2012年04月30日

4月の連休は,海洋堂ホビー館四万十にアタック!!その2

ホビー館を後にして,大正の道の駅のところから国道439号線(通称よさく国道)に入り,ひたすら南下すれば,宿舎のある四万十市中村に着くはず・・・と思ったら,「酷道をゆく」(イカロス・ムック)という本に紹介されていた通り,それはそれはひどい目に遭いました。439号線に入ってすぐ,どっかの林道みたいに道が狭くなるのです。脇道の方がよっぽど広いぐらい・・・。ちょっとバックで引き返して確認しようとしたら後ろから来た車にブーブー言われるし・・・。でも,標識を見ると,しっかり「439」って書いているし・・・。

分かれ道の立て札には,林道みたいに狭い道が15km続くと書いてありました。かといって,須崎まで20km引き返してから中村を目指すのも面倒だし・・・。行ってしまえ〜!!五六式は,学生のころ,林道とかをよく走っていたので勘所は心得ています。「酷道をゆく」にも進めないで引き返したとは書いていなかったし・・・(でも,もう一度読んで復讐しておくべきだった。)

とにかくうねうねした峠越えの15kmを奥さんに頭をはたかれたり,「気をつけろ」の「スピードを落とせ」の言われたりしながらなんとか乗りきりました。奥様,こういうときは,運転に集中させてくれないと危ないんだよ!!

後,途中で3ナンバーのオフロード車とかピッカピッカのフルカウルの大型の自動二輪とかに出会いましたが,あの人らは,四国の道を嘗めとんのんか?脱輪するゾ!転倒するゾ!ヤバいと思っても道が狭いから引き返せんゾ!まぁ,営林署のジープなんかも通るだろうからある程度は道幅が確保されているはずですが・・・。

道が2車線になってからは,楽勝。明るいうちに宿舎にチェックインして,お買い物をしてから,夕食をとって,後は,ひたすら眠りました。

2日目は,素直に国道56号線で大洲市まで行って町並みを見学,

kyd 
おはなはん通りとおもひで倉庫を見学

更に松山道を使って今治市に入り,タオル博物館を見学

kyd 
タオル製の巨大なソフトクリーム 

タオルの製造工程の展示や常設のムーミンの世界展も良かったけれど,五六式的には,俣野温子コレクションがおすすめ。タオルで絵を描いてしまうんだからね。驚きました。また,彼女の描いた「大きな鳥」の絵本には泣かされました。動画は,彼女のサイトで視聴できます。音楽は,山本恭司・・・ってロックの人?

kyd
これだけでミニ博物館?

今治からは,しまなみ海道経由で2号線に入り,尾道,福山,笠岡・・・と楽勝かと思ったら,しまなみ海道が長い,長い。児島坂出ルートなんて10分ちょっとで渡り切っちゃうのにこちらは,50km以上もあるではないですか?もうすぐ帰れると気が緩んでたので苦しい戦いになりました。もう,今後,ここを通ることもないだろう・・・さらば・・・。

家に帰ってからホビー館でもらったおまけを開封しました。中身は,上の写真の通り。今回の旅行の参加者は,五六式以外はおばさんなので,恐竜フィギュアは最終的には五六式の手に渡ることになりました。それにしても,入館料800円で採算が合うんじゃろか?
posted by 五六式 at 03:21| お出かけ

2012年04月29日

4月の連休は,海洋堂ホビー館四万十にアタック!!その1

今年のゴールデンウィーク後半の4日間は,娘が1人で旅行に行くということで,前半の3日間のうち2日間は,娘に留守番をしてもらって五六式と奥さん,そして,それぞれの母親の4人,年寄りばかりで車を渡して四国に出てみました。うちにはにゃんこがいるのでなかなか母親と一緒にお泊まりで出かけることができません。娘のおかげで親孝行ができます。感謝!!

4月29日の早朝,自宅を出てお義母さんをひろってフェリーに乗り込み,後は自動車道に乗ってひたすら高知を目指します。最初の目的地は,"へんぴな博物館"こと"海洋堂ホビー館四万十"。奥さんのリクエストですが,五六式的にはOKですが,母親たちにとってはどうでしょ?

須崎の道の駅で鍋焼きラーメン(カシワの出汁でおいしゅうございました)を食べて,国道56号線に入り,しばらく走ってから国道381号線に入ります。普段だとこれですんなり海洋堂ホビー館四万十に行けますが,行楽シーズンなので臨時駐車場に車を置いてシャトルバス(無料)に乗せてもらいます。なんでもこの日は,シャトルバスが8台も出ていたということ,便利なのはいいけれど採算が取れるのかなぁ・・・

kyd 
着きました。

駐車場から階段を下りて行くと,入り口前には,木彫りのカッバなどがたくさん並んでいます。建物は,廃校になった小学校を転用したもので,派手にペイントしてますが,元は体育館です。入館料は,大人800円,小中学生400円です。

kyd 
こんなものが・・・

海洋堂自体は,もともと普通の模型屋さんだったんですね。それがどういういきさつで現在のようになったのやら・・・

展示されているプラモのコレクションの中には,一度組んだことのあるものもちらほら・・・写真の"サターン"と"バルゴン"は従弟が持ってたよ・・・。

次のコーナーは,ガレージキットのコーナー。うちにもキットのまま埋もれてるものが多数・・・。ホビー館にないものもうちのストックの中にはあります。海洋堂さんは,キットを保存用のストックとして持っていても,アフターパーツとして出してしまうんです。ずーっと昔,門真市に行ったとき,海洋堂の店舗に寄って「1/100アシュラ・テンプル残り1個!」というのを買ったとき,不足パーツがあったので問い合わせたところ,後日,パーツが送られてきましたから・・・。

他にも,海洋堂から羽ばたいた作家たちのコーナーや食玩,リボルテックのコーナー,ワークショップのコーナーなどがあります。

kyd 
キィイング・キィイング・キィングゲイナァア

美少女フィギュアの展示も多数ありましたが,古い作品はそれなりに劣化していてつらいものがありました。新しいところでは,最近マイブームのナギ様のフィギュアもあったけれど,ちょっと頭身が高過ぎに感じました。某有名原型師の"あの人"は,往々にしてオリジナルよりも頭身を高くしちゃう傾向があるんですね。

食玩の展示は,圧巻。こんなジャンルのものまで出していたのかと驚かされるぐらいのラインアップの豊富さです。例のフルタのチョコエッグ事件の経緯も何気に説明されていました。

また,企画展として和風のドールハウスの展示があったので,うちの母親たちもそれなりに楽しめたようでした。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2012年04月28日

ロジャー・ダルトリー 大阪公演

ロジャー・ダルトリーが来日し,名盤"TOMMY"の完全再現するというので近場で休日に開催される大阪(ホントは,兵庫県尼崎市)公演に行ってきました。

折角だから,途中で長田駅に寄って鉄人も観てきました。

rog 何だかむちゃくちゃにでかいです。


会場のアルカイック・ホールは,2000人足らずで満員になるところでしたが,おかげでロジャーやバンドのメンバーの顔がよく見られました。

rog 会場の周りには,メタセコイアがたくさん。

The Whoのオリジナルメンバー4人のうち,2人,ドラムのキース・ムーンとベースのジョン・エントウィッスルは,既に他界していて,ギターのピート・タウンゼントは,難聴に苦しんでいるという状況での来日です。ピートの代わりには,彼の実弟サイモン・タウンゼント(声も外見もおにーさんにそっくり)が入っていました。

コンサートは,1曲目からラストまで2時間あまりみんな総立ち,みなさん,よく曲を知っていらっしゃる。そして,ロジャーの真摯さにも感動しました。

音楽をする人ってだんだん我が儘になってヤなヤツになったりする(ヘタなヤツとはやりたくないとか,上手いヤツに嫉妬するとか,ショぼい会場ではやりたくないとか)ものですが,ロジャーには,そんなものを乗り越えた本当に尊敬できる音楽家の姿というものが見て取れました。

何だか,このコンサートで心が洗われたようです。毒気が抜けて自分が自分でないみたいです。

詳しくは,探してくださいね。
posted by 五六式 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2012年02月11日

中西うどん移転!!・・・でも,すぐそば

2月3日より高松市の中西うどんが店舗を移転しました。

平日と土曜日は,午前5時半から,日曜日と祝日は,午前7時から営業,働くお父さんお母さんに朝ご飯を供給してくれるありがたいお店です。

※木曜日はお休み,平日と土曜日は,午後4時まで,日曜と祝日は,午後2時まで

ud 
移転先は旧店舗のすぐそば

・・・というわけで,今までの店舗のほぼお隣,駐車場は,そのまま使っています。

ud 
床はフローリング,壁は腰板付き

・・・ということで,ちょっとシャレた感じになりました。

ud 
新メニューカレーうどん¥490(中)

新メニューとしてカレーうどんが追加されています。お味は,スパイスぴりぴりという感じではなく,ちょっと和風でうどんによく合うよう工夫されています。肉もきちんと入っていますよ!!
posted by 五六式 at 14:33 | TrackBack(0) | お出かけ

2012年01月29日

高松港でアメリカ海軍の掃海艦パトリオットを目撃

数日前から高松港にアメリカ海軍の掃海艦パトリオットが寄港しています。(31日まで)

pat
ここから先でとっちゃダメ・・・ですと

TVのニュースで紹介された艦長さんが美人だったので(?)ふらふらと(掃海艦の)写真を撮りに行ったのですが甘かった!!

立ち入り禁止区画の更に外側から写真を撮ってくれと言われるし,港内を何やら怪しげなタグボートがうろうろしていてカメラを持った人と掃海艦との間に割り込んで来るし,やっぱり外国の海軍の軍艦でした。ずっとずっと前にやって来たオーストラリアの掃海艇は,見学させてくれてパンフレットまでくれたのにね・・・。

pat 
煙突が斜めになっていてちょっぴりステルス・・・なのかなぁ?
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2012年01月28日

かんぽの宿伊野でお泊まり

ino

本日は,高知県のかんぽの宿伊野で研修会に参加して,そのままお泊まりです。

お食事は,"冬の 弥太郎会席プラン"。

お品書きは,
・先付/ 旬の二種盛        ・造里/ 旬の三種盛
・蓋物/ チャンバラ貝焚き合わせ  ・台の物/ 鯨のはりはり鍋
・焼物/ 若鶏の山椒焼       ・揚物/ 鰹フライ
・食事/ しらす御飯        ・汁物/ 赤出汁
・香の物/ 三種盛         ・甘味/ 季節のおすすめデザート

というもの。おいしゅうございました。

土曜日のお泊まりなのでちょっと高めについていますが,旅費が出たのでま,いいか・・・。

ino

宿は仁淀川のそばに立っており,どの部屋も川の方に向いているのでどの部屋からも写真のようなすてきな眺めが楽しめます。

いの町(平成の大合併のときにひらがな表記になったとのこと)というところは,山あり,川あり,土讃線や土佐電鉄も走っていて宿の7階から見るとどことなく箱庭のような感じでした。

そういえば,高校生のときに高知に引っ越した友達のところに遊びに行ってこの川で泳いだ記憶があります。

お風呂は,温泉で露天風呂や泡風呂,寝湯など,様々です。泉質は,ナトリウムイオンと塩素イオン・・・って・・・・塩水です。この辺りは海底が隆起してできた土地で,温泉を掘るとお湯にかつての海底の塩分が混じって来るのです。

お仕事がらみでなかったらもっとゆっくりして町中も散策してみたかったのですが,それはまた後日ということで・・・。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2012年01月08日

最上稲荷にお参り

お正月にぐだぐだしていたら,うちの母親だけが初詣をしていないことに気付いて,急遽,日本三大稲荷の1つに挙げられている(組み合わせには諸説あるようです)最上稲荷にお参りに行くことにしました。

国道30号線を北上して,途中で児島線に入り,妹尾と庭瀬を経由して国道180号線に当たると,左折,あっという間に(1時間以上かかりましたが)最上稲荷の大鳥居をくぐることができました。

お正月の期間中は,参拝者が多いので駐車場もいっぱいです。でも,全然とめられないということもないところがさすがに岡山県,後は,歩きでおみやげ屋さんが立ち並ぶ参道を通ります。柚子せんべいを買わないかという売り込みをかわしながら人でごった返す坂と階段を上り続けると,あっけなく最上稲荷の境内にたどり着きました。

sji001.jpg

広い境内に赤い上りが立ち並び,護摩や線香を焚く煙が立ち並ぶ境内のあちこちでひとしきりお賽銭を上げては拝むを繰り返して任務を完了,後は,帰り道でどこかに寄り,昼食を済まして母親の買い物につきあい,日が沈まないうちに帰宅する予定でした。

ここまで楽勝に事が進んだために五六式は最上稲荷をナメとった・・・。国道180号線沿いには最上稲荷以外にも吉備津神社と吉備津彦神社があり,西に行くにも東に行くにも大変な混雑。何と,車に乗ってから庭瀬に達するまでにそれから2時間を要したのです。

お腹は減るは,眠くなるは,大変な思いをして3時過ぎにやっと昼食にありつくことができました。今度行くときまでに,帰り道に使える抜け道を探しておかないとまた大変な目に遭うことでしょう・・・ぶるる・・・。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2011年12月23日

和牛レストラン"ふゆさと"で千屋牛を食べたよ!!

年末に3連休となり,うちの奥さんと娘,お義母さんといっしょにお出かけをして,ついでにお正月用の野菜なんかを買ってこようということになりました。目指すは,とっとり花回廊のイルミネーション・・・さて・・・

fs

自宅のある玉野から総社市を抜けて国道180号線をもくもくと北上します。岡山県は結構広いし,玉野市はその南の端,目的地は北の端の新見市を抜けて峠を越え,大山の麓ということでちょっと根性がいります。新見市の市街地を抜けてしばらく行くと新見市千屋にさしかかります。すると,道路沿いにこんな看板が・・・

新見市千屋と言えば,知る人ぞ知るアメダス村であり,また,和牛の名産地,このふざ・・・もとい,ゆる〜い看板はそのことをアピールするものなのです。

fs

さらに,国道180号線を北上し,新見千屋温泉「いぶきの里」のいくらか手前,道路の右側に千屋牛の里ゆうゆうセンターがあり,その中に和牛レストラン"ふゆさと"があります。

fs 
ごめん,トマトとキュウリは食べてしまった・・・

五六式一行は,和牛として,他のブランド牛に匹敵する千屋牛をお手軽に楽しむことのできる,ここ,"ふゆさと"で昼食をとることになりました。メニューは,¥1050のふゆさとセットからいろいろです。

お義母さんと五六式は,ふゆさとセットを,奥さんと娘は,¥1580の焼き肉セットをいただきました。焼き肉セットは,¥1580〜ということで,一番安いヤツですが,高いヤツだと食べきれないのでこれで十分です。おいしゅうございました・・・。(焼き肉セットの方がお肉が柔らかいです。)

どっかのレビューで活気がないとか書いているのがありましたが,無理を言ってはいけません。千屋ですから・・・

fs

食事を済まして県境の峠越えの途中でこの雪景色,きれいなのはいいのですが,路面に雪が積もり始めたので勇気ある撤退を余儀なくされました。玉野市ではピーカンだったのに・・・やっぱり,山陰は自然の力がこわいところ・・・。

帰りに真庭市勝山の木の駅や,真庭市鹿田の道の駅,醍醐の里,倉敷のAEONなどに寄ってお買い物をしてから無事自宅に到着。総走行距離は,340km,燃費は,20km/lでした。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2011年11月26日

エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッド広島公演

それは,数ヶ月前のこと・・・

おやぢ:わぁ,どうしよう・・・エリック・クラプトンが来るんだって・・・
娘:ふーん
おやぢ:でも,お小遣いが・・・どうしよう・・・
娘:クラプトンって還暦越えているって言ってたじゃん。歳が歳だから,もう,来んようになるかも知れないよ・・・
おやぢ:でも,お小遣いが・・・どうしよう・・・
娘:クラプトンって還暦越えているって言ってたじゃん。歳が歳だから,もう,来んようになるかも知れないよ・・・

・・・というわけで,チケットを手に入れて広島まで行ってきました。

学生のとき,高松で大橋純子のコンサートに行って以来,ン十年ぶりのプロが出演するコンサートです。しかも,外タレ!!

hiro 
やって来ました。広島へ・・・

会場は,平和公園の隣の広島県立体育館。

・・・隣って言っても,結構離れてました。早めに広島入りしたのでよかったけれど,ギリギリに着いていたらどうなったことやら。

hiro 
広島県立体育館グリーン何たら。場内は,撮影も録音も禁止なので(そりゃ,そうでしょう)写真は,ここまで。

午後3時過ぎにグッズ販売開始。4時過ぎに開場。5時過ぎに開演となりました。

午後3時前ぐらいから人が集まり始めたのでパンフを入手するために列に入りました。そして,さほど苦労することもなくグッズをゲット。クラプトンのTシャツはグリーンのがかっこ良かったのですが,これを着ると,ギターを弾くものとしてクラプトンに完全に屈服することになると思い,買うのはパス。どう考えてもクラプトンには負けるのは当然なのだけれど,一寸の虫にも五分の魂ってヤツです。

午後4時前ぐらいから入場のための列に入りました。お隣に並んでいたおばちゃんは,どう見ても60は過ぎているんだけれども,さっきのグッズ販売で手に入れたスタジャンを着て,トートバッグをぶら下げてワクワクしています。何か,若い娘さんみたいで可愛かったです(更にお隣にいたのは,彼女の旦那)。それにしても,人のことは言えんけど,髪の毛が真っ白だったり,老け顔だったり,メタボだったりといったじーちゃん,ばーちゃんの多いこと。もっとも,クラプトン自身が還暦を超えているので当たり前って言えば当たり前なんだけれどね。もちろん,10代の子もいるので,こういうのは,"広い年齢層から支持されている"ってことですね。(うちの娘もちいっとは見習ってほしいもの・・・それとも,孫ができたら洗脳するとか・・・)

会場に入って,席に着くと,ちょっとがっかり・・・2階席で左斜めに見る形になるし,スクリーンが無いので表情のアップを見ることができない・・・。まぁ,右斜めの位地だと右利きの人がギターを弾くときの手許や顔を見るのが困難になるのでそれよりはましか・・・。それに,表情のアップは,既に発売されているビデオディスクを買えば見られるし・・・。

1曲目は,スティーヴ・ウィンウッドーがボーカルをとって,ブラインド・フェイスの曲から始まりました。(まだまだツアー中なので極力ネタばらしは押さえています。セットリストは,こちらを参照)隣の若い男の子が「どっちがクラプトンか分からん」とか言っています。ピューターのストラト(おそらく,エリック・クラプトンモデル)を持っていて薄いブルーのシャツを着ている老けた方がエリック・クラプトン,緑のシャツでサーフ・グリーンのストラト(ジェフ・ベックモデルみたいだけれど,ネックはメイプル・ワンピース)を持っている方がスティーヴ・ウィンウッドです。

・・・しまった・・・スティーヴ・ウィンウッドの名前は知っていたけれど曲の方はあまりチェックしていなかった・・・。(これからコンサートに行かれる方は,事前にブラインド・フェイスのCDを聞いておくことをおすすめします。)とは言うものの,遥か昔に聞いたことのある曲があるし,たとえ,初めて聞く曲でも,曲そのものの力と演奏の力で楽しめたし,知っている曲ばかりを要求するのは保守的すぎるというもの・・・。

以降,エリック・クラプトンとスティーヴ・ウィンウッドが交互にボーカルをとってコンサートが進んで行きます。ボーカルの負担が減った分,クラプトンがギターの方で燃えていたような気がしました。


スティーヴ・ウィンウッドのボーカルは,"味"という点では,エリック・クラプトンにやや及ばない(クラプトンの時々裏返る歌い方が好き)ものの,張りや伸びがあり,エリック・クラプトンやバックコーラスの声とよくなじんでいました。(バックコーラスのお姉さん二人(ミッシェル・ジョンとシャロン・ホワイト)も単独で主役を張れる実力者たちだそうです。何曲か演奏が進んでいって印象に残ったのは,ドラムのスティーブ・ガッドの熱演。何歳なの?この人・・・。感動して涙が出てきました。

ところで,コンサートが進んで行くにつれ,五六式ののーみそは"いい仕事"をし始めます。斜め左からのアングルを脳内で補正,以前見た,エリック・クラプトンのライブ映像から表情のアップをインサートします。えらいよ,自分!!(オペラ・グラスを忘れただけ。もっとも,隣のおじさんもオペラ・グラスを持って来ていなかったし,となりの若い子は,持って来ているけれどもたまにしか覗いていなかった。)

コンサート中盤は,ストラトからマーチンの000モデルに持ち替えてアンプラグド・ステージ(ピエゾ・ビックアップが内蔵されていますが・・・だから,ギターからシールド線が伸びてますが・・・)となりました。ピエゾ・ビックアップのクセなのか,エリック・クラプトンのタッチのせいなのかは分からないけれど,正直,あのビチビチッというアタック音は好きではありません。今回,スティーヴ・ウィンウッドとギター・デュオとなってあのビチビチッが緩和されたのは幸いでした。ここでの"WONDERFUL TONIGHT"は,今まで聞いたどのバージョンをも上回る美しさでした。

なんやかやで演奏が続いて,最後にはアンコールに2曲入りました。最後の曲は・・・教えてあげません。演奏時間は,トータルで2時間ほど。わたしゃ,2時間も続けてつっ立って歌うなんてできんよ・・・。2時間,首を曲げていたので,更に大変なことになってました。

会場は,満員だったので,コンサート終了後,なかなか外に出られませんでしたが,なんとか脱出に成功。さぁ,岡山に帰ろう・・・。

hiro 
紀乃国屋ぶんちゃんのお好み焼き

最後に,折角,広島に来たので駅ビルで紅葉まんじゅうを買って,お好み焼きを食べて帰路に着きました。めでたし,めでたし・・・。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2011年11月23日

香川県立ミュージアム 昭和大鉄道展 に行ったよ

高松市に所用で行ったついでに香川県立ミュージアムで開催されている昭和大鉄道展を見に行きました。

mus 
まるで来るものを拒むかのような香川県立ミュージアムの入り口。この扉の奥に更に同じ扉がある。"注文の多い料理店"かい?

お隣の県民ホールもそうなのだけれど,実に入り難く,嫌な感じの入り口です。この嫌な感じは,写真だけでは伝わりきれないかもしれません。しかも,中に入ると展示会場のあるところが分かり難い。(お隣の県民ホールも中に入ってから各ホールの入り口に辿り着くこと自体が困難・・・ダンジョンじゃないんだから・・・!!)これらの箱ものの設計者達がいかに入場者のことを考えていないかが伺われます。

駐輪場についても大いに言いたいのですが,ここは押さえて・・・。

自動ドアを2回開けると,明るく開放的な空間が開け,受付とミュージアムショップが目に入ります。受付の感じのいいお姉さんが親切に案内してくれたので怒りがおさまる五六式・・・我ながら現金なヤツ・・・。というか,案内してもらわないと一見さんは,展示会場に辿り着けないのです。会場は,2階。ちょっと奥まったところにあるエレベーター(これも見つかり難い)で上がります。ちなみに,階段は,非常階段のみで鉄のドアの向こうに隠されています。2階に展示会場があるのはよいとして,もう少しこましな階段があってもよかろうに・・・。

やっとのことで入り口に辿り着き,料金¥800なりを払ったときには,もう,疲れてしまいました。まぁ,展示会自体や受付のお姉さんにはなんの罪も無いのですが。(くどいようですが,県民ホールには,案内をする人さえほとんどいません。)

会場では,昭和の街並みの展示のみ撮影可でしたので,フラッシュ不可という困難な状況でしたが,何枚か写真を撮りました。

mus
完成度は,今一つ。当時の様子はよく伝わって来る。

mus 
本屋さん,こんな感じでした。

mus 
当時の雑誌。よく集められたもの。

肝心の鉄道の展示ですが,充実していました。最初期の鉄道の建設計画の文書や当時のプレート,限定切符,色刷りの路線図や観光案内に鉄道模型の数々・・・地元の"鉄"にはたまらないでしょう。

香川の鉄道は,琴平宮の参拝の便をよくするために路線が発達し,それらに加えて屋島や八栗さん(四国八十八箇所 八十五番札所八栗寺),塩江温泉への路線が延びて行きました。時代とともに路線の統廃合があり,各社が連携して香川県の観光パンフレットを出したり,沿線を鉄道会社が開発したりといったストーリーは,実に興味深いものでした。

五六式は,いわゆる"鉄"ではないのですが,旧瓦町駅の写真や模型,宇高連絡船のプレートや写真など,子どものときの記憶がよみがえるような展示品が多かったので,そういった点でも十分楽しめました。

今回は,あまり時間がなかったのでさらりと見ただけだったのですが,ミュージアムショップで¥600の図録を買って帰りました。展示品の撮影が不可だったし,文書などは図録を見た方が読み易いのでおすすめです。「展示会に¥800も払うのはなぁ」と思っている人もミュージアムショップのあるところは入場料を取らないので図録だけ買って帰るという手もありです。

なお,昭和大鉄道展は,今週末,11月27日まで開催されています。
posted by 五六式 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2011年11月19日

未完成チーム展示会

今年も恒例の岡山未完成チーム模型展示会に行ってきました。

同時開催は,武田壽朗遺作展。未完成チームのメンバーの武田氏が昨年,亡くなられたそうです。

直接お話ししたことはほとんどありませんでしたが,毎年,展示会にお邪魔していた五六式にとっては,見知った方でありましたので残念でなりません。

mic メトロン(武田)さんのお部屋

巨大な宇宙戦艦をフルスクラッチしたり,大スケールの飛行機モデルを制作したりすることが得意な方でした。

mic 全長1m超(目測です)の巨大宇宙戦艦

武田氏の所有キットの一部は,未完成チームのメンバーの方々が完成させて今回の展示会に出展していました。

mic アカデミー1/72 PBY-5Aカタリナ
赤い主翼とディグロウの識別帯のデンマーク軍機。

mic モノグラム1/48 PBY-5カタリナ
さすが,名門モノグラム。これは,作りたくなる・・・!!でも,置き場所は?

今回のお題は1/48零戦

mic 総数は30機以上!!

以下は,自分の好きな機体や気になった作品たちです。

mic ドイツレベル1/72 ウェストランド ウェセックス
イタレリ製と同等品。でも,お値段は・・・。
英国機らしく,あちこちでこぼこで,このカラーリング・・・たまりません。

mic エアフィックス1/72 BAe シーハリアーFA.2
新生エアフィックスの新金型キット。
実機は,レーダー誘導AAMが運用可能な空対空戦闘能力向上型です。
他のハリアーと較べてちょっぴり細長くて何気にかっこいい機体です。
機首周りの不自然なラインがこれまた・・・

mic LS(もしくは,アリイ)1/32 ブルーバード'61
レトロでおしゃれな2トーンカラー。つやの具合も微妙にいい感じ。
オーナーズクラプのキット群の欠点であるフェンダーミラーのぶ厚さも修正済み。

mic ドイツレベル 1/72 スーパーマリン ウォーラス
"あいあむ・じ・えっぐまん♪ぜあー・じ・えっぐめん♪あいあむ・ざ・うぉーらーす♪ぐ・ぐーぶじゅーぶ♪"のウォーラスです。
もともとは,マッチボックスのキット。エアフィックスのキットも隣にあったけれど,こちらが新しい分,幾分,シャープな印象です。マッチボックス,侮るべからず。キットの箱絵にはオーストラリア軍機に撃墜されている零戦らしきものが描かれていましたが,いくら何でもそれは無かろ・・・?

なお,会場には,AFVや艦船の素晴らしい作品もたくさんありました(トランぺッターのASU-85とか,アオシマの伊号潜水艦とか・・・)。展示会は,明日も岡山駅西口から北にしばらく行ったところ,オルガ(おかやまコープ)4階で午後4時まで開催中です。
posted by 五六式 at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ

2011年10月24日

大塚製薬板野工場を見学したよ

お仕事で徳島県の大塚製薬板野工場を見学しました。場所は,高松自動車道板野ICの近くで,工場付近は,あすたむらんどを含めて施設のデザインを統一して総合的に開発されているそうです。

fc 
バスから無理矢理撮影したので傾いてます

工場施設は,まるで公園の中にあるようでデザインもなんともメルヘンですね。

工場は,錠剤を生産する棟とソイジョイを生産する棟の2つに別れており,3交代で1日あたり延べ約100人の人が働いているそうです。

施設内は,自動化が進んでおり,薬を作っている様は,まさにSFの世界です。撮影禁止なのでお見せできませんが,真っ白な壁の通路や部屋で機械だけが薬の材料を運び,攪拌し,成型し,梱包します。見守るのは,ごく少数の人間だけ・・・。思わず「"2001年宇宙の旅"じゃあ!!」と言ってしまいましたが,よく考えると,"2001年"どころか"2010年"でもなく,現在は,2011年なのですよね。

感心したのは,ソイジョイの開発の理念です。

現在,大豆の主要生産国では,大豆を牛の飼料として消費しています。牛を1kg大きくするのには大豆を10kg食べさせなければなりません。もし,人間が大豆を直接食べることになると,最大8億人を飢餓から救うことができると言うのです。ソイジョイは,このように,大豆を直接人間が食べることを提案する食品として開発されたと言います。

五六式は,その志の高さに感動してしまいました。

これからは,アク◯リアスを飲みたくなったらポカリスエットを飲もう・・・。

rb 
全高は,3mくらい

大塚製薬板野工場のすぐそばにあるあすたむらんどにも寄りました。(あくまでお仕事の一環です)

上の写真は,そこに展示していたダンボール製のロボット。EZ8とトロピカルドムでしょうか?アイテムの選択が渋い!!高校生が作ったらしいのですが,若いころからこんなに渋好みでどうするのでしょうか?
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2011年09月19日

"山本佳子作品展 −絵描きの日常―"を観に行く

昨日に続き,今度は,岡山市表町のテトラヘドロンで開催されていた"山本佳子作品展 −絵描きの日常―"を観に行きました。

山本佳子さんは,県展、岡山県美術家協会展、岡山梨花会展などに出品/入賞している岡山県在住の人物画を得意とする洋画家です。で,よくモデルになっている女の子は,実は,HDSEDの姪だったりします。

本当だったら,初日にお花でも持って駆けつけなければならないところですが,スケジュールが合わず,最終日に観に行くことになりました。

・・・ごめんなさい・・・

今回は,女性の肖像と花の絵が多かったです。一昨年,同じ場所で開かれていた個展も見たのですが,こころなしか作品の印象が柔らかくなったような・・・また,案内のハガキに載っていた女性の肖像画もありましたが,実物は,それよりやや淡い色調でした。

やっぱり,本物を見なくてはね。
posted by 五六式 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2011年09月03日

第7回高松ニッパーズ展示会

9月2日,のろのろ日本に向かって北上していた台風12号のおかげで退勤前にフェリーも瀬戸大橋線も止まり,帰宅できなかった五六式ですが,なんとか泊まれるところを確保して3日の朝を迎えることができました。実は,高松市内で3日に開催される図書館教育充実のための講演会のスタッフとして録音を担当することになっていたので,四国に留まれたのはよかったと言えばよかったのですが・・・

お仕事が始まるのは昼過ぎからだったので,サンポートで開催されていた"第7回高松ニッパーズ展示会"にお邪魔させていただきました。

各地で深刻な被害を出している台風12号ですが,サンポート周辺に関してはちょっと風雨がきついなと感じられるぐらいでした。・・・展示会は中止になっていないでしょうね・・・やってました。やってました!!

nip  nip

いきなりゲストさんの作品なのですが,食玩のバスコレクションの塗装をはがしてリペイントし,自作のデカールを貼ったものです。一体,どれだけの手間をかければこういうことができるのでしょうか?

nip 
1/72 P-51D 

きらきらの銀塗装に注目!!塗料の進歩もあるんだけれど,丁寧に仕上げるモデラーの腕もまた重要。この作品を作った人の他の作品も端正に仕上げられていました。

nip 
1/100翼コレクションの零戦

おそらく,写真だけで「1/72だよ」と言われても分からないでしょう。大人げない・・・けしから・・・いえいえ,素晴らしい作品です。

nip 
1/35 BMW R75 サイドカー

ン十年前にタミヤの1/35を作ったことがあるなぁ・・・あのキットは,サイドカーの部品のつなぎ目が大きく開いて,その修正のために盛ったパテがなかなか固まらなくて困ったもんですよ・・・遠い目・・・このキットは,標準で付属しているエッチングパーツでスポークを再現しています。

nip 
1/24 ニッサンローレル

ハセガワの1/24ブルーバードのキットの部品をばらしてそれぞれを拡大し,組み上げたものです。マラサイの1/100のキットがないのでMGのハイザックをばらして作るようなものなのでしょうか・・・?

接合した部品と部品の継ぎ目が全く見当たりません。

「すごいっ!何て組み上がりだ!」(byどっかの星の神様な王様)

他にもボークスの1/32震電(完成させるの早っ!!)とか,フィンランド航空のムーミン・ジェット(ハセガワ1/200・うちの倉庫にも眠っています)とか見所がいっぱいありました。

さて,来年はどんな作品が見られるのでしょうか?
posted by 五六式 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | お出かけ

2011年08月16日

長崎県に家族旅行

14日から3日間の予定でハウステンボスと長崎市内観光をメインに家族旅行に行ってきました。

今回は,あまり予備知識がなかったので出たとこ勝負という感じであまり予定を立てずに出かけましたが,お世話になったJTBのI橋さんのアドバイスで15日に行われる精霊流しも見ることにしました。

まずは,JR宇野線で岡山まで出て,そこから一気に新幹線で博多まで行きます。

次にハウステンボス行きの特急に乗り換え,5時間かけて目的地に到着しました。

nag
駅を降りると,巨大な洋風建築がお出迎え

駅からハウステンボスの入り口までは結構距離があります。入り口手前の受付で手荷物をホテルまで運んでもらって,いざ!!と思っていたら激しい雨・・・。晴れの国の住人であるHDSED(だけ)は,傘を持ってきていなかったので大変な目に遭うことに・・・。

nag
"ワンピース"に出て来る海賊船。実物大だと痛い・・・

お泊まりは,園内のホテル・アムステルダム。時間に余裕があるので,一日目は,なるべくたくさんあちこち見て,二日目に"エッシャー展"と大人気(と言われている・・・単行本多いんだもん。ついていけん・・・)"ワンピース"のショーやイベントを見てから長崎市に向かうことにしました。

二日目も,一日目程でないにしろ,雨が降っていました。♪ああああ〜なっがっさっきぃはぁ〜,きょおもぉっ,あっめへぇっ   だぁったぁ〜♪ですね。

"エッシャー展"は充実した内容。ただの不思議な絵を描く人ではありませんでした。しかも,彼のお父さんは,明治時代に来日して技術指導をした人でエッシャー自身も日本文化の影響も受けているのではないのかと・・・ということで,思わず図録も買ってしまいました。

お昼ご飯は,娘のリクエストで"ワンピース"にちなんだメニューが楽しいレストランへ。たしかに楽しい・・・のかもしれない・・・

五六式は,ルフィーのカレー

奥さんは,サンジのシーフードパスタ

娘は,チョッパーのホワイトカレー

をいただきました。たしかに楽しい・・・のかもしれない・・・

nag 坂の街に洋館が並ぶ・・・

二日目のお昼過ぎに,快速列車で長崎に向かい,みんなばてていたので市内観光は,明日にまわし,ぐだぐだおみやげ屋さんで買い物をしたり精霊流しを見学したりしました。

路面電車の通る道を花火や爆竹の音とともに荷台に乗ってやって来る船(?)、大きさも形も様々です。舳先には三角錐のそこを斜めに切り落としたようなものがついていて,その切り口には色紙が貼ってあり,何やら書き込んであります。

実は,宿泊しているホテルの窓からも精霊流しの様子が眺められます。爆竹や花火が大量に使われるので11Fの部屋にも火薬の匂いが漂って来るほどでした。

船の向かう先は,卸売り市場の跡で,そこにはコンテナー車とクレーン車が待機しています。うちの奥さんは,「クレーンやドーザーでぐしゃっとね!!」とか言っていました(うちの奥さんはブラック天然と言われています)が,そういえば,船を運んできた人は手ぶらで帰っていきます。

船は,昔のように海に流したりせず「ぐしゃっとね!!」されて,コンテナーに放り込まれていきます。そして,一夜明けると,そこには何も残っていませんでした。・・・何か,すごいよ。長崎市民・・・

nag
昔の賢人と張り合って並んでみました。

三日目は,オランダ坂から出発です。点在する西洋館を見学した後,孔子廟へ。娘たちは,「こんなところ,知ら〜ん」「何でこんなところに行くの〜」とか言っていましたが,中に入ると建物や展示物の見事さ(古代に使われた金印などの展示がすごい)に不満はかき消えてしまい,熱心に見学したりおみやげを選んだりしていました。

孔子廟からは,エレベーターを乗り継いでグラバー園に辿り着きます。洋館と長崎の街の景観を楽しみつつ,やっぱり連れの二人はおみやげ屋さんに突入。特急列車の時間があるので余裕はないのだよ・・・?

nag
何かいろいろ書いていますが,おトイレです。

博多に着くと,実質的にもう帰ったも同然。新幹線が始発なのでよほどのことがない限り自由席に座ることができます。

しかし,博多でも駅ビルで奥さんと娘は,駅ビルでシュタイフのぬいぐるみを発見,チェックするのでありました・・・涙・・・。

nag
そこにはなんと・・・

岡山に帰って,朗報がありました。なんと!!ジュレ◯ックスが復活!!・・・←これは,オチか?・・・
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2011年08月07日

高松でお墓参りをした後に・・・

今日は,お誕生日です。このごろのMacは,お祝いしてくれないけれど・・・。

うわぁい!!

ン十ン歳になってしまいました・・・(涙)。

昨日書いた"コクリコ"の人たちの方がはるかにおにーさん,おねーさんなんです(あの人たちは,終戦前後に生まれています)けれどね。

で,ちょっと早いけれど高松まで車を渡してお墓参りに行ってきました。

高松港で伯父とおちあい,父方と毋方のお墓参りをしたあと,娘のリクエストで竹生でうどんを食べようとしたのですが,びっくりするほど人が並んでいたので伯父の案内でちょっといい(値段も)うどん屋さんに行くことにしました。

mr 
長屋門です。

で,連れて行ってもらったのが,八栗さんの手前にある山田家です。

屋敷自体は,もともとお醤油屋さんなのですが,ふるい建物ながら手入れが行き届いていてお庭も見事,

mr 
ざるぶっかけ定食¥1100

うどんは,つるつるのしこしこでエビのてんぷらも上出来のものが2ヶ付いております。

しかも,食事の後は,コーヒーや抹茶ラテで喫茶も楽しめると言う・・・。

mr 
非常にかっこ良い建物。なんとか研究所みたい。

奥さんたちのリクエストで香西のAEONに行く前に,近くの石の民族資料館に寄りました。

入館料は,大人¥200ということで,ま,展示も多いとは言えないのですが,等身大の人形を使ったジオラマ仕立てで石の切り出しや加工の様子を解説してくれています。写真のように非常に景色が良い所にあって,恐竜フィギュア展も開催中ということでなかなか楽しめました。

mr 
恐竜フィギュア展のポスター
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2011年07月31日

おかやま骨董アンティーク市

kotto

うちの奥さんと一緒に7月30日と31日に岡山市の卸しセンター内のオレンジ・ホールで開催されていた骨董市に行ってきました。

売られていたのは,置物や陶器,アクセサリーや置物などが多かったのですが,探してみるといろいろ気になるものもありました。

・象牙製品 さすがに樹脂製品とはわけが違う。成功に作られた4〜5cmほどの人形や狛犬を見ると・・・お値段に0が2つ多かった!!

・学校の備品 椅子とか,実験器具とか・・・ガッコにノスタルジーを感じる人も確かにいるんだろうねぇ・・・現在のスチールパイプに合板をリベットでくっつけた椅子と較べると,昔のものは,全部むくの木製品で全くものが違います。

・タミヤの1/20F-1モデル完成品 ロータスが2種とベネトンが1種。シューマッハが活躍しだしたころの車達です。タミヤの純正の完成品でした。

・ガラスのたいやき うちの奥さんもちょっと心を引かれていました。透明なガラス製のたいやきに色つきガラスのあんこが入っている涼しげな一品。これは,骨董ではなくて県内の作家さんの新作。

・ペンタックス・オート110 (ワン・テン) 唯一の110フィルムを使用するレンズ交換式一眼レフカメラで、おそらく世界最小の一眼レフカメラ。若いとき,とても欲しかったけれど,HDSEDは,「カメラは実用品」と思っている(110フィルムは2009年に販売終了)ので今回は,商品を眺めただけ。驚くほど美品でアクセサリーも揃っていました。・・・惜しい!!

会場を出るとき,会場までの案内のお駄賃として奥さんにコーヒーを買ってもらいました。
posted by 五六式 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2011年06月03日

とっとり花回廊へ

初夏の緑と花が見たいと言うのでうちの奥さんとお義母さん,娘と一緒にとっとり花回廊に行って来ました。

早島インターから有料道路に入り,米子方面に行くよう道路標識に従いながら山陽道,岡山道,中国道,米子道と移って溝口で降ります。

国道181号線に入るときに左折して後は,花回廊への案内板があるのでそれに従っていくとすぐに着きます。

hnk 後ろのドームは温室になっています。

園内の食堂は,6月19日まで,昼食時は,バイキング料理のみです。(大人¥1500。20日以降はどうなるのかな?)

多少順番待ちをしましたが,おいしくいただけました。

うちの奥さんは,ドリンクバー(大人¥200)のアイスコーヒーがおいしかったのでおかわりしていました。たしかに,さわやかな苦み・・・。

hnk 雲じいや雲美にハントされそうな謎の遊具

咲いている花は,パンジー,マリーゴールド,ベゴニア,バラなどでクレマチス展(6月12日まで)もしていました。

また,温室では,ランやブーゲンビリアなども見学られます。

温室で咲いていたヒスイカズラの花は,その名の通り翡翠のような色で印象的でした。

hnk 回廊をぐるっと回って景色を見るのも吉。
posted by 五六式 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2011年05月05日

再び鞆の浦へお出かけ

大学時代のサークルの同級生である,五六式,うちの奥さん,倉敷市在住のM山さん,福山市在住のT田さんでお休みの日に合おうということで日程を合わせて鞆の浦まで遊びに行ってきました。岡山県人3人が1台の車に乗り合わせて福山まで出かけ,地元のT田さんおよびT田さんの知人2人と合流。6人で昼食をとった後,鞆の浦に出かけるという日程でした。

以下,前回とだぶらない内容で鞆の浦で見たものをご紹介。

fuk 何か秘密基地みたいです。
さて,鞆の浦に着いたものの,港に近い駐車場は既に満杯状態。少し離れた臨時駐車場に車を停めてシャトルバスを使うことになりました。

fuk
停車場で見かけた"ともバス"には,バラの町福山をアピールするイラストが描かれていました。

また,写真は撮れませんでしたが,ボンネットバスも目撃。福山駅から鞆の浦まで春,秋限定で定期的に運行されているそうです。

バスを降りてからは,定番コースの対潮楼から弁天島を眺めたり,雑貨屋さん巡りをしたり,喫茶店に入ったりでしっかり観光してきました。先日,山陽放送の"VOICE21"で紹介されていたためか,震災の影響で観光客が西に流れたためか,お客さんでにぎわっていましたヨ。

fuk
町中でなにげに目立つ細長い建物。上の方に"保命酒"のペイントが!!

fuk
長〜いはしごを上った先に入り口が。だーれがそんなところから出入りするのか・・・?(蒸留をする施設だと思われます。)

haah
地元のT田さんちのはーちゃん。呼びかけるとかわいらしい声でお返事します。
posted by 五六式 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2011年04月10日

王子が岳までお花見に行く

今日は,お天気がよかったし,サクラも見ごろだったので近場で景色のよい王子が岳までお花見に行きました。

oji

今回は,義弟や姪などを含め,7人でお出かけでした。

いつもは,人気が少ない王子が岳も今日は,駐車場も一杯でにぎわっていました。ここは,天気がよいと,瀬戸内の島々や四国,瀬戸大橋とサクラを同時に眺めて楽しむことができるところがおすすめポイントです。今日も,お弁当を広げてお昼ご飯にする人,散策をする人,写真を撮る人,アスレチックで遊ぶ子ども達,パラグライダーを操る人,とみんなてんでに楽しんでいました。

ここに来て,毎年,ちょっとムカッとくるのは,山頂に建てかけで放棄された幽霊ホテル。

私らの税金で建てていたのに・・・。

ホテルができたおかげで散策路が遠回りになったのに・・・

長い年月が経つうちにどっかのバカが勝手に入り込んでガラスを割ったり,落書きのし放題だったりで年々荒れ果てていきます。お手盛りで建設に賛成した議員さん達,せめて,あんたらのポケットマネーで解体費用を出そうとは思わんのかい!?

玉野近郊には,他にも由加山や深山公園,一寸足を伸ばして岡山の後楽園に半田山植物園とお花見に行くところがたくさんありますヨ。
posted by 五六式 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ