。

izm
出雲大社に来たなら出雲蕎麦。はるか昔,就職1年目の夏休みに自転車旅行で来たとき,出雲蕎麦を食べた荒木屋さんに行ってみることにしました。荒木屋さんは,何と,天明年間創業だそうです。自転車ではすぐだったのですが,歩くと,出雲大社から5分あまり,30人ほど先客がいましたが,回転が速いのであまり待たないで入店できました。おつゆにエビの風味が加わっていて美味でした。

izm
娘の,ご朱印状集めの旅は続く・・・。次は,「目のお薬師さま」として霊験あらたかと言われている一畑薬師に向かいました。有名なお寺ですが,いつもは,出雲大社に行った後に日御碕に行くと,時間を使い切ってしまうのでなかなか訪れることができませんでした。

ここには,水木しげる先生と眼病平癒つながりで目玉親父の像が何体か置かれています。

オンコロコロ センダリ マトウギ ソワカ ←薬師如来の真言です。

izm
千三百もの階段があるのだけれど,自動車でかなり上ったので,百数十段の階段を上り切ると・・・立派なお寺です。仏弟子の像や八万四千仏堂など,他のお寺ではあまり見られないものが立ち並んでいます。お参りの後,お互いの母親のために目のお守りを頂き,薬湯を頂いてから下山しました。

最後に出雲の焼き物をおみやげにするために出西窯に寄ってから,斐伊川(ひいがわ)沿いの県道26号線(国道9号線からでないと入るのが難しい)国道314号線,国道182号線経由で福山まで帰り,国道2号線から玉野まで帰りました。総走行距離は,600km,平均燃費は,役20km/Lでした。
posted by 五六式 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年08月14日

出雲大社でお願いを・・・1日目

夏の家族旅行は,奥さんと娘と3人で出雲大社に出かけることにしました。

往路は,とにかく自動車道を通って目的地に早く近づくことにしました。途中,岡山ICと有漢ICで混みましたが,山陰方面は,概ね道路が空いていました。

izm
せっかく山陰に来たので足立美術館によりました。美術館に近づくにつれ,その向こうに見える山に生えている木の生え方が不自然なことに気付きました。何じゃな?

izm izm
そこは,月山富田城(がっさんとだじょう)跡。尼子氏と毛利氏の激戦場となったところです。ただ今整備中で山頂まで登ることはできません。5分ほど登ったところには,広場や山中鹿之介の像が立っています。

おやじ:三日月に「我に艱難辛苦を与えたまえ」と祈った悲運の武将なんだよ。
娘:え〜!!どれだけMなん!?どん引き!!

mean while...

娘:資料館に行ったら,ただの言い伝えだって書いてあったよ〜♪
おやじ:ガーン!!

izm
で,足立美術館です。日本庭園が素晴らしく,展示している絵画や陶器なども多くてお腹いっぱいでした。収蔵品には,横山大観や北大路魯山人など,大家のものが多く,加えて,夏期特別展として"謎解きしながら名画鑑賞 日本画ミステリー"が開催中です。この"謎解きしながら〜"は,各作品に添えられた解説文が興味深く,観て回るのにかなりの時間を費やしました。名のある人の作品でも,ちょっとドングリを一個だけ塗り忘れたり,絵の題材が中国の故事に由来していたりと大変おもしろかったです。来場者の人達の間では,"鑑定団・・・"という言葉がよくささやかれていました。美術品や骨董を鑑定する人達ならば,当然知っているべき知識なのでしょうね。

izm
1日目は,松江城を見学して予定終了。お堀巡りも楽しいのですが,欲張らずにおみやげを買った(大名茶人松平不昧公のおかげで茶菓子の文化が発展)後,お宿に向かうことにしました。

izm 保性館周辺の夜景
お泊まりは,玉造温泉の創業三百年あまりを誇る保性館です。美味しいものを適切な量提供するという感じで夕食(サワラの奉書焼き,出雲蕎麦,トマト味の鍋,アナゴご飯などなど),美味しゅうございました。また,夏休み期間中は,連日,川縁で地元バンドのライブ演奏などのイベントが開催中です。
posted by 五六式 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年08月08日

今城敏雅・幸子展

せっかく同窓会で四国に自動車を持ち込んだので岡山に帰る前に善通寺の灸まん美術館で開催されている"今城敏雅・幸子展(アクリル画と日本画)"も観に行きました。←むしろこちらの方が先約だったのですけれどね。

imj

今城夫婦のうち,奥様の方(7月30日に言及した,知り合いの画を描く人の1人)が大学のときの同窓生なのですが,前の記事の同窓会のメンバーとは別系統の同窓生です。過去何回か同様の展覧会に行っているのですが,最近は,地元で開催されることが多く,なかなかおじゃますることができずにいました。

敏雅氏の作品は,写実系のアクリル画で風景画が中心です。青系の透明感が印象に残ります。

幸子氏の作品は,人物(群像)を題材にした日本画が多く,あたたかな色使いが特徴でしょうか?

長い間地道に活動を続けているためか,入れ替わり立ち替わり絵を見に来る方々が訪れていました。

会期が短いので,今,お知らせしても観に行ける方がいないのが残念ですが,次回の展覧会がありましたら,当BLOGでもお知らせしたいと思います。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年08月07日

ヤノベケンジ展 「CINEMATIZEシネマタイズ」

同窓会の翌日,うちの奥さん(も,同窓生)やその友達と一緒に高松の商店街を歩いた後,高松市美術館で開催されている"ヤノベケンジ展 「CINEMATIZEシネマタイズ」"を観に行きました。

cinematize cinematize
高松市美術館に入ってすぐのところに展示している巨大な女の子のフィギュア。
1日に数回,立ち上がります。スカートの中には・・・

同展は,瀬戸内国際芸術祭2016連携事業で,ヤノベケンジの四国初の大規模な個展ということです。立体作品が目を引きますが,チェルノブイリや福島の事故を経て描かれたアイデアスケッチも大変興味深いものでした。

作品群は,撮影可ということだったのでちょこちょこと写真を撮らせていただきました。ただし,動画撮影は,不可なので注意してください。

cinematize cinematize
アトムカー。スバル360やシトロエンDS19に通じるレトロフューチャな有機的ラインが魅力的です。ちゃんと人を乗せて走ることができるこの自動車は,ガイガーカウンター搭載で,空気中にある放射能を10回感知したら止まる仕組になっているそうです。

cinematize
アトムスーツ。放射能防御スーツですが,2本の角がア◯ムみたいです。同展では,大小さまざまな大量のアトムスーツが展示されています。

cinematize
アトムスーツ以外にも,さまざまな放射能防御スーツが展示されています。

cinematize
作品の一部は林海象監督の新作映画「BOLT」の美術セットとしてヤノベさんが手がけたもので,この作品は,原子炉を模しています。

cinematize
"風神"。突然,口がくわっと開き,大量の水がだーっと流れ出ます。

ヤノベケンジ展 「CINEMATIZEシネマタイズ」
2016 年7 月16 日(土) 〜 9 月4 日(日) [会期中無休]
高松市美術館 
開館時間:月〜土9:30~19:00 日曜日9:30~17:00 * 入館は閉館30分前
入場料:一般1,000円、大学生500円、高校生以下無料
主催:高松市美術館

ということなので,近在の方で興味がある方は,観に行ってみてはいかがですか? 

※ この記事からのリンク先は,近い将来,改変されたり廃止される可能性があります。ご注意ください。
posted by 五六式 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年07月30日

友人の水彩画展に行きました。

友人から案内があってアムス岡山店(岡山シンフォニービルの東側,禁酒会館のある筋の角)という画材店で開かれている水彩画展を観に行きました。

彼は,大学時代からちょこちょこと透明水彩で風景画を描いていたのですが,ついに近作を20点選んで個展を開くに至りました。

aob 案内はがきより。空気感が感じられる作品群です。

これらは,中四国の風景を描いたもので,大山や倉敷の美観地区,吉野川の沈下橋や香川県の田舎などを題材にしています。最近は,技術の向上のために勉強をしているようで,近作には,明らかにその成果が現れていると感じられました。

会期は,明後日,8月1日までなので近在で興味を持った方がいましたら立ち寄ってみてください。

・・・身内や友人にプロの画家が1人,アマチュアの画家が3人,イラストやマンガを描く人が2人・・・絵を描く人が増殖しています。
posted by 五六式 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年07月19日

3連休に宮島へ

御朱印集めに凝っている娘のリクエストに応えて宮島まで遊びに行って来ました。

ちょっと遠いので午前6時に娘の運転で出発しました。今回は,山陽自動車道に入って廿日市のICで降り,宮島口駅に向かいました。比較的早い時間帯に着いたので駐車場の心配もなく,すいすいと連絡船に乗って宮島に上陸しました。

mj mj
まずは,厳島神社へ。世界遺産になったためか,以前参拝したときより外国人の観光客が増えました。娘は,ここで御朱印をGET!!

お昼ご飯は,お客さんが増えて来る前に奥さんのリクエストでアナゴ丼を提供するお店へ。ウナ丼ほどではないけれど結構いい値段でした。・・・玉野も結構アナゴはおいしいんだョ?・・・

次に向かったのは,定番のみやじマリンこと,宮島水族館。リニューアル5周年ということでしたが,その前は,工事のため,2年半以上休館していたとのことです。娘が小さかった頃は,ラッコがいて人気の水族館でしたが,今回はどうかな?

mj 広島色を出してカキの展示。

mj 地味だけれど,淡水域の生き物の展示も。

mj ミズクラゲを照明の工夫で美しく展示。

島根県にアクアスができるなど,現在は,ラッコがいたときのように一人勝ちできない状況ですが,あい変わらずがんばっていますね。アシカライブでは,クルミちゃんが可愛かったです。

午前中は,霧が出ていたのですが,午後から晴れて来ました。ここで,一発奮起して弥山に登ることにしました。とは言っても,8割方は,ロープウェイに乗って行くのですが・・・

mj すごく晴れています。
奥さんは,ロープウェイの終点の展望台でダウン・・・。娘と一緒に山頂を目指しました。HDSEDの方が先に息が荒くなって来たのですが,気がつくと娘がスローダウン,電池が切れたとのことでした。娘が弥山本堂で休んでいるうちに,HDSEDが,単独で山頂を目指すことになりました。このとき,HDSEDは,エンジンに火が入った状態になり,(ランナーズ・ハイ)楽々頂上に到達できました。

mj くぐり岩です。

mj 山頂直前。

mj 山頂。
写真撮影を含め,10分ほどで山頂まで往復して娘の待つ弥山本堂に到着すると・・・娘はまだ休んでいました・・・おいおい・・・。ここで娘は,御朱印をGET!!

復活した娘と一緒に奥さんの待つロープウェイの駅まで帰って下山したら,おみやげ屋さん巡りをしてだらだらと連絡船乗り場まで移動しました。途中,豊国神社で娘は,御朱印をGET!!揚げ紅葉まんじゅう,美味しゅうございました。奥さんは迷いながらもアナゴ弁当を購入しました。・・・だから,玉野のアナゴもおいしいんだョ?

今回,外国人観光客が多くなっており,英語以外の外国語があちこちで飛び交っているのが印象的でした。奥さん曰く,「未来の光景だね。」。外国の人にも日本の文化が認められてうれしい反面,何か落ち着かない感じもしました。

帰りは,HDSEDの運転でまったりと一般道から帰るつもりでしたが,広島市内や福山市内を夕方に走るのは時間を食いそうなので結局,笠岡ICまでは山陽道を走りました。笠岡からは,走り慣れた一般道を児島経由で家に帰り着きました。

宮島までの往復約400km,平均燃費は,計器によると20km/Lでした。
posted by 五六式 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年06月12日

娘と一緒にウサギの島へ 広島県大久野島

初夏になり,子ウサギが生まれてくる季節になりました。そこで,娘が広島県竹原市の沖に浮かぶウサギの島こと大久野島に行こう!!と言うので,連れて行ってもらいました。

大久野島は,旧日本軍の毒ガス製造施設があった島としても有名ですが,ここで反戦云々を言うつもりはありません。かつて戦争をしたことがある国なら脛に傷の一つや二つ・・・十や二十・・・百や二百・・・千や二千・・・いやいや,一万や二万はあるはずです。

usa
まず,山陽自動車道に乗って西進,本郷で降りて,忠海港でフェリーもしくは,高速船に乗り換え,無料の送迎バスに乗って国民休暇村まで行きます。大久野島行きの船内では,ウサギとふれあうときのルールなどをアナウンスしてくれるのでよく心に留め置き,遵守するようにしましょう。

1 ウサギを抱かない・・・脅したり追いかけたりするなどもってのほか
2 ウサギを連れてこない
3 ウサギを連れて行かない
4 お菓子とかパンとかは与えない
5 自転車に乗るときはウサギに注意する・・・島内では許可を得た車しか運転できない

usa
後は,ぐだぐだ昼食をとったり,ウサギにキャベツを食べさせたりしながら徒歩で港まで歩き,やって来た船に乗って帰るという日程です。持ち込んだキャベツは5玉,これを全て消化しないと,夕ご飯はしばらくの間お好み焼きのみとなるということなので根性を入れてウサギにふるまいました。

usa
娘は,この時期,毎年,大久野島まで行って癒されて来るのですが,今年は,やや時期が遅く,子ウサギ達がやや大きくなっていました。でも,こんな子もいたのですよ・・・。

usa
大久野島にいるのは,野生のアナウサギで,毛の色は,茶色系や灰色系がほとんどです。中には,真っ黒な子とか,写真のような三毛っぽい子とかがいますが,白い子はあまりいません。最初は,わずかしかいなかったウサギ達ですが,天敵がほとんどいない上に観光客がキャベツや人参を持って来てくれるのでだんだん増えていって現在では700羽を越えるまでになっているそうです。もともとの数が少なかったので遺伝子的には脆弱性があります。なので,もし,何か病気がはやったりすると一気に数が減ることも考えられます。

観光客が多い港周辺や休暇村周辺には,強いウサギが,周辺のあまり餌がもらえないところには,弱いウサギが,旧日本軍の毒ガス施設があった環境の良くないところには,さらに弱いウサギが住んでいます。・・・野生の世界はきびしい・・・!!

島から忠海港まで帰って,奥さんのリクエストに応えて竹原と三原の道の駅に寄って帰ることにしました。まずは,国道185号線を西進し,竹原へ

usa
竹原市は,古い街並の残る安芸(広島県西部)の小京都と称される町です。奥さんが歩き疲れたというので道の駅で休んでもらっているうちに,娘と一緒に少しだけ散策してきました。町並み保存地区は,道の駅のすぐそばで昔ながらの,しかし,よく手入れされていて古びた感じはあまりない酒屋や民家,資料館,寺社,雑貨店が並んでいます。

usa
TVドラマ"マッサン"やアニメ"たまゆら"(こちらでの放送がなかった・・・と思う・・・のでよくわかりません)でも有名(かな?)な竹原市ですが,更なる探求はまたの機会に!!

帰りは,HDSEDが運転を交代してゆるゆる185号線から2号線に入り,そこから,またまたゆるゆる一般国道を通って自宅まで帰りました。

ちなみに,全走行距離は300km,車が表示した平均燃費は20.5km/Lでした。
posted by 五六式 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年05月23日

笠岡ベイファームでポピーを見る。

おかやま骨董アンティーク市で楽しんだ後,道の駅笠岡ベイファームまで足を伸ばしてポピーフェスティバルを観に行きました。

kso kso
国道2号線を西進して金光町のあたりでちょっと寄り道。以前から気になっていた(お昼時は,駐車場が満車状態)ラーメン屋さん,劉備でお昼ご飯をいただくことにしました。

ラーメンは,醤油味のみの直球勝負で,大,中,小から選べます。それに,チャーハンやソースカツ丼などのご飯ものがあり,セットにすることもできます。

麺は,細麺で固め,お醤油の香りが素晴らしい・・・ごちそうさまでした。

kso
お天気がよかったし,花も見ごろだったので駐車場は満車状態,かろうじて1カ所あいていた第二駐車場に入れることができました。

ポピーは,日頃目にするものと品種が違い,直径7〜8cmの大輪系で,6月上旬くらいまでが見ごろだそうです。

kso
ポピー畑に赤いミニ。

絵になりますね。いくら性能が良くても,ポルシェやGTRなんかじゃこうはいかないでしょう。

このごろの人は,性能,性能,あるいは,居住性,居住性,と車に多くを求め過ぎなのではないでしょうか?

だから,一連の燃費問題*なんかが起こる・・・。車ってこの程度で十分(でも,後ろの席の乗り降りは大変)と思えば,メーカーもユーザーも気が楽になると思います。賢い消費者と賢い行政がよい製品を生み出すのです。

*三菱のekワゴンだろうが,スズキのワゴンRだろうが,カタログ上は差があっても実用上の燃費はさほど変わらないはず。ほとんどの軽自動車は,カタログ上の燃費(JC08燃費 10・15燃費)を上げるために,燃費のテストに対応したチューニングをしていて,その結果,カタログの数値が出る。うちの先代ムーヴで低燃費運転をしたときの実燃費はカタログ値の8割弱程度,運転が荒い人なら,6〜7割。使い方にもよるけれど,日常の足ならば,月間で千円も差が開くことはないと思われる。メカの差よりも大事なのは運転のスタイルの差だろう。
posted by 五六式 at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年05月14日

RSKバラ園にお出かけ

奥さんがお花が見たくなったというので近場のRSKバラ園に行ってきました。

途中でスーパーに寄ってお弁当を買い込んでいざ!!

rsk
5月15日よりバラ祭りということでまずまずの咲きっぷりでした。

rsk
イングリッシュローズのアーチです。

rsk
ホール・マッカートニーに捧げられたと言うザ・マッカートニー・ローズ。

お隣の兵庫県加西市には,フラワーセンターが,鳥取県には,とっとり花回廊が,広島県には,福山市にはバラ園が,と,お花を見に行くところがいろいろありますが,ことバラ園に関してはどこにも負けていません。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年04月23日

春のとっとり花回廊

奥さんがお花を見たいというのでとっとり花回廊までお出かけしました。今回は,ETCが味方をしてくれるので行きは,早島ICから自動車道を利用して一気に蒜山まで走り,蒜山からは,国道482号線で国道180号線まで走ってというコースで行ってきました。国道180号線に入ってからは,少し北上し,道案内のプレートやおにっ子ランドの巨大な鬼を目印に川を渡ります。後は,道案内のプレートの示すままに進むとすぐとっとり花回廊に着きます。

hanakairou

瀬戸内では,チューリップは散ってしまっていますが,さすが山陰,まだまだきれいでした。変わり咲きのものも多数栽培されていました。

hanakairou

これからは,どちらかと言うとパンジーやビオラが見ごろです。

hanakairou

ここもパンジー。すごい数です。園内のプランターには,黒とか,アンバーとか,ピンクとか,普段見たことが無いような色のパンジーが栽培されていました。

hanakairou

ポピーも見ごろを迎えます。ポピーをバックに奥さんや娘さんを撮ると映えますよ。(息子はおらんのでよく分からん。)

花々を堪能したら,15時頃に早々と180号線を南下して帰路に着きました。いつも総社市を過ぎたあたりの高梁川の土手沿いの道で渋滞するので,岡山に回って帰ろうとしたら,最上稲荷のあたりでも渋滞・・・涙・・・。お帰りはお早めに。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年04月10日

今年のお花見は,倉敷由加山へ

今年のお花見は,一緒に出かける姪のMRちゃんが月曜日にテストだということで,近場の倉敷由加山へ行くことにしました。

yuga yuga

近場と言っても,かつては,讃岐の金比羅山にお参りに行くのなら合わせて由加山にお参りに行くとよいとされ,瑜伽大権現は、日本三大権現の一つに数えられているというなかなか立派なところです。昔は,神仏習合でしたが,現在は,蓮台寺が独立して建っています。とは言うものの,その境目はどこにあるのかよく分かりません・・・汗・・・。

yuga

権現さんですから狐さんがいます。

yuga

お弁当は,蓮台寺のしだれ桜の側で食べました。

yuga

参道や境内にはヒメシャガが咲いています。

最近,きれいな道が整備されて行き易くなったのですが,意地を張って旧道を走ったのでなかなか目的地につきませんでした。なまじ,道を知っていると苦労する・・・ということで。
posted by 五六式 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年03月13日

生命大躍進展 を観に行ったついでにいろいろ松山市で観光 その2

宿舎で朝食をとった後,道後温泉に浸かってのこのこと生命大躍進展の会場愛媛県美術館に向かったHDSED達・・・早くも駐車場に列ができていました。駐車場には右折で入るのですが,そうすると,列に割り込むことに・・・許されよ,私たちは,道を知らないんだ・・・岡山ナンバーだし・・・(実は,混雑はほどなく解消したようです。)

展示は,生命の誕生から現在に至るまでの様々な生物の化石や模型の展示,NHKで放送した"生命大躍進"のビデオ映像の上映などが中心でした。バージェス頁岩動物群の化石の展示だけかと思っていたら,古代魚や原始哺乳類,恐竜から私たち人類の進化の過程を辿る化石まで盛りだくさんの内容でした。

matsuyama アノマロカリス君

TVでは,大きい生き物も小さい生き物も画面いっぱいに映るのでなかなか大きさの実感が掴めないのですが,今回展示されている化石や模型は,実物大の物が多く,とても勉強になりました。アノマロカリス君は,小学生の子どもくらいの大きさがあって,今でも海や川に住んでいたら出くわしたくない感じでした。一方,これまた有名なハルキゲニア君は,せいぜい毛虫くらいの大きさ,その怪異な姿からくるインパクトの割には,大したことのないやつでした。

matsuyama やっぱり,恐竜は,でかい!!

恐竜の化石の展示も予想外にたくさんありました。やっぱり,恐竜には華がありますね。個人的には,特に,キャスモサウルスの展示が良かったです。顎の裏側から口内を覗けたので歯の付き具合がよく分かりました。

matsuyama ドーモ,ドーモ。

ドーモくんも背中にアノマロ君を背負って会場に来ていました。NHK,力を入れているなぁ・・・。

matsuyama

愛媛県美術館では,黄金のファラオと大ピラミッド展も開催中(ミュージアムショップで売っていたファラオと女王のぬいぐるみが微妙な感じでナイス!!記念撮影用の黄金のマスクも微妙)でしたが,帰りの時間もあるのでパスして,午後からは,松山城を見学しました。

まずは,リフトとケーブルカーの乗り場まで移動して(ここのチケットは,リフトとケーブルカーとどちらにも有効)リフトで初春の景色を楽しみながらを山を登り,城門の手前の売店でお昼ご飯を食べたりおみやげを選んだりしました。

すカレーうどん,ジャコ天,美味しゅうございました。

お腹と心が満たされた後,コンクリート作りではない,本物のお城である本丸を見学してから(にわか歴女の娘は大喜び。階段は,昔ながらの急な物で大変でした。)帰路に着きました。

帰りは,道の駅に寄りたいと言う奥さんのリクエストに従って国道11号線から帰ることにしました。結果的には石鎚山ハイウェイオアシス館にしか寄れなかったのですが,一般道を通るのは,なかなか味があってよい物です。昔は,11号線で松山から高松まで帰る途中,何度も渋滞に巻き込まれたもので,特に,伊予三島あたりは,東西に走る道が少ないので難儀しました。しかし,今回は,大した渋滞があるでなく,すっきりと通れました。みんな,自動車道を通っているのかなぁ・・・。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年03月12日

生命大躍進展 を観に行ったついでにいろいろ松山市で観光 その1

生命大躍進展が松山市にやってくるというので,急遽,家族旅行を企画し,砥部動物園や道後温泉,松山城でも楽しむことにしました。

(後日,岡山にも生命大躍進展がやって来ることが分かり,・・・涙・・・)

今回,娘の車"みどりん"にだけ搭載していたETCを新たに"薄幸ちゃん"(DAIHATSU MOVE。購入後1年間に2度も駐車場でぶつけられている。もちろん,こちらは微動だにしていなかったのにもかかわらず。)にも搭載,初陣となりました。

・・・が,ETCがカードを認識しない・・・。え?え?え?車内はパニック(瀬戸大橋の通行料は高い。),早くも家族旅行は挫折か?と思われたとき,娘が冷静に対応。「このETC,つけるところがなかった(現在はどうか分からないがMOVEの物入れは狭い。)ので上下逆についとるわ。」とカードを裏返しに入れると問題が解決しました。

後は,瀬戸大橋を渡ってそのまま松山自動車道で砥部動物園までまっしぐらです。

砥部動物園は,松山市内ではなく,愛媛県伊予郡砥部町にあり,正式には愛媛県立とべ動物園と言います。松山自動車道を降りてすぐ国道33号線を南下(途中,中央分離帯に砥部焼の壷が何点も置いてあります。)して10分ほどで着いてしまいます。当日は,土曜日だったので第一駐車場は満車,第二駐車場から入場門までの距離が長く,自動車道から降りてから駐車場までの時間より駐車場から歩いていく時間の方が長いと感じられたほどです。動物園へのアプローチには,様々な動物の足跡が刻印されていてわくわくさせられます。子ども達にはたまらない演出ですね。

matsuyama

ん?このつぶらな目は?

matsuyama 入場門から入ってすぐの爬虫類舎のワニ君です。


地方の動物園と侮るなかれ,動物の種類が多い(何十年ぶりかにサイを見ました。レッサーパンダもいるよ!!)し,イベントの企画も多彩,動物のストレスを軽減するため公開時間を制限する,シロクマのピースやアフリカ象の砥愛(とあ←きらきらネーム?)ちゃんなどのアイドルで話題を作るなど,努力をしています。がんばっているのは旭山動物園だけではないのですね。

matsuyama モンキータウンのオランさんです。

檻から空中に張ったロープを伝って遊び場まで行けるのですが,なかなか遊びに行ってくれません。ワクワクしている人間どものうち何人かが諦めて去って行き,しばらくして・・・

来た〜!!

娘は,娘でiPhoneで動画を撮っていました。

matsuyama

こども動物センターの巨大カワウソ。←これは,怖い!!

中に入ると,小動物に触れるコーナーもあるのですが,圧倒的に多いのが剥製や骨格標本。・・・って悪く言うと死体やがな・・・。怖いです・・・。

動物園を出て,すぐに道後温泉に向かう前に国道33号線を少しだけ南下して砥部焼陶芸館に寄りました。ここだと品数も多いし,道に迷わないし,ミカンゼリーなどのおみやげも売っているし,何かと便利です。中でも,松田窯の食器の手触りが何とも良くて気に入ったのですが,今回は,予算の都合もあって購入を断念,次回に期待。

matsuyama アートな道後温泉本館

宿舎は,道後温泉のすぐ近くのにぎたつ会館。荷物を降ろして商店街で夕食をとったり,おみやげを買ったりしました。道後温泉本館は,翌日の朝に行くことにして写真だけを撮りました。道後温泉では,「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」というイベントが行われています。玉野市を出発した時点では,終了していると思っていたのですが,「市民や観光客の皆さんに大変好評を得ていますので、道後温泉本館作品展示を平成28年3月31日(木曜日)まで延長します。」
ですと。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年01月23日

第2回 四国エアモデラーズミーティング

先日,行きつけの模型屋さんでポスターを見て,四国エアモデラーズミーティングがまた開催されることを知り,高松市のサンポート・ホールまで観に行って来ました。四国のみならず,近県のモデラーさん達の作品も集まり,楽しい催し物となっていました。見所はたくさんあるのですが,独断と偏見によって12作品を紹介します。(今回は,通常より写真を大きくして記事を載せています。)

samj FINEMOLDS 1/48 中島 一式戦闘機 隼

セピア色に退色したモノクロ写真風に塗装した作品。会場に入って真っ先に目につきました。

samj LS 1/75 中島 一式戦闘機 隼

昔懐かしいLSのキット。可動部を固定して今の技術で塗装すればこの仕上がり。

samj LS 1/75 三菱 Ki-109

これも,昔懐かしいLSのキット。現在でもときどき,LSの飛行機キットは,マイクロエースから再販されています。これは,外装が透明部品になっていて内部の構造が分かるというもの。当時は,こういうキットがちょくちょくリリースされていました。

samj ハセガワ 1/48 中島 九七式戦闘機

もともとは,マニア社から出ていたキット。古いキットだというけれどもそういうことは一切感じさせませんね。

samj ハセガワ(改) 1/72 富士 KM-2

実機は,T-34メンターを改設計して作られた海上自衛隊の練習機。ハセガワ製のキットを改造して同じようにKM-2を作るとは・・・。改造の跡が全く分からない仕上げ技術にびっくり。

samj EDUARD 1/48 ALBATROS D,III

渦巻き模様は,デカール。どこかの雑誌で手書きしていた人がいたけれど・・・。デカールを貼るのだって大変です。

samj HELLER 1/72 DH.89 DRAGON RAPIDE

"名探偵ポワロ"に出ていました。作った方は,"名探偵ポワロ"を観て,作り出したとか・・・。奥さんに,「"ポワロ"に出ていた飛行機だよ。」と言っても反応があまりなかったとか・・・。思わず,「うちもそんな感じですよ。」と応えてしまいました。

モーター内蔵でプロペラが回ります。

samj ハセガワ 1/48 P-39Q AIR COBRA

高空性能が悪くて戦闘機というより対地攻撃機として使われることが多かったという・・・日本軍がつけたあだ名が"鰹節"・・・トホホ・・・。でも,P-39Q ってかっこいいんですね!!思わず,再評価させられてしまいました。

samj REVELL 1/32 SUD SA-313B ALOUETTE II

胴体のトラス構造は,金属線をハンダづけして作ったものだそうです。民間機の塗装も相まってすっきり,くっきりした作品となっています。

samj
ZVEZDA 1/144 EKRANOPLAN A-90 ORLYONOK

旧ソ連が開発した地面効果機。とは言っても,水上を飛んでいたそうですが・・・。

samj SWORD 1/72 SIKORSkY S-43

SWORDさんは,こんな飛行機までキットにしてくれるのだから・・・。作るのが多少難しくても許す!!誰が何と言おうと許す!!

だから,再販してね。

samj AZUR 1/72 CIERVA C.30

AZURのキットは,1個だけ持っています(1/72 ボトゥール IIN)。

こちらは,珍しいオートジャイロのキット。シェルパっていうのだそうですが,素性は分かりません。うちにある日本の"カ号"のキットも民間機みたいに塗装するとおもしろいかも・・・。


さて,第3回はいつ開催してくれるのでしょうか?
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2016年01月04日

初詣は,倉敷市の阿智神社で

今年の初詣は,母親と奥さんとHDSEDの3人で三が日を避けて倉敷市の阿智神社に行ってきました。(娘は,本日から出勤でした・・・涙・・・。)

玉野市内の神社とか,由加神社本宮とか近くにも神社があるのですが,奥さんが,「知り合いに会うのが面倒。」というのでここしばらくは,阿智神社に行くことが多いです。また,更に有名な吉備津神社,吉備津彦神社,最上稲荷となると,渋滞が大変なのでこれらもパスしています。この3つの神社は,国道180号線上に並んでいるので自動車なら,どちらに行くとしても大変なことになります。

ati

倉敷市は,比較的近いから何回も来ているので駐車も知っているところで楽々。三が日が過ぎているので大きな催し物もありませんでしたが,まずまずのにぎわいでした。

お参りが終わったあとは,美観地区の日本郷土玩具館で今年の干支の申のおもちゃの特別展示を見て,それから,猫のグッズを販売している猫屋敷を覗いて帰りました。そうそう,猫屋敷の看板には,「倉敷犬猫屋敷」とあって,もちろん,猫ほどではありませんが,犬のグッズも扱っています。前に来たときは,ガラスで囲った中のネコを愛でることができた(無料)のですが,それがいつの間にか無くなって,"ヒョウネコの森"と称する有料コーナー(大人¥600子ども¥300/時間無制限)ができていました。そこでは,ガラスに遮られること無くヒョウネコとふれあえるようです。娘は,この話を聞いて「安い!」と言っていましたが,みなさんはどうでしょうか?ちなみに,他所のネコとふれあったりしたら,うちのタマオがやっかんで噛みついてきますが・・・。

posted by 五六式 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2015年12月27日

三豊市にお出かけ

知人が三豊市詫間町の文化会館マリン・ウェーブでモダンダンスの発表会をするというので観に行って来ました。これまで,何回か案内があったのですが,詫間町まで行くのには"よいしょ"がいります。でも,行かないずくで彼女が現役から引退,ということになるのは辛いので今回は"よいしょ"しましたよ。

瀬戸大橋経由で坂出市に渡り,国道11号線を西進,途中で道の駅"ふれあいパークみの"に寄って買い物と昼食。学生のとき,この近辺に来たのは,四国霊場第71番札所弥谷寺に行くためで,"ふれあいパークみの"は影も形も無かったころでした。それが,まぁ,温泉や遊園地や老人ホームまでできて・・・。

思ったより早く詫間町の近くまで来られたので津島神社に寄りました。

min
橋が北に250m伸びて津島と言う小島にに本殿があります。

min
普段は,通行止めです。

min
このはし通るべからず・・・なら,真ん中を通ろう・・・・・・・・・って!!

このように,橋桁にわたす板を取り外しているので通れないこともないけれど,通れません。しめ縄をしてあって,板だって外してあったら,普通,日本人の感性なら渡らんわな・・・。

この神社は,子どもの健康と成長の守り神として有名で,本殿へは,夏季大祭のある毎年8月4日と5日の2日間だけ,橋が架けられて渡ることができるようになります。

また,すぐ側を通るJR予讃線では,1年でこの2日だけ臨時駅「津島ノ宮駅」が開設されます。この津島ノ宮駅は,JRで最も年間営業時間が短い駅として知る人ぞ知る存在です。

はじめは,何でこんな神社に行かなならんの?と難しい顔をしていた奥さんも,その珍しさにしばし,あたりを見学していました。

で,やっと開演20分前に詫間町に到着。マリン・ウェーブって何やねん・・・ん?・・・。実は,2回ほど出張で詫間町に来たことがあるのを忘れていました。とたんに調子づくHDSEDに奥さんの冷たい視線が・・・。

肝心のモダンダンスですが,知人が公演時間1時間のほとんどを踊り通して,ときどき,彼女の長男が占い師に扮してパフォーマンスを行うというものでした。正直,ホントのところは分からないけれど,人生の苦悩を表現しているような・・・。娘曰く,"モダン"が付くと分からないものになるんだそうな。

モダンダンス
モダンアート
モダンジャズ

ホントだ・・・。

でも,モダン焼きは分かるよ。

それにしても,1時間分のBGMをどこから探し出して来たのでしょうか?これだけでもすごくエネルギーがいる作業だと思うのですが。

min

おまけは,マリン・ウェーブの職員の方のギターコレクション。玉石混淆やなぁ・・・。中央の怪しげなギターは,ギブソンのアメリカ合衆国をかたどったギターのパロディ。ネックは昔のスクワイアのもの(国産のときのもの?)でシェイプは三豊市,PUは,テレキャスター的な何かです。

後は,もと来た道を辿り,鳥坂峠でとっさかまんじゅうを買って帰りました。
posted by 五六式 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ